【再掲】 ケネディー大統領が読み上げようとしていたETディスクロージャー演説原稿

ふるやの森さんより転載

ケネディー大統領が読み上げようとしていたETディスクロージャー演説原稿


JFK The Disclosure speech.avi

画像

(このスピーチはケネディー元大統領が死亡したパレードで車に同乗していたコナリー元アリゾナ州知事に手渡していた原稿をマウリス・オズボーン氏 が読み上げたものである)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカ国民、並びに全世界の市民の皆さん

私たちは今新しい時代への旅に向かおうとしています。人類の幼年期が終わり、別の新たな段階に人類は入ろうとしているのです。

私がお話している旅は私たちの理解を超える試練に満ちていますが、これまでの私たちの体験してきた数々の戦乱は私たちの世代がこれから迎える飛躍への特有な準備のプロセスであったと私は確信しています。


My fellow Americans, people of the world, today we set forth on a journey into a new era. One age, the childhood of mankind, is ending and another age is about to begin.
The journey of which I speak is full of unknowable challenges, but I believe that all our yesterdays, all the struggles of the past, have uniquely prepared our generation to prevail.

世界の市民の皆さん

私たちは宇宙で孤独でいるわけではありません。無限の知恵を備える創造主は自らの創造した宇宙に私たちと同じように知性を備えた多くの生命体で溢れるばかりに生み出されたのです。


Citizens of this Earth, we are not alone. God, in His infinite wisdom, has seen fit to populate His universe with other beings ? intelligent creatures such as ourselves.

私がなぜ権威を持ってこのように話すことができるか?

1947年にアメリカ軍はニューメキシコの砂漠地帯で正体不明の飛行物体の残骸を修復しました。その後、科学的な調査によって、この飛行物体は地球からはるかに離れた外宇宙から飛来したことが明らかになりました。その時以来、アメリカ政府はその飛行船に乗船していた生命体とコンタクトを続けています。


How can I state this with such authority? In the year 1947 our military forces recovered from the dry New Mexico desert the remains of an aircraft of unknown origin. Science soon determined that this vehicle came from the far reaches of outer space. Since that time our government has made contact with the creators of that spacecraft.

このお知らせは素晴らしく聞こえるかもしれませんし、恐ろしいと思われるかもしれません。しかし皆さんにお願いしたいのは、このニュースに不当な恐怖心を抱くことのないようにしていただきたいのです。

大統領として、私は皆さんにお約束します。

彼ら地球外生命体は私たち地球人類に害を及ぼすことは決してありません。


Though this news may sound fantastic ? and indeed, terrifying ? I ask that you not greet it with undue fear or pessimism.
I assure you, as your President,
that these beings mean us no harm.

それどころかむしろ、彼らは私たち地球人類の共通の敵・・専制・貧困・病気・戦争との私たちの国家の戦いを支援することを約束しているのです。

Rather, they promise to help our nation overcome the common enemies of all mankind ? tyranny, poverty, disease, war.

彼らは人類の敵ではなく、むしろ友人であると私たちは結論しています。

地球人類と地球外生命体は共に力を合わせてより良い世界を創造していくことになるのです。


We have determined that they are not foes, but friends.
Together with them we can create a better world.

これから先、人類がつまづいたり、道に迷うことがないかどうかは私にもわかりません。

しかし、この素晴らしい国の進むべき真の道を私たちが見出したことを私は確信しています。

地球人類を輝かしい未来へ導く道を・・


I cannot tell you that there will be no stumbling or missteps on the road ahead.
But I believe that we have found the true destiny of the people of this great land:
To lead the world into a glorious future.

これから訪れる毎日、毎週、毎月・・

皆さんは彼ら訪問者についてどんどん知るようになります。

なぜここに来ているのか、なぜ長年にわたって皆さんのリーダーたちがそのことを秘密にしてきたのか・・


In the coming days, weeks and months, you will learn more about these visitors,
why they are here and why our leaders have kept their presence a secret from you for so long.

・・・・・・・・・・

皆さんに今お願いしたいことは、不安な気持ちではなく、勇気をもって未来に向き合ってほしいということです。

なぜなら、私たちは今、人類すべての永遠の夢であった世界平和のビジョンを手に入れることができたからです。


I ask you to look to the future not with timidity but with courage.
Because we can achieve in our time the ancient vision of peace on Earth and prosperity for all humankind.

神の祝福をこめて

God bless you.

J・F・ケネディー

If President Kennedy Had Disclosed, What Might He Have Said?
http://the2012scenario.com/world-disclosure-day/et-ufo-disclosure/if-president-kennedy-had-disclosed-what-might-he-have-said/

(転載終了)
-----------------



関連過去記事

【再掲】 英国 UFO公文書を公開
http://mizu888.at.webry.info/201207/article_42.html

画像



















阿修羅さんより転載
投稿者 すずしろ日記
日時 2012 年 7 月 17 日 14:27:41: 2.hA1NtaeJhbQ

トニー・ブレア氏は首相時代、UFOから英国を守ろうと試みた。
これは、英国の国立公文書館の秘密資料が最近公開された後、明らかになったものだ。

地球外文明の活動ぶりに関する資料を収集するためブレア氏は、UFO問題の特別専門家委員会と会見した。現在、委員会の報告やUFO学者の書簡など6700ページに及ぶ秘密資料を誰でも見る事ができる。

この特別委員会は、つい3年前に解散となったが、その原因は、活動した全期間中、委員会はついに、英国がUFOから現実的脅威を蒙る可能性を見出せなかったからだ。UFO研究継続を主張する多くの学者達は、委員会解散決定に同意しなかった。一方フランスでは今も、このテーマは研究され、UFOの活動監視を試みている。実は、ソ連にも同様のプログラムが存在した。しかし1990年、ソ連邦の崩壊に伴って解体されてしまった。

VOR記者は、ロシアのUFO問題専門家、セルゲイ・アレクサンドロフ氏に話を聞いた

「プログラムは、UFOウォッチングの分野でユニークな成果を生みました。おまけに、そうした成果は、科学アカデミーなどの雑誌に公然と発表されました。長年に渡り、そうした研究がなされていた事は明らかです。」

英国UFO委員会に届く情報は国防省に渡され、そこで、信頼できるものとそうでないものに分類された。軍事パイロットや宇宙飛行士、警官、軍人の情報は、信頼できるものとされた。

英国UFO委員会報告書のアーカイヴの中には、フォークランド諸島をめぐり英国とアルゼンチンが軍事衝突した際、英国軍人が見たポンチョのようなものを着た「緑の小人」といったかなり有名な報告もある。

また公開された文書は、当時のソ連領内でもUFOの活動が急に活発化した事に言及している。 英国UFO協会スポークスマンのジョン・ヴィクヘム氏は、これに関し次のように話してくれた。

「目撃者が、あからさまな嘘をついたと非難するのは困難です。なぜなら、多くの人々は他の惑星に生命体が存在する事もあり得ると考えているからで、又空中に飛んでいるも のが一体何か確認するのが難しい物体を目にすることも、かなり多いからです。 

どのような未確認飛行物体も、それを確認できないうちは、やはりUFOです。それが 何か分かって初めて、それは確認飛行物体となるのです。 それを確認できないという 事実は、異星人の活動を示すものではないとする理由にはなりません。

我が銀河系には、30億もの恒星があり、その一つ一つが太陽で、私達のようなシステム の中にあり、惑星が周りを取り巻いているのです。 どこかの惑星には、地球にはいな いような生き物がいるというのは、理解できることです。何か違った生命体が、そこには存在し得ると想像するのは全く容易です。必ずしも、人間のような形態をとっていなくても、植物あるいはバクテリアのような場合もあるでしょう。」

もし他の惑星に、存在すると仮定するなら、なぜ彼らが地球にやってくるのか、それが謎として残る。専門家達は、観光、学術研究、自分達の影響領域の拡大など一連の説を示している。 

軍人の一人は、UFOに関する数十の情報を比較検討し、その中に類似性を見つけようと試みた。そして彼の出した結論は、未確認飛行物体は実際存在する、しかし、単なる気象上の珍しい現象である事もあり得るというものだった。

2012/07/17
http://japanese.ruvr.ru/2012_07_17/81778704/  


テーマ「ディスクロージャー」のブログ記事
http://mizu888.at.webry.info/theme/b00cad1d61.html