『経済が破綻したらどうなる?』~1.戦後日本のハイパーインフレ時はどうだったの?~

金貸しは、国家を相手に金を貸すより

米国債デフォルト→世界中の国債が暴落すると、まずパニック買いや銀行取付騒ぎが始まり、デフォルトから1~2週間で預金封鎖が強行される(但し、ex月50万円までは引き出し可)。

国債暴落とは貨幣価値の暴落と同義であり、あらゆる物価が2倍→3倍→5倍と跳ね上がっていく。この超インフレ状態が、1~2ヶ月続くだろう。
『経済予測2 超インフレと預金封鎖で旧紙幣は紙屑に。狙いは新紙幣配給による経済のリセット』 

>過去経験したことがない全世界的な経済破局が、しかもそう遠くない将来(遅くとも数年以内)に起こることは、どうやら不可避のようです。
  
>経済破局が起きたら国民の生活はどうなるのか、国家はどういう政策を打ち出すのか、過去の事例を研究していくところから出発して、その事態を冷静に乗り越える準備をしておきたいと思います。
新シリーズ「経済が破綻したらどうなる?」プロローグ 
       
シリーズ第1回目となる今回は、『戦後日本のハイパーインフレ』を研究したいと思います。

画像


















画像はコチラからお借りしました。 



戦前・戦後(昭和20年前後)は日本も物価高騰(ハイパーインフレ)に見舞われました。

さて、どのような状況だったのでしょうか??
・・・>全文はこちらから(金貸しは、国家を相手に金を貸す



▼金貸しは、国家を相手に金を貸す
http://www.financial-j.net/blog/2011/09/001687.html