元CIAがブッシュの麻薬取引を証言


YouTube: 元CIAがブッシュの麻薬取引を証言 新世界秩序 ロスチャイルド #cia #nwo #rothschild
公開日: 2012/11/30


引用元:光と輝きさんより

画像

■男性キャスター:
「少し自分自身について、そしてどのようにあなたが今夜のセミナーに寄与するか話してもらえますか?」

●元CIA、チップ・テイタム:
「わかりました。20年以上にわたって、私はアメリカ軍の中の国防情報局とCIAのために働く政府のスパイでした。世界中で様々な範囲で地位を変えました。」
「初めの頃は東南アジアで働き、1970年代半ばの環境でユーゴスラビア、チェコスロバキア、ルーマニアに移動しました。」
「1980年代の初期に国家安全保障会議の支配下で、黒いヘリコプターが軍事作戦で飛び回っているのを人々が知っている、ケンタッキー州のフォートキャンベルに基づいた160任務部隊に参加しました。」
「そこから私はホンジュラス、ニカラグア、CIAのパイロットが飛行するオリーノースのための特別作戦に入りました。」
「国家安全保障会議は麻薬を持ってきて、アメリカに送りました。」
「私達は単純に国内の軍事施設から麻薬を出して、ホンジュラスの指定された地域に送りました。」
「そして軍用機と民間航空機でアメリカに持ち込み、各地の子供達にばらまきました。」

◆字幕:
「ジョージ・ブッシュ氏がCIA長官になった時から1992年まで、チップはブッシュのために直接働いていました。」

●チップ:
「私が言わなければならないことは、権力者について非常に争うかもしれないし、非常に争うべきことです。」
「なぜなら私が権力者について言わなければならないことは、補足ではないからです。」

■男性キャスター:
「ジョージ・ブッシュは、中央アメリカと南アメリカに来て薬物作戦を認識していましたか?」

●チップ:
「はい。」

■男性キャスター:
「説明してください。」

●チップ:
「軍事施設の幹部であり、ミスター・コカインです。」

■男性キャスター:
「はい、でもジョージ・ブッシュはコカインについて知っていましたか?」

●チップ:
「報道によります。」

■男性キャスター:
「ジョージ・ブッシュは更に加えて認識していましたか?」

●チップ:
「ジョージ・ブッシュはコカインのど真ん中に立っていました。」

■男性キャスター:
「写真がありますか?」

●チップ:
「その場所はルースルースと呼ばれていて、写真か何かを持っていますね。」

■男性キャスター:
「なるほど、その話をしたいですね。」

◆字幕:
「チップ・テイタムの話はもっとたくさんありますが、なぜ彼は告白したのでしょうか?」

●チップ:
「私はアメリカの人々のために働くために、22年間支払われてきたと信じています。」
「私は皆さんがアメリカの納税者として、この国で起こっていることを知る権利を持っていると信じています。」
「この情報であなたが何をするかは、完全にあなた次第です。この情報をどうするかは、完全にあなた次第です。」
「あなたが何を信じるかは、完全にあなた次第です。しかしあなたに伝えます。この情報をどうするかは、あなたの人生の残りの部分に影響するでしょう。」
「もしこの情報を無視することを選ぶなら、私は言わなければなりません。」
「時が来たら、恐らくあなたは、私が言わなければならないことを完全に無視するべきではないことに気付くでしょう。」
「それは単に私が持っている考えですが、皆さんの権利のために現場で戦っている諜報員の意見です。(呼びたければ、)私を嘘つきと呼んでください。」
「私はアメリカは自分の意見の権利を持つことができる素晴らしい国だと思います。」
「自分の意見を持つことができない多くの国々があります。アメリカ人は意見を持つ権利を守るのを継続する必要があると思います。」

◆字幕:
「私達の権利が徐々に奪われています、、、」

●チップ:
「1986年から私がCIAを辞める1992年まで、アメリカ政府が行ってきた全ての事は、」
「一つの世界政府が国々を同盟するように設計されているのがわかります。疑いの余地はありません。それがCIAが行っていたことです。」

◆字幕:
「これか中流階級は存在するのでしょうか?」

●チップ:
「私がアメリカ人のために働いているときに、二つの階級だけを見ます。」
「私は『リーダーであるエリート』を見ます。私は『リーダーであるエリート』と言います。なぜならCIAは、ロスチャイルド家やルーズヴェルト家の世界中のお金の巨大権力のために働くからです。」
「CIAが行ったことで、財政上の問題は全くありませんでした。」
「私が任務のため25万ドルを必要としていた場合、クレジットに署名を整えて、ニューヨークの銀行の中に入って署名しました。」
「ですから私が署名して25万ドルの現金を引き出し、立ち去る私にそのお金が置き換えられて付いてきます。」
「それほど簡単なことでした。ですから答えとして、答えになっていると良いのですが、二つのグループがあります。」
「そこには市民とエリートがいます。それがすべてです。上流階級のつもりでいる世界中の人々が、かつてはいたかもしれませんが、これからはいないでしょう。」
「私自身は第3階級かもしれません。第3階級は新世界秩序においては市民とは考えられず、おそらく隠れた状態で生活している新世界秩序の敵とみなされるでしょう。、、、」

「、、、このビデオに耳を傾ける皆さんとメディアに対して言いたいことを要約して、私は一つ質問したいと思います。」
「そこに誰かいますか?」


◆字幕:
「1998年にチップが突然姿を消す前の最後のインタビューでした。」
「チップの拷問された遺体は、後に2007年にパナマの海岸に打ち上げられて見つかりました。」