10/26:【メディア王】ベルルスコーニイタリア前首相、脱税で禁錮4年判決~その他報道

画像









▼ベルルスコーニ前伊首相に禁錮4年、所有テレビ会社の脱税容疑
2012年 10月 27日 09:49 JST|Reuters


ベルルスコーニ伊前首相 脱税で禁錮4年判決
2012年10月27日|東京新聞|朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012102702000114.html

【パリ=野村悦芳】AFP通信によると、イタリア北部のミラノ地裁は二十六日、ベルルスコーニ前首相(76)の支配下にあるテレビ局グループ「メディアセット」をめぐる脱税事件の判決公判で、前首相に対し、禁錮四年(求刑・禁錮三年八月)を言い渡した。前首相は控訴するとみられる。
 検察によるとメディアセットが米国から映画やテレビ番組の放映権を購入した際、前首相が関与するダミー会社を迂回(うかい)して、実際の購入価格よりも高い金額を支払ったように偽装。差額の三億六千八百万ドル(約二百九十三億円)を裏金としてつくり、税務当局に申告しなかったとされる。
 判決は三年間、公職に就くことも禁じた。裁判では、前首相のほか十人が被告となっていた。
 メディア王として知られ、過去三度首相を務めているベルルスコーニ氏は、七〇年代からテレビ局を設立、買収し、九六年にメディアセットに統合。テレビ局を政治活動での宣伝にも利用してきた。
 AFP通信によると、前首相は汚職や党の不正経理などにより過去三回にわたって、一審で禁錮刑の判決を受けているが、上級審で無罪になったり、時効になっている。二十四日には、党の首相候補にならないことを表明していた。




中国、薄熙来氏への刑事捜査を正式に開始=新華社
2012年 10月 27日 04:46 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE89P01P20121026
[北京 26日 ロイター] 中国検察当局は、重慶市の元トップで失脚した薄熙来氏に対する刑事捜査を正式に開始した。新華社が26日、報じた。
これに先立ち、中国全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は、薄氏の全人代からの追放を決定し、薄氏はこれにより不逮捕特権を失っていた。
新指導部を決定する共産党大会の開会を11月8日に控え、当局は薄氏の刑事訴追を急いだ。
薄氏は今後、公判で汚職や職権乱用の罪に問われ、長期の懲役刑を命じられる公算が大きい。
新華社は、検察当局が「薄熙来を刑事犯罪の疑いで捜査することを決定した」と伝えた。
また当局が「法に則して強制措置を講じた」としており、薄氏が正式に拘束されていることを示唆したとみられている。
新華社は、薄氏がどのような罪に問われるかなどの詳細は伝えていない。




英RBS:トレーダーを休職扱い,金利操作で調査拡大-関係者
2012年10月26日(ブルームバーグ)
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MCI8596KLVRR01.html
:英国の銀行、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS )はシンガポール在勤の外国為替トレーダーのケン・チョイ氏を休職扱いにしたと、事情に詳しい関係者が明らかにした。シンガポール当局は金利操作の疑いの調査を銀行間取引金利以外にも拡大している。
関係者が匿名を条件に述べたところによると、チョイ氏はRBSの新興市場通貨トレーディング部門のディレクターで、ノンデリバラブル・フォワード(NDF)の設定に使われる金利の操作の可能性をめぐる調査の後、休職扱いとなった。
NDFは、国内での外為取引に制限がある通貨の先物取引を行うためなどに利用される。シンガポール通貨庁(MAS)は先月、金利操作談合の調査対象をNDFにも拡大していた。
チョイ氏への電話に応答は得られていない。RBSのロンドンの広報担当者はコメントを控えた。米紙ウォールストリート・ジャーナルが26日に先に報じていた。
原題:RBS Said to Put Trader on Leave as Rate-Rigging ProbeExtended(抜粋)




米CIA工作員の有罪確定=「テロとの戦い」で拉致関与-伊最高裁
(2012/09/20-09:48)時事通信
 【ジュネーブ時事】イタリア破棄院(最高裁に相当)は19日、北部ミラノで2003年に米中央情報局(CIA)工作員らがエジプト人聖職者の拉致事件に関わったとされる事件で、工作員ら23人全員に対し、欠席のまま誘拐罪で有罪判決を下した。これにより禁錮7~9年(求刑禁錮8~12年)が確定した。
 事件は01年の米同時テロを受け「テロとの戦い」を進めた当時のブッシュ政権下で発生。テロ関与が疑われたエジプト人のハッサン・ナスル氏が拉致され、エジプトに移送されるまでの間、ドイツなどで拷問を受けたとされる。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201209/2012092000158&rel=j&g=int