Keshe氏、「カナダ政府から2011年の前年に11日間 逮捕されていた」 インタビュー動画(2)

「Keshe 財団についての紹介」総合インタビュー動画/2011 全文和訳 (2)

転載元:庶民の見方さんより

Keshe Foundation ホームページ
Keshe Foundation フォーラム
ケッシュ財団
.............................................................................................................

和訳:Yuzo Nakano

2012/11/18 - アップロード元: Introduction to Keshe Foundation

General interview in 2011 with Mehran Tavakoli KESHE by Bert Corsius about the Keshe Foundation, plasma technology and several fields of applications.


Keshe_Interview-2011.flv

Keshe財団に関するバート・コルシウス(Bert Corsius)によるメヘラーン・タバコリ・ケッシイ(MehrenTavakoli Keshe)との2011年の総合インタビュー

【0:09:59-~0:17:27】

−ケッシイ財団 − 「紹介」‬   Keshe Foundation - INTRODUCTION (2)

私は、放射線がパンと朝食の一部だったような家で生まれ、放射線は家族の食品の一部だった。
私の父親は医学のX線技師で、フィリップス・インターナショナルに属した。したがって、私は非常に若い年齢で放射線の世界に足を踏み入れた...X線の機械操作および他にもすべてを見ていた。

そして私は、原子力エンジニアとして勉強するためにイギリスに行き、原子炉システム制御技術を専攻し、原子力エンジニアとして、クイーン•メアリー•カレッジを卒業した。だが業界内では、私が求めていた、いかなる未来をも見出すことが出来なかったので、独立して資金調達をしながら、研究をした。

2002年以来、多かれ少なかれ、フルタイムで、私はその技術の開発に費やして来た。それは長期にわたるプロセスだった。

私たちはNASA にこの技術を提案し、1985年6月14日から連絡を取って来ている。私たちは段階的に、長年にわたりその技術を開発して来た。
しかし過去5-6年に、文字通り、すべてを開発し、一日単位でその技術は異なった様相をみせる程、急速なスケールアップがあった。

科学全体は、まさに近い将来において、私たちが知っているもの、および学習したものから変化してしまうでしょう..

私は2005年に研究所、"IMEC"として知られる組織で、この大企業の子会社の一つで取締役を勤める科学者にプレゼンテーションを行った時、彼は部屋の中を歩いて、行きつ戻りつしているので、なぜ落ち着き無く、そのような事をしているのかと尋ねた。

彼は、「我々は間もなく、誰かが重力がどのように創成(生成)されるかを発見するという話しをしている、それは常識をくつがえす...そして今、その男がここで、それを説明している。」と述べた。

この技術はブリュッセル大学、フラマンまたはベルギー連邦政府や航空宇宙の政府側の評価のため、Vanovermeire教授によるフランダースVUBによって評価されていることを理解しなければならない。、彼らは最初に言った。「技術は正しい」と、「それは、エネルギーを生成することが可能だ」と。

その後、その技術の複製を作ることができるかどうか確かめるために、独立した商用実体によって評定(査定)された。そして、彼らはそれが可能だと言った。その後、私たちは、そのプロトタイプを構築するスタートを切った。;
4年か5年にわたって、異なるプロトタイプをつくり、そして次に私たちは2006年の半ばにベルギーで最初のプラズマ球体を見出し、2007年には、それが続行された。

2008年には、イラン政府からの招待で、最初の適切な重力外部運動機構をテヘランで構築し、テストして来た。
そして今、このシステムは非常に巧く浮上しており、また飛ぶことができ、好きなように任意の動きを作ることができる。私たちはKeshe財団フォーラムでごく最近言ったように、アメリカ人は2020年まで、宇宙計画を持っていないし、ロシアのロケットは最近、立ち上げ時に爆発して、原因が判るまで、スペースラボにいる彼らの宇宙飛行士を支援することができないのなら、私たちの技術は高度であり、介入する用意がある。必要ならば、宇宙飛行士を帰還させることが出来る。

私たちはそのようなデモンストレーションの準備をしている。私たちはヘントの大学で科学者にそのシステムを見せた。
彼らは、物理システムを見て来た。私たちは、揚力と軽量化のビデオを過去3年間に、科学者やベルギー政府、およびベルギー組織内の当局者に見せており、彼らは、状況を正確に把握している。アメリカ人も承知している。

昨年、カナダ政府は、11日間、私を逮捕した。その時、彼らは技術資料全部をダウンロードしている。彼らは、それが本モノで、非常に正確であることを知っている。彼らがダウンロードしてコピーした文書が入ったパッケージ内に、揚力と軽量化のビデオがあった。、彼らは、それらがテヘランにある物の正確なコピーであることを知っている。

(インタビュア-)「なぜ、彼らはそれを、あなたを介して取得し、何を探していたのか?」

「ああ、誰にも判らない。」

ブリュッセルからメキシコシティーへ向かう途中の通過地点、トロント空港の機内で私が逮捕された理由は誰も知らない。2、3日の間取り調べを受けることもあった。トロント空港での尋問は多いときで12人のエージェントと科学者同席の上、連続3日間に渡り、朝9時から翌日の1時まで続けられた。

科学の(仕事の)旅だったので、私はスーツケースの中に書類を所持していた。彼らはそれらをすべてコピーした。ところが彼らはあまりにも急いでコピーしたためか、愚かにも彼らが所持していた書類の何枚かを間違って私の書類と一緒に私のスーツーケースに入れてしまった。その後、私はそこから英国経由の飛行機に乗せられベルギーに戻されたのだが、帰ってスーツケースを開けた時、彼らの書類が紛れ込んでいるのを見つけ、その書類のすべてをインターネットに掲載した。

このようにして、カナダ政府官は、私の所持品すべて、彼らが手にしたものはすべて、インターネットキーと呼ばれるハードディスクも... 一体いくつのハードディスクを彼らは盗んだことか...、それらすべての裏側までも彼らはコピーした。それらすべてはインターネットに掲載されている。
パスポートや私の所持していた書類のすべてが、満足だったと言わんばかりに、あの慌ただしい状況下で、私が抱えていた通りに、元に戻されていた。

(インタビュアー)「あなたと折合わない人、あなたの対処の仕方が気に入らないという人がたくさんいるのか?それとも、ビジネスで敵対しているというだけの事なのか?」

「私たちは誰とも問題を起こしたくない。」

2008年に、アメリカの海軍士官(高官)がソウルのハミルトン・ホテルで、私に高官たちとの会合に出席して欲しいと依頼した時、彼が私に言った事は、問題は、私が科学者のように話さない事だという。

私は理論物理学者ではない。私は、話す場合、システムを作り、私が話すものの現実を示す。私はエンジニアだ。したがって、何かについて考える場合、私は物理的にシステムを作り、示すことが出来る。

また、これは私が行うことに関する問題で、私がリフトする事ができると言う場合、私たちは重力と磁界を理解している...私たちは、その技術を証明するために一つのシステムを構築する。私は、AからZまですべてを物理的に構築する。また、その後、私たちはそれをテストし、作動させる。それは私たちが医学の適用で行ったことと同じだ。


和訳:Yuzo Nakano

Keshe 財団についての総合インタビュー動画 全文和訳 (1)


----------------------------------------

*インタビューで述べている、カナダ政府の書類
Keshe財団ホームページより(写真は最下部に掲載): 
http://www.keshefoundation.org/media-a-papers/keshe-news/124-canada.html

件名番号が記されたカナダ政府の文書 (試験管に納まっていた、常温で固体状のCO2が押収された)
画像


USBスティック/フラッシュドライブの数、ハードドライブ、ACアダプター、USBコード、という内容物が示された袋
画像


カナダ出国の際の書類
画像


................................................................................................................
日本は既にケッシュ財団の技術を受け取ったと財団のホームページに掲載されています。
安倍総理に情報を公開し、原発事故処理、フリーエネルギー開発に最優先で取り組むよう、メッセージを送って下さい。
首相官邸HP ご意見募集(国政に関するご意見・ご要望)