3:OPPT証書の「停止の命令」(邦訳)- ORDER OF SUSPENSION

OPPT  The One People’s Public Trust , 1776

注)概要をご理解いただいていない方は、『OPPTは合法的に企業、銀行、及び政府を奴隷制度と私的なマネーシステムの罪で差し押さえた(全文)』の方からお読みになられて下さい。

原本は、http://peoplestrust1776.org/の「ORDERS」の欄にある「ORDER OF SUSPENSION」です。(英文)は転載元:悲喜燐偉さんをどうぞ。

画像


以下、出典:悲喜燐偉

                 1776

       真実、誠実、信頼性、責任、透かし

              UCC


(The One People’s Public Trust , 1776)
一つのものの公共信託、1776

  停止の命令

PTP UCC#: 2012049126, 2012年7月4日

信託者達

カレブ・ポール・スキナー
ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ
ホリス・ランドール・ヒルナー


===================================================================


              停止の命令


債務者達 :合衆国、「...の国家」

担保権者 :アメリカ合衆国(一つの公共信託)

正当な権限、地位、評決、宣言、通知と命令による。


債務者である合衆国及び複数の「...の国家」を持つ、署名のある信託者達。

UCC# 2012049126、及び、この内なる書類において完全に定義され、確認される。

ことごとく再び述べられ、先に置かれたものを参照によりここに組み合わせられた。

信頼の内に、正当に保全され、裁可され、UCC# 2012049126内に記録されたように再確認された。

そして、正当に2012年7月4日に発行された「議決と評決の命令、(FAO)」の中の調査結果と行動による。

その上、再び述べられ、参照によりここに組み合わされた。

有効即刻に、この「停止の命令」をここに発行する。

それは、記述された命令に正式に権威づけられ、結ばれた次に起こることにより変化されるような時まで効力的に残るべきものである。



それゆえに、それはFAOにより通知され、宣言され、正当に見つかった理由による。

事実の出来事、及び、誤っている要素の申し立て、又は、合衆国と複数の「...の国家」により作られている平和の違反となると思われる事実が存在する。

決して反論されることなく、及び、世界により受け入れられた義務、及び、絶対の正義の立場、及び、権威を持った絶対の保障の必要性から、この「停止の命令」が発行される。

今後、この「停止の命令」は債務者へ直ちに発する、及び、全世界の信頼のために発表される。

www.peoplestrust1776.orgでのワールド・ワイド・ウェブ上に発表されながら。

それゆえ、FAOに準じて、以下のように、合衆国及び複数の「...の国家」は直ちに停止及び取り消された。

1.

遡及的に、合衆国及び複数の「...の国家」の全ての役所、部門、政府機関、官庁の課は直ちに停止された。

先に認められていたかも知れない全ての権威及び保護は取り消され、又は、廃止された。

特に大統領命令によって作られたそれらの物は取り消され、又は、廃止された。

並びに、

2.

遡及的に、合衆国及び複数の「...の国家」の全ての任意の商業的な契約書は、役所からの賃金無しに、効力を停止された。

先に認められていたかも知れない全ての権威及び保護は取り消され、又は、廃止された。

特に大統領命令によって作られたそれらの物は取り消され、又は、廃止された。

並びに、

3.

遡及的に、全ての代理人達、委託された者達、エージェント達、契約者達、又は後継者達の全ての任意の商業的な契約書。

又は、合衆国及び複数の「...の国家」の役所。

特に大統領命令によって作られたそれらの物。

それらは賃金無しに直ちに停止された。

先に認められていたかも知れない全ての権威及び保護は取り消され、又は、廃止された。

並びに、

4.

遡及的に、合衆国及び複数の「...の国家」の全ての業務は、支払い又は徴税無しに直ちに停止された。

上述の業務のための先に認められていたかも知れない全ての権威及び保護は取り消され、又は、廃止された。

特に大統領命令によって作られたそれらの物は取り消され、又は、廃止された。

並びに、

5.

遡及的に、更に、加えて、過去又は現在になされたアメリカ合衆国の人々による、充分な、信頼、及び、信用、「保証」。

既知の、及び、未知の、合衆国と複数の「...の国家」の、全ての活動を含む証書、債券、口座、担保品、契約書、誓約書、署名、担保物件、又は他の資産(全ての動産、一般的な無形物、償還の無形物を含む)。

それらは理由のために取り消された。

遡及的に、更に、加えて、アメリカ合衆国の人々に代わって作られたそのような保証を以前に許可され認められていたかもしれない全ての権限と保護、特に大統領命令によって作られたそれらの物は取り消され、又は、廃止された。

*** この停止の命令は、あらかじめ受けており、あらかじめ公認され、あらかじめ承認されています。 ***

この2012年7月4日に効力を生じ、なされる。

全世界による信頼のために。

私達の絆と誓いによって。

私達の本来の署名と捺印により証明されたものによって。

絶対の能力と責任を持って、正当に保全された。

偏見なしに、全能の神によって目撃され、正当に裁可された。

公共政策(UCC 1-308)、及び、全ての「...の国家」、及び、「...の国家」に等しい国際的な同義語なるもの("UCC 1-308")。


UCC 1-308

(カレブ・ポール・スキナー、ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ、ホリス・ランドール・ヒルナーの署名と指紋)

公共信託の正当に結束された信託者の権威ある能力の内に。

以下の者により正当に再確認され、裁可された:


UCC 1-308

(担保権者としてのカレブ・ポール・スキナー、ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ、ホリス・ランドール・ヒルナーの署名と指紋)

債権者としての能力の内に。

保釈保証人、譲与者としての能力の内に。

及び、本来の権限の信託受益者としての能力の内に。

担保権者としての能力の内に。

数々の政府の信託受益者としての能力の内に。

数々の政府の正当に与えられるべき方向の保有者としての能力の内に。

及び、その他の自然なる男/女(又は二者の内、位置を認識できる人及び妥当で適切な仲間同士の状態)としての能力の内に。

以下の者により正当に立証された:


(僕(しもべ)としてのカレブ・ポール・スキナー、ヘザー・アン・トゥッチ・ジャラフ、ホリス・ランドール・ヒルナーの署名と指紋)

一つのものなる全能の創造主とそれから結束のある奉仕者の能力の内に

全世界の信頼のために。



    正犯への正式の通告はエージェントへの正式の通告である

    エージェントへの正式の通告は正犯への正式の通告である


www.peoplestrust1776.org


(●三人の署名と指紋と2012年7月4日の日付)


2012年7月4日


================================================================

(坂本誠が以上のOPPTの「停止の命令」証書を2013年3月19日に翻訳した。)

出典:悲喜燐偉
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/oppt-aedb.html



画像







以下補足(3/20:悲喜憐偉さんより転載/改行させて頂きました)

三千四十四: OPPT証書の「停止の命令」について

おはようございます。あれから、OPPTの証書の調査が進みました。下にOPPTの「ORDER OF SUSPENSION」の原本をアップロードして、読者に見られるようにしています。

OrderOfSuspension.pdfをダウンロード

「ORDER OF SUSPENSION」を翻訳しました。「ORDER OF SUSPENSION」を「停止の命令」と訳しました。原本は、http://peoplestrust1776.org/の「ORDERS」の欄にある「ORDER OF SUSPENSION」です。裁判結果、OPPTが出した「停止の命令」ですね。この証書の中に、色々な国の行政や色々な国での資産の所有権を停止するための命令を出しています。

また、翻訳していて、わかることがあります。

それは、債務者のことです。英語の原本の方には、債務者に、「UNITED STATES」と書かれています。私達が世界地図で見る、アメリカの国土があります。北半球のアメリカ大陸の上にあるのがそうです。その国土の面積を持っていた国の債務者の事を、「UNITED STATES」と書いてあります。

つまり、「UNITED STATES」を正確に訳したら、「国々のつながったもの」とか「州のつながったもの」と訳せます。そして、担保権者の事を、「The United States of America(a public trust)」と書いてあります。つまり、正確に訳したら、「アメリカ合衆国(一つの公共信託)」と訳せます。

ですので、以前の、その北半球のアメリカ大陸のカナダの下に広がっていた土地の事を、「国々のつながったもの」と書いて、その「国々のつながったもの」を債務者としているわけです。つまり、「私達が以前に『米国』と呼んでいた国は、本当の『アメリカ合衆国』では無かった」という感じで書かれています。つまり、原本では、「『アメリカ合衆国』ではなく、何か、別のものであった」という感じで書かれています。

しかし、ここでは、混同を来すのを出来るだけ、おさえるために、翻訳文には、「UNITED STATES」を「合衆国」と書いています。
また、「The United States of America」を「アメリカ合衆国」と書いています。
============================================================
ここからは、「ORDER OF SUSPENSION」の翻訳文の導入部分です。

原本は、http://peoplestrust1776.org/の「ORDERS」の欄にある「ORDER OF SUSPENSION」と『三千四十二:OPPT証書の「停止の命令」(英文)』です。
邦訳は、『三千四十三:OPPT証書の「停止の命令」(邦訳)』です。
-----------------------------------------
まだ、翻訳していない証書はまだあるのですが、普通に、概要を読まれる際には、『二千九百六十三:お知らせ_No.107』の『OPPTは合法的に企業、銀行、及び政府を奴隷制度と私的なマネーシステムの罪で差し押さえた(全文)』を、どうか読まれて下さい。 坂本 誠
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/oppt-639e.html




画像







【 関連過去記事 一覧 】


2013/03/19|ほんとうがいちばん
【地球人必読2】
:「ORDER OF AUDIT」―OPPT証書の「監査の命令」(邦訳)
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_54.html

2013/03/18|ほんとうがいちばん
【地球人必読】
:「DECLARATION & ORDER」―OPPT証書の「宣言と命令」(邦訳)
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_53.html

2013/03/02|ほんとうがいちばん
OPPT:企業体政府と認可通過システムの公式な差し押さえ-新しい世界金融システムの宣言
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_4.html

2013/03/01|スタッフブログ
OPPTについての解釈(3)国際法:奴隷行為を禁じている「世界人権法」など
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11481110810.html

2013/02/28|スタッフブログ
OPPTについての解釈(2)―OPPTの差し押さえるべき「抵当物」と呼ばれたもの
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11480208110.html

2013/02/28|スタッフブログ
OPPTについての解釈(1)の補足―UCC(統一商事法典)について
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11480196563.html

2013-02/27|スタッフブログ
OPPTについての解釈(1)―奴隷・日本国憲法と国際法の関係
http://ameblo.jp/kame2468/entry-11479610475.html

2013/02/25|ほんとうがいちばん
OPPTがUCC(統一商事法典)に基づいてス エーデン政府に請願書を提出-新聞記者に向けての公表文
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_65.html

2013/02/19|ほんとうがいちばん
★OPPTは合法的に企業、銀行、及び政府を奴隷制度と私的なマネーシステムの罪で差し押さえた(全文)
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_52.html

2013/02/19|ほんとうがいちばん
世界銀行の抵当流れ(OPPT):このニュースはメインストリームメディアに取り上げられるだろうか?
連邦準備銀行、世界銀行は抵当流れになった:ガーディアンエクスプレス 2013年1月14日
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_50.html

2013/02/08|ほんとうがいちばん
OPPT・そもそもOPPTとは何か、その歴史的由来
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_20.html

2013/02/08|ほんとうがいちばん
OPPT初の公式プレス・リリース(2013/2/4)警報:公共信託は銀行を含む主要な企業を保全した
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_19.html

2013/02/06|ほんとうがいちばん
米:OPPT―銀行システムが行っている人間に対する不正を正すための一連の非常に複雑な訴訟
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_12.html

2013/01/20|ほんとうがいちばん
地球人類の主権の回復―OPPT(One People's Public Trust)の声明
http://mizu888.at.webry.info/201301/article_43.html


OPPTの背景にあるもの(補足)

(1)1871年の法律:アメリカ合衆国が“アメリカ合衆国会社”という企業になった経緯
2013/02/16|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_40.html

(2)隠れたローマ・カトリック教会の陰謀はアメリカの法律制度の中心で確認された
2013/02/18|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_41.html

(3)アメリカはそれが必要とする配達可能な「金」を持っていない
2013/02/18|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_42.html

(4)ワシントンDCと銀河連邦
2013/02/18|ほんとうがいちばん
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_43.html