影の政府とETI政府、そして早坂秀雄博士と金星人

画像
画像出典:YouTube

転載元:太陽の架け橋さんより

影の政府とETI政府、そして早坂秀雄博士と金星人

ペーパークリップ作戦』を調べていたら、重要資料を発見しました。

まず、シャドーガバメントといわれるSEGとETI政府の話しです。

SEGはケネディ元大統領を暗殺した影で人類を支配している(もうすぐ過去形になります)秘密結社です。

それに比べ、日本人で参加した早坂秀雄という科学者は、人類の平和と精神的進歩を望んだ、すばらしい方だったようです。

SEGとETI政府① UFO科学大学院
( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


^^^^^Ajoutée le 24 déc. 2013

影の政府:SEGの支配下にある米国の大統領たちは SEGの指令の下で地球外知的生命体( ETI )との政府間交渉を国民や全人類に全てを秘密にして実施してきました。


  この政府間交渉は 現在も 盛んに実施されていると関係する政府高官らが告発証言しました。 米国では 初代のワシントン大統領から現在まで ほぼ全員( リンカーンやニクソン ケネディ 各大統領以外は全て)が 秘密結社のフリーメイソンの幹部たちでした。


   彼らは 当然 フリーメイソンの最高執行機関であるSEGの意思決定に従うことになり 地球外の宇宙ETI政府と イギリスから独立して米国家となった 時から現在まで継続して交流を続けてきたことが 関係者の証言や公文書・記録物・機密公文書などから確認されています。 しかし 何といっても秘密結社の フリーメイソンは 米国では政治家や軍人 財閥 知識人などに多く存在していているものの 秘密結社の実態は 完全に解明されたわけではありません。


  しかし 社会に重大な影響を与えかねない人物たちであり 社会的地位も高い方が 多いだけに 極秘や秘密活動が あまりに多すぎることから 国民が疑惑や不安 不信を招いているのが 実態なのです。


  まして 地球外知的生命体( ETI )との交流を 一切 国民に極秘で隠し続けていることは 社会的にも国際的にも絶対に許されるわけがありません。  一日も早く真実を誠実に国民に証言してほしいものです。 


金星政府ETI学③ / UFO科学大学院
( USS ) UFO SCIENCE SCHOOL


Ajoutée le 31 juil. 2013
早坂秀雄博士は 東北大学工学部教授の研究室で反重力の存在を確認し( 1989 ) その後 研究成果を科学雑誌の「ネーチャー」や「サイエンス」等に発表し さらにBBC英国放送局やニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト等にも公表され­ました。  そして NASAの宇宙船に反重力エンジンを導入し顧問として勤務されました。
 

 その後で 軍産企業やSEG( 影の政府 )から高額で特許を買いたいとの要請があったが 全て軍事機密となるので 一切の情報公開は 禁止するとの厳しい条件を付けたため 全て拒否しました。


  金星ETI政府との交流については 30年以上にわたり研究調査され J.アダムスキー氏の金星ETI政府からの招待による訪問は 物的 公的な証拠から ほぼ間違いないとしました。


 そして 米国の政府や情報機関が まるで存在しないかのような情報隠ぺいを工作することは危険だと証言しました。


   米国政府の関係者や金星ETI政府の高官との交渉に立ち会った国防省のストレンジ博士­らは 金星政府に対して失礼であるとし アダムスキー氏への人権侵害だと語りました。


   早坂秀雄博士は ロシアや各国の最先端をいく科学者たちは すでに地球外のハイテク文明が関与したと証言しており 国家が 情報操作しても無駄になる時 代が間もなくやってくるだろうと証言しました。  早坂秀雄博士は 最先端の研究は 数千年先を行っている宇宙文明に かなわないのは 当然であり ム ダなことで核開発したり 環境破壊してビジネスなんてことを まだ やっているレベルでは・・・いずれにしても 古典のレベルに過ぎないから 大いに情報を公開して真相をじっくり地球規模で人類に考えさせるべきだとしまし た。


   国家は 宇宙文明の情報を独占すべきではないでしょう。 金星ETI政府のサポートや諸問題の解決のために感謝しつつ受け入れ国民にも情報を流­して より良い質の高い国民主権のサービスに対処するための国家運営に貢献する時が すぐ近くに来ていると推察されますと証言しました。

(転載終了)



関連過去記事


コブラ8/6:地球惑星のショート・アップデート
/舞台裏の掃討作戦とカバールの地球支配の仕組み
画像
<< 作成日時 : 2014/08/06 14:49
http://solesoleil.exblog.jp/22442636/