私たちの間にいるレプティリアンについての母なる神の話―母/父なる神188号(2013/8/28)

画像

転載元:HFLサービスさんより

母/父なる神・・・188号 2013年8月28日 
私たちの間にいるレプティリアンについての母なる神の話
            

http://www.whoneedslight.org/index.html?entry=part-188-mother-god-tells
Part 188, Mother God Tells of the Reptilians who Lived Among and Within Us
by Kathryn E. May, PsyD on 08/28/13

私たちのところに戻らず、光になることに同意しなかったレプティリアンの消滅についてお話するのは難しいことです。

彼ら全ては、私たちの子供であり、心から彼らを愛していました。私たちにとって今は非常に悲しい時です。彼らが生まれつきである愛に満ちた、創造的な姿を取り戻すよりもむしろ、ソースに帰るとの決断をした結果、私たちは深い悲しみにくれています。


レプティリアン族は遠い昔に創造され、オリオン座システムに生まれました。彼らは強力な能力を持ち、私たちと同様に深い感情を持っています。彼らの質は人間の構成にとって実に大切な部分であり、あなた方の遺伝的形質を形作っています。


DNAを再活性化し、創造の当初に戻ると意図する状態を取り戻すための全体性への回帰を拒絶した者の多くは、オリオンの創始の子供たちです。彼らはあなた方の標準では、私たちの心の子供である、古代のソウルたちでした。


私は母なる神で、これらの者たちを生んだもので あり、私が、貴重な子供たちである彼ら全部を誕生させました。私は、強力な創造種族であるあなた方があなた方の中に紛れ込んでいるレプティリアンを負かす だけでなく、光の道を示すようにとの大きな希望を持っていました。あなた方はあなた方に取り付こうとした多くの者たちに、体に中に住まわせ続けるのに成功 しました。


レプティリアンを体に取り込んだままこの生涯を 取ることになった多くの人たちは、大きい犠牲を払いました。彼らに少しづつ作用した愛と光の雰囲気を作り出す事が出来たのは、あなた方なのです。彼らの暗 く、破壊的な行動にもかかわらず、あなた方が自分を失わずに過ごすことができたので、彼らに対するあなた方の影響が感じられました。次第に、この惑星の上 のエネルギーが上昇して、あなた方はより強くなり、あなた方の思考や行動に対する彼らの妨害に耐えられるようになったので、彼らは変わりはじめました。彼 らはあなた方との共生と言う形で取り付いていたので、あなた方の強さは文字通り彼らの存在の中を通リ抜け、あなた方が感じることを彼らにも感じさせ、彼ら の元々のDNAの再活性化プロセスを始めるように作用しました。


ですから、道に迷った子供たちレプティリアンの多くは、この歴史的な儀式で、999,000の個体がガブリエラと ルシファーが作ったゲートウエイを通過し、私たちのところに戻ってきました。この時は私たちに取って大きい喜びと大きい苦痛の時でした。もちろん、私たち は彼ら全部が戻ってくると期待していました。この生涯でのあなた方の偉大な仕事がこれを可能にしました。あなた方の役割がどのようなものだったか、あなた 方がどのようにしてこれらの、闇に走った兄弟、姉妹たちの救済者になったのかを説明しましょう。


できるだけ多くの者を救済するこの最後の努力は、私たちのあ なた方、及び、主創造主との間で遠い昔に行われた評議会で合意されました。これには二重の努力が含まれていたので、複雑なプランでした。レプティリアンに は最も強力な介入は、賄賂、脅迫、操作、及び外部からあなた方に加える暴力的な手段による影響よりもむしろ、人間の体に直接取り付く事であることを信じさ せければなりませんでした。あなた方は彼らの暗殺や拷問のスキルを熟知していました。彼らはマインドコントロールと、大規模な秘密工作を通じて、世界中の 政府内に浸透しました。


知っての通り、銀行、及び金融システムは、自己 信頼と、独立の尊重として定義される個人の自由として推進された貪欲の哲学によって完全に腐敗しています。それは実際には、突飛な衣装に身をくるんだ悪の たくらみでした。彼らの力は秘密社会と、利用可能な力を維持する強力なファミリーの中で厳密に制御された育成によって拡散しました。彼らの得意とするとこ ろは、拷問と暗殺でした。


親愛なるセント・ジャーメインは彼らの影響を軽減させ、今展 開しているイベントの素地を作るために長い間転生してきています。彼はフリーメイソンとして始まった社会を設立しました。これは初期には、特にアメリカに 民主主義を確立する為に働いた建国の父を含む、善の為の強力な勢力でした。不幸なことに、これはその内にイルミナティと呼ばれる者たちに乗っ取られてしま いました。イルミナティは光を意味するので、私たちはこの言葉を使わず、闇帽子と呼びます。あなた方はマフィア、あるいはコーザ・ノストラと呼ばれる闇の 組織を知っているでしょう。これらの組織は、世界中のビジネスや政治組織に下から浸透しています。


彼らの力は非常に大きく広がっているので、米国 や西側世界の全政治システムは彼らの影響に屈服する点にまで達し、東側も金融戦略と多国籍企業の影響を通じて彼らの手の内に墜ちています。この惑星を彼ら の支配から救い出すだけでなく、悪の権力構造から脱出して光の下に来ることに同意したレプティリアンを救い出す最後の試みをしなければなりませんでした。 ですから、私たちのプランは、より高い次元へと上昇する密度になっている母なる地球としての最後の努力をすることに同意するものでした。


当時、レプティリアンの世界乗っ取りの行進を止 めるための唯一の方法は、幾世代にも亘って彼らに直接対抗してきたライトワーカーたちを征服する素晴らしい手段があると、彼らに信じ込ませる事でした。こ れは多数の彼らの体を、彼らにとって最大の脅威であった人たちに取り付かせて、この人たちを弱めるということでした。これは過去において彼らが用いたテク ニックでしたが、大勢がそのようにしたことはありませんでした。大勢が取り付いたことが無いということが旨く行かなかった理由なのだとして、レプティリア ンのリーダーたちを説得する事だけが残されました。


そこで、このアイディアを最も強力なレプティリ アンのマインドの中に埋め込むことが決定され、このプランを推進して騙すために光の代表者が送り込まれました。これはそれ自体が複雑な作戦でしたが、あな た方が意識を向上させてあなた方の惑星と宇宙についてのあらゆる歴史の記録を学べるようになる高次元に上った時に、全てがあなた方に明らかにされるでしょ う。今は、あなた方が大好きな陰謀活劇映画と比較できるだけで、マトリックスと比較してより複雑で難解であったとだけ知っておいてください。


やがてこの作戦は成功し、レプティリアンのリー ダーたちは手下を転生している人間の体に取り付かせるように手配し始めました。レプティリアンの取り付きの波は20世紀に入ってから大きい波になり、着実 に増加して、2013年8月22日に至りました。この日にはレプティリアンの最後の一人までがこの惑星から追放されました。


人間の体へのレプティリアンの侵略は私たちに とっては成功でしたが、レプティリアンにとっての成功ではありませんでした。それは取り付いた人間の感情と思考のプロセスを経験した者たちの目覚めを起こ しました。それは、私たちが予想した通りの効果でした。私たちの地球の子供たちは、遺伝プログラムの再設計をした者たちに比較すると遥かに強く、遥かに毅 然としていて、揺るぎませんでした。彼らは愛し、世話をするという能力の除去によって、自分たちはより強力になると言う考えを持っていました。彼らは全く 間違っていました。人間の大いなる強さである愛する事は、すばらしい能力だったのです。


人間の宿主を乗っ取ろうとしてたレプティリアン にとって、勝てなかったことは驚くべきことでした。彼らは確かに勝とうとしました。それは宿主と侵略者の両方のソウルにとって、ハートとマインドの闘争で した。両方ともこれに気づいていなかったのは素晴らしいことでした。人間の観点からは、それはバランスを保ち、病気、疲労、沈滞、心配、及び絶望のような 深い感情にも関わらず、前進を続ける闘争でした。レプティリアンにとっては、それは予期せざる闘争であり、強く拒絶していた感情を次第に目覚めさせる戦い でした。


このプロセスの大きい皮肉は、レプティリアン が、あなた方の大きい感受性、周囲の人たちの感情に対する敏感さ、他人に役に立つような良い仕事への専念のために多くの人たちが感じる不快感と類似した自 分たちの文化があることに気がついたことです。あなた方は、主としてレプティリアンの態度と信念に依拠する文化である、例外的に、鼻っ柱と競争心が強く、 極度に浅薄な文化の中に浸っています。ですから、彼らは、あなた方のようには、自分たちの心の揺れについて友人や家族に話すことが出来ないことが分かった のです。


今は、新しい考え方、暮らしの新しい組織化を展 開する時です。プラナー、組織構築者、デザイナーが栄える時です。より進化した暮らしの方法に気をつけ、進歩させるあなた方のスキルが多くの点で必要とさ れています。教師は自分が愛することを教えることが出来、試験と進級は過去の話になるでしょう。子供たちは誕生の時からソクラテスのような方法で学び、自 由な情報の交換があらゆる好奇心を満足させるでしょう。


庭師や農民は、これまでのような激しい労働無し に、栄えある光景の創造を楽しむ新しい方法を見つけるでしょう。発明家や科学者は暮らしを快適で充実したものにするための新しい技術について、現場で働く ことでしょう。数学者、物理学者、及び天文学者は空さえも限度が無いという新しい驚くべき概念を取り入れるためにマインドの拡張を図ることでしょう。


親愛なる皆さん、お互いに平和のうちに母なる地球とともに暮 らすことが可能です。あなた方は昔のエデンの園に戻るでしょうし、自分たちをもっと賢く、より愛すべき者であり、より強い者であることを見出すでしょう。 より多数の人たちが自分の創造種族としての真の姿を発見し始めるので、あなた方が過去に経験したほとんどの厄介な感情と葛藤は、解消するでしょう。虐げを 行っていた闇が日常生活から排除されると、光のハートを持つことが如何に容易かを学ぶことが大きい開放感と楽しみを与えてくれるでしょう。


あなた方は卒業の日に近づいています。私たちは それを次元上昇と読んでいますが、それは、あなた方が知っている三次元の暮らしから、この転生の中で知ったあらゆることとは異なる、素晴らしい光と愛の経 験への真の卒業です。”オー、日々は貴重にも残り少なくなりつつあり、9月、11月・・・そしてこの残りわずかな日々をあなた方と共に過ごしましょう。こ の貴重な日々を、あなた方とともに・・・”という歌詞の愛らしい9月の歌があります。


親愛なる皆さん、日々を楽しんでください。これらの日々はこれから先に待っている事に対する準備のためのものです。

母なる神より。

米国東部時間、2013年8月29日午後12 時、キャサリン・E・メイ経由。