5:OPPT証書の「命令 : 廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求」(邦訳)

OPPT  The One People’s Public Trust , 1776


注)概要をご理解いただいていない方は、『OPPTは合法的に企業、銀行、及び政府を奴隷制度と私的なマネーシステムの罪で差し押さえた(全文)』の方からお読みになられて下さい。

原本は、http://peoplestrust1776.org/の「ORDERS」の欄にある「ORDERS:TERMINATION , CANCELLATION , & EQUITY CALL」です。
(英文)は原本(pdfダウンロード)をご覧ください。

画像


以下、出典:悲喜燐偉

                  1776

        真実、誠実、信頼性、責任、透かし

                  UCC

(The One People’s Public Trust , 1776)
一つのものの公共信託、1776
命令:廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求
PTP UCC#: 2012086862, 2012年8月15日

信託者達
カレブ・ポール・スキナー
ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ
ホリス・ランドール・ヒルナー


=======================================================


命令 : 廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求


債務者達 :合衆国、「...の国家」

担保権者 :アメリカ合衆国(一つの公共信託)


正当な権限、地位、事実確認、宣言、通知、及び、命令による。


債務者である合衆国及び複数の「...の国家」を持つ、署名のある信託者達。

UCC# 2012049126、及び、この内なる書類において完全に定義され、確認される。

ことごとく再び述べられ、先に置かれた物を参照によりここに組み合わせられた。

信頼の内に、正当に保全され、裁可され、UCC# 2012049126内に記録されたように再確認された。

そして、正当に2012年8月15日に発行された「議決と評決の命令(FAO)」の中の調査結果と行動による。

公の登録に通知された物、領収番号1242796のUCC文書、2012086794。

再び述べられ、先に置かれた物を充分な参照によりここに組み合わせられた。

直接的な効力を持って、私達はここに述べられたようなこれらの命令を発行する。

妨げる物、遅延、又は、弁解無しに。


その理由で、損害は公の記録の問題である。

UCC文書2012086794に述べられた根拠により、ここに再び述べられる。


全ての約束を実行するための上述の確かな債務者による義務及び債務。

それらは全ての役所、部門、課、政府機関及び他の実体を含む。

既知の、及び、未知の、又は、さもなければ債務者の外見の下に存在する物。

特に大統領命令によって作られたそれらの物。

それらは上述の履行を伝えられる義務があった。

及び、それらはアメリカの幾つかの連合した州の一つの人々の本籍地で先払いされている物だった。

前にさかのぼりながら、上述の債務者により取られた物はデクラレーション・オブ・コマーシャル・クレーム(※訳注1)の責のある通知の下に作られた。

上述の債務者は嫌々ながらにも実行出来ない。

又は、さもなければ、上述の債務者は条件の範囲内で行う。

上述の債務者の義務及び債務は、アメリカの幾つかの連合した州の一つの人々の本籍地で述べられた。

損害と上述の一つのものである人々の徴用された価格は、上述の一つのものである人々の一人一人につき1933年以前のアメリカ合衆国の合法的な金額の5,000,000,000ドル(50億ドル)を超える。

上述の一つのものの人々の担保・課税などを差し引いた価格。

並びに、類似の立場にあるそれらの物は支払われるべき物として直ちに遂行されるものである。

デクラレーション・オブ・コマーシャル・クレームの責に帰すべき、当然に支払われるべき、未払いの、取立て出来る、担保・課税などを差し引いた価格である。

デクラレーション・オブ・コマーシャル・クレームはそれらをなし続けてきた。

それらは、編入され、再確認され、再通知され、及び、決して反論されるべきものでないものである。


その理由で、それは正当に宣言され、通知され、命令され、公の登録に入れられた。

全ての生き物、及び、世界の信頼のために。


前にさかのぼりながら、債務者に直接的な効力を持って。


1.

債務者に対する廃止の命令:

それは以下の理由による。

UCC文書、2012086794に述べられた根拠のゆえに、ここに再び述べられる。

債務者は廃止された。

上述の者は一つの人々によって作られた絆と誓いの上に取り返しのつかないほどの損失がある。

それは一つのものの人々になされた。

その人々は他のどんな主人にも服従されていない。

及び、さもなければ、別の主人へ服従されない劣った絆と誓いの上に。

上述の絆と誓いは正当になされ、宣言された。

充分な個人的な義務を持って。

上述の一つのものの人々への全ての任意の商業的な契約書に通知された。

及び、公共信託に正当に担保を付けられた。

信託に正当に担保に入れられることを通して。

彼等の十分な個人的な義務の下に。

私達になされた上述の絆と誓いは、公共信託により公表される。

*** この廃止の命令は、あらかじめ受けており、あらかじめ公認され、あらかじめ承認されています。 ***


2.

業務の取り消し、及び、債務者の権威の廃止:

以下の理由による。

UCC文書、2012086794に述べられた根拠のゆえに、ここに再び述べられる。

存在する債務者の権威、及び、債務者があらゆる形で操作する権威は取り消された。

先に置かれた「1.債務者の雇用の廃止」の部分の内に正当に作られ、宣言され、通知された絆と誓いの上に取り返しのつかないほどの損失が上述の取り消し理由である。

及び、公共信託による、公の登録により、通知され、正当に発行された、次の法的に有効な命令による。

その正当に担保のある信託者を通して。

信託者の完全に個人的な義務の下で。

*** この取り消しの命令は、あらかじめ受けており、あらかじめ公認され、あらかじめ承認されています。 ***


3.

全ての条約と個人的なシステムのための会員の取消し:

以下の理由による。

UCC文書、2012086794に述べられた根拠のゆえに、ここに再び述べられる。

個人的なシステムが作られた全ての条約と会員、それに入った条約と会員、又は、さもなければ、その参加調印した党として債務者を持っている全ての条約と会員は、取り消された。

全ての条約、及び、私的なシステムに正当に宣言している複数の党と調印者達の上になされた取り返しのつかないほどの損失である上述の取り消し。

彼等の承認の地位、権威、価値、権利、及び、法の主義、共通法の通知と公の登録をする。

一つの人々の、彼等の身体の内部の創造による住居。

選ぶとすれば地面の彼等の身体の住居。

陸上、海上の好みによる彼等の身体の住居。

地球上の創造による住居。

創造主の僕(しもべ)。

並びに、上述の公共信託へのなされるべき宣言及び通知を伝える。

上述の事は正当に公共信託に正当に結ばれた信託者達を通した上で裁可された。

彼等の充分な個人的な責任の下で。

上述のなされるべき宣言、及び、公共信託により発表される受理の通知の公の登録。

全ての生物、及び、世界の信頼のために、www.peoplestrust1776.orgで。

*** この取り消しの命令は、あらかじめ受けており、あらかじめ公認され、あらかじめ承認されています。 ***


4.

担保・課税などを差し引いた価格の請求:

以下の理由による。

UCC文書、2012086794に述べられた根拠のゆえに、ここに再び述べられる。

アメリカの幾つかの連合した州の本籍地にある一つの人々は全ての徴用された価格とシステムの担保・課税などを差し引いた価格の請求をしなさい。

特に、上述の一つの人々の軍隊、軍人を含む。

充分に、価値のための先取特権、すぐに払われるべきで、支払いの義務があり、取り立てられる物として遂行されるべき物。

アメリカの幾つかの連合した州の本籍地の一つの人々により前払いされた義務、債務、並びに、サービスの怠慢のために支払われるべき物。

当然に支払うべき、署名され、保存され、保護され、及び、国際法に至るデクラレーション・オブ・コマーシャル・クレームの責による。

公共政策による。

署名必要無しに。

受託実行同盟の発行人によって保証された資金。

公共信託。

絆によって保証され、信託者達の正当に結ばれた誓いと価値。

それは制限の無い個人の責任で作られたものである。

上述の担保・課税などを差し引いた価格の請求の義務は、ここに確認される債務者に対して、発行され、保証され、及び、再確認された。

ここに再び述べられた。

彼等の記述された資格の署名により。

最高経営責任者、並びに、データ保全性ボード(※訳注2)は、直ちに、全ての追跡、移動、及び、元帳システムが引き渡されることをここに命じられる。

それゆえ、公共信託が元帳によって、本当に、正確な、完全な監査、移動をするかもしれない。

管理人としての全ての公庫の行為から上述の価値及びシステムまで。

そこからの全額支払いのために。

妨げる物、又は、遅延無しに。

全ての預金と移動命令によって。

並びに、前に充分に置かれたように、そこに組み合わされて、参照される全ての文書、ファイル、及び、口座。

正当にアメリカの幾つかの連合した州の本籍地の一つの人々の一人一人の立場及び権威に結ばれた物を持って。

前にさかのぼりながら、更に、加えて、全ての相殺、もしあるとしても、公共信託の判断で正当に決定された債務者の全ての負債。

正当に結ばれた信託者達を通して。

全個人的な責任の下で、彼等の署名と捺印により全く明示され、正当に、公に、登録され、確保された。

*** この担保・課税などを差し引いた価格の請求は、あらかじめ受けており、あらかじめ公認され、あらかじめ承認されています。 ***


それは正当に供給される。

全ての人々、自然な、及び、法律上の擬制に。

及び、公的な登録による開かれた有名な通知と同様の国内の配達方法によって。

及び、www.peoplestrust1776.orgでのワールド・ワイド・ウェブ上に発表されることによって。




この2012年8月15日に正当に効力を持って、なされ、権威を持たされ、命じられ、及び、発行された。

及び、再び述べられ、再び裁可され、再び確認され、立証され、保証され、及び、保障された。

以下に述べられたような私達の能力の内に与えられた絆と誓いによって。

私達の本来の署名と捺印により証明されたものによって。

承知の上で、意志を持って、及び、意向を持ってなされた物によって。

個人的な義務に限らないものを持って。

絶対の能力と責任を持って。

私達の創造主の法の下に治められた偽誓の刑罰の下に誓われた。

正当に裁可された。

公共政策により保護された約束されたような偏見なしに。

及び、UCC 1-308、全てのアメリカ合衆国連邦政府、合衆国、「...の国家」、及び、「...の国家」に等しい国際的な同義語なる国をも含みながら。


UCC 1-308

(信託者としてのカレブ・ポール・スキナー、ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ、ホリス・ランドール・ヒルナーの署名と指紋)

公共信託の正当に結束された信託者の権威ある能力の内に。


以下の者により正当に権威を持たされ、命令され、及び、再確認された:

UCC 1-308

(担保権者としてのカレブ・ポール・スキナー、ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ、ホリス・ランドール・ヒルナーの署名と指紋)

債権者としての能力の内に。

保釈保証人、譲与者としての能力の内に。

及び、本来の権限の信託受益者としての能力の内に。

担保権者としての能力の内に。

数々の政府の信託受益者としての能力の内に。

数々の政府の正当に与えられるべき方向の保有者としての能力の内に。

及び、その他の自然なる男/女(又は二者の内、位置を認識できる人及び妥当で適切な仲間同士の状態)としての能力の内に。

以下の者により正当に立証、保証、及び、保障された:


(僕(しもべ)としてのカレブ・ポール・スキナー、ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ、ホリス・ランドール・ヒルナーの署名と指紋)

一つのものなる全能の創造主とそれから結束のある奉仕者の能力の内に


全世界の信頼のために。


正犯への正式の通告はエージェントへの正式の通告である

エージェントへの正式の通告は正犯への正式の通告である



www.peoplestrust1776.org



(三人の署名と指紋と2012年8月15日の日付)

2012年8月15日

------------------------------------------------------


※訳注1:「デクラレーション・オブ・コマーシャル・クレーム」

日本語に直訳すると、「商業的主張の宣言」。前合衆国の主義を表現している。


※訳注2:「データ保全性ボード」(Data Integrity Board)

データ保全性ボードはアメリカ合衆国国土安全保障省によるコンピューター・プログラムの使用を監視及び承認する役割を持つ。

========================================================

(坂本誠が以上のOPPTの「命令 : 廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求」証書を2013年3月25日に翻訳した。)


出典:悲喜燐偉
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/oppt-1d7d.html



画像








以下補足(3/25:悲喜憐偉さんより転載/改行させて頂きました)

三千六十四: OPPT証書の「命令:廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求」(邦訳)について

こんばんわ。あれから、OPPTの証書の調査が進みました。
OPPTが2012年8月15日に出した「ORDERS:TERMINATION , CANCELLATION , & EQUITY CALL」の原本をアップロードして、読者に見られるようにしています。

OrderofTermination.pdfをダウンロード

「ORDERS:TERMINATION , CANCELLATION , & EQUITY CALL」を翻訳しました。「ORDERS:TERMINATION , CANCELLATION , & EQUITY CALL」を「命令:廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求」と訳しました。原本は、http://peoplestrust1776.org/の「ORDERS」の欄にある「Order of Termination」です。

--------------------------------------------
この2012年8月15日に、2回目の「議決と評決の命令」が出ています。本来ならば、これから訳したかったのですが、長いので、先に、「ORDERS:TERMINATION,,,」を訳しました。

2回目の「議決と評決の命令」にも、主要な事が書かれているのですが、この「命令:廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求」にも、主要な事が書かれています。
私の書きたい細かな部分は、どこか別の段に書きます。

「債務者や債権者(担保権者)がいる」ということは、その人達の間で、借金とか、それに相当する物が取り交わされるわけです。その金額が大きいというわけです。「歴史の中には、このようなこともあるのだ」と私達は記憶することが出来るでしょう。

また、2012年8月15日の2回目の「議決と評決の命令」に、理由が出ています。まだ翻訳はしていないものの、2回目の「議決と評決の命令」の中に、「SLAVERY SYSTEM(奴隷システム)」という単語が既に見えています。
=================================================
ここからは、「ORDERS:TERMINATION , CANCELLATION , & EQUITY CALL」の翻訳文の導入部分です。

原本は、http://peoplestrust1776.org/の「ORDERS」の欄にある「Order of Termination」です。
邦訳は、『三千六十三: OPPT証書の「命令 : 廃止、取り消し、及び、担保・課税などを差し引いた価格の請求」(邦訳)』です。
-----------------------------------------
まだ、残りの証書は一つになりましたが、普通に、概要を読まれる際には、『二千九百六十三:お知らせ_No.107』の『OPPTは合法的に企業、銀行、及び政府を奴隷制度と私的なマネーシステムの罪で差し押さえた(全文)』を、どうか読まれて下さい。 坂本 誠
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/oppt-fa11.html



画像







【 関連過去記事 一覧 】

2013/03/22
:OPPT証書の「議決と評決の命令」(邦訳)―「ORDER OF FINDING & ACTION
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_62.html

2013/03/20
:OPPT証書の「停止の命令」(邦訳) ―「ORDER OF SUSPENSION
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_59.html

2013/03/19|ほんとうがいちばん
:OPPT証書の「監査の命令」(邦訳) ―「ORDER OF AUDIT
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_54.html

2013/03/18|ほんとうがいちばん
:OPPT証書の「宣言と命令」(邦訳) ―「DECLARATION & ORDER
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_53.html

2013/03/02|ほんとうがいちばん
OPPT:企業体政府と認可通過システムの公式な差し押さえ-新しい世界金融システムの宣言
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_4.html

2013/03/01|スタッフブログ
OPPTについての解釈(3)国際法:奴隷行為を禁じている「世界人権法」など
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11481110810.html

2013/02/28|スタッフブログ
OPPTについての解釈(2)―OPPTの差し押さえるべき「抵当物」と呼ばれたもの
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11480208110.html

2013/02/28|スタッフブログ
OPPTについての解釈(1)の補足―UCC(統一商事法典)について
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11480196563.html

2013-02/27|スタッフブログ
OPPTについての解釈(1)―奴隷・日本国憲法と国際法の関係
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11479610475.html

2013/02/25|ほんとうがいちばん
OPPTがUCC(統一商事法典)に基づいてス エーデン政府に請願書を提出-新聞記者に向けての公表文
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_65.html

2013/02/19|ほんとうがいちばん
★OPPTは合法的に企業、銀行、及び政府を奴隷制度と私的なマネーシステムの罪で差し押さえた(全文)
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_52.html

2013/02/19|ほんとうがいちばん
世界銀行の抵当流れ(OPPT):このニュースはメインストリームメディアに取り上げられるだろうか?
連邦準備銀行、世界銀行は抵当流れになった:ガーディアンエクスプレス 2013年1月14日
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_50.html

2013/02/08|ほんとうがいちばん
OPPT・そもそもOPPTとは何か、その歴史的由来
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_20.html

2013/02/08|ほんとうがいちばん
OPPT初の公式プレス・リリース(2013/2/4)警報:公共信託は銀行を含む主要な企業を保全した
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_19.html

2013/02/06|ほんとうがいちばん
米:OPPT―銀行システムが行っている人間に対する不正を正すための一連の非常に複雑な訴訟
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_12.html

2013/01/20|ほんとうがいちばん
地球人類の主権の回復―OPPT(One People's Public Trust)の声明
http://mizu888.at.webry.info/201301/article_43.html


OPPTの背景にあるもの(補足)

(1)1871年の法律:アメリカ合衆国が“アメリカ合衆国会社”という企業になった経緯
2013/02/16|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_40.html

(2)隠れたローマ・カトリック教会の陰謀はアメリカの法律制度の中心で確認された
2013/02/18|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_41.html

(3)アメリカはそれが必要とする配達可能な「金」を持っていない
2013/02/18|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_42.html

(4)ワシントンDCと銀河連邦
2013/02/18|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_43.html