投資顧問会社263社(信託銀の資産管理も)一斉調査へ:AIJ問題で金融庁

画像








投資顧問会社とは(コトバンク:知恵蔵2011)より転載

顧客から預かった資産を運用し、運用手数料と運用益の一部を報酬として受け取る会社。投資一任業者として内閣総理大臣への登録と許可が必要。なお、一任勘定による運用は行わず、投資情報提供だけを業務とする会社でも投資顧問を名乗る例もある。この場合は、内閣総理大臣への登録だけで業を営むことが可能である。投資顧問会社は個々に特徴を持っており、ヘッジファンドのようにハイリスク・ハイリターン投資を得意とする会社もあれば、年金運用のようなリスク限定の長期運用を行う会社もある。運用対象は証券にとどまらず、不動産や通貨など広範な対象を扱う。個人でも運用を依頼することは可能だが、運用単位は最低でも億円単位なので、一部の超富裕層向けのプライベート・バンキングに限られる。
( 証券アナリスト 熊井泰明氏)
http://kotobank.jp/word/%E6%8A%95%E8%B3%87%E9%A1%A7%E5%95%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE



社団法人 日本証券投資顧問業協会
http://jsiaa.mediagalaxy.ne.jp/

日本証券投資顧問業協会会員名一覧(投資顧問会社一覧)
http://jsiaa.mediagalaxy.ne.jp/profile/kaiin.html



画像






<AIJ投資顧問>受託金で払い戻しか 破綻隠し自転車操業
毎日新聞 2月28日(火)2時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120228-00000010-mai-soci


投資顧問263社を一斉調査=信託銀の資産管理も点検―AIJ問題で金融庁
時事通信 2月27日(月)19時51分配信

金融庁は27日、「AIJ投資顧問」(東京)が顧客から預かった年金資産の大半を消失させた問題を受け、投資顧問会社263社の一斉調査に着手した。資産運用の状況やリスク管理体制などを点検し、同様の問題が生じていないかを把握。調査結果を踏まえ、監督・規制の強化を検討する。年金資産の出し入れを管理する信託銀行に対しても、業務が適正だったかどうかの調査に入った。

投資一任業務を手掛ける投資顧問会社への聞き取り調査を開始した。数日中には調査項目の記載文書を全263社に発送、回答を求める。

AIJは運用資産約2100億円の大半を失っていたにもかかわらず、顧客に高利回りの実現を装った虚偽報告を繰り返していた。一斉調査では、過度にリスクの高い運用に偏っていないか、顧客や金融当局に正しい説明・報告を行ってきたかなどを重点的に調べ、問題が発覚すれば証券取引等監視委員会の立ち入り検査も実施する。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000120-jij-pol



AIJ契約、中小が大半=厚年基金70超に-厚労省、実態調査へ
時事ドットコム(2012/02/27-19:19)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201202/2012022700817&rel=y&g=pol


AIJ投資顧問:企業年金2千億円消失…123社分の大半
毎日新聞 2012年2月24日 11時04分(最終更新 2月24日 13時09分
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120224k0000e040147000c.html?inb=yt