ローマ法王庁(バチカン)の機密文書館所蔵の歴史的文書、一般公開2月29日から始まる

画像









ローマのカピトリーニ美術館で公開が始まった、ガリレオ・ガリレイの裁判記録=2月29日(共同)

【ローマ共同】ローマ法王庁(バチカン)の機密文書館がことし開設400年を迎えたのを記念し、これまで門外不出だった同館所蔵の歴史的文書からより抜かれた約100点の一般公開が2月29日、ローマのカピトリーニ美術館で始まった。

目玉の一つは地球が太陽の周りを回っているという地動説を支持したイタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイが、異端審問にかけられた際の17世紀の裁判記録。ガリレオの署名がはっきりと確認できる。

ドイツの宗教改革者ルターに対する1521年の破門宣告書や、日本での宣教活動で知られるフランシスコ・ザビエルが17世紀に列聖された際の法王の教書も展示。


出典:カナロコ
http://news.kanaloco.jp/kyodo/article/2012030101000825/


------------------



参考



(日本語字幕版)バチカン市国、通称バチカンは、イタリアのローマ市内にある世界最小の主権国家。ヴァチカンやバティカン、ヴァティカンとも表記する。教皇は、キリスト教­の高位聖職者の称号。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇­座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。日本語では「ローマ法王」と表記されることもあるが、日本のカトリック教会の中央団体で­あるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している。ビルダーバーグ会議、外交問題評議会、王立国際問題研究所、日米欧三極委員会や、以上4つの会議又は委員­会の主催者はデヴィッド・ロックフェラーである。存在は公式には確認されていないが三百人委員会、「33人評議会」、「13人評議会」等の組織を陰謀論者は総称して「新世­界秩序」(New World Order)と呼ぶ。フリーメーソン陰謀論やイルミナティ陰謀論もこれに含めて考えることがある。フェビン主義と関係の深いH・G・ウェルズには著作『新世界秩序』(19­40年)がある。参考:ウィキペディア
http://youtu.be/IAUcR9CtlRE





(日本語字幕版校正中)CNN2011年11月25日放送。バチカン市国、通称バチカンは、イタリアのローマ市内にある世界最小の主権国家。ヴァチカンやバティカン、ヴァ­ティカンとも表記する。教皇は、キリスト教の高位聖職者の称号。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す­。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。日本語では「ローマ法王」と表記されることも­あるが、日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している。ビルダーバーグ会議、外交問題評議会、王立国際問題研究所、日­米欧三極委員会や、以上4つの会議又は委員会の主催者はデヴィッド・ロックフェラーである。存在は公式には確認されていないが三百人委員会、「33人評議会」、「13人評­議会」等の組織を陰謀論者は総称して「新世界秩序」(New World Order)と呼ぶ。フリーメーソン陰謀論やイルミナティ陰謀論もこれに含めて考えることがある。フェビアン主義と関係の深いH・G・ウェルズには著作『新世界秩序』(1­940年)がある。参考:ウィキペディア
http://youtu.be/mV5eXvf855Y