旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦しみの終焉|最も価値ある通貨とは“他に影響を与える”こと、残るのはハートの中にあるものだけ…

<<   作成日時 : 2014/09/24 02:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:愛知ソニアさんのブログより

シークレット オブ ライフ

カナダ出身のコメディアン、ジム・キャリーさんは、エックハルト・トール(「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」原題 The Power of Nowの著者)氏の影響を受けて最近スピリチュアルな活動をよくしています。

ジム・キャリーさんのスピーチの動画を訳しました。
分かっていることですが、励みになりますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の魂は、限界ある肉体内に含まれていません。
私の肉体は無限の私の魂に含まれているのです。

人々が彼らの夢、豊かさ、名声を現実化しても、
それが完了ではないということに気づくことを
願っていると私はよくいいます。


私の経験からあなたに言えることは、
他に影響を与えることが
もっとも価値ある通貨であるということです。

なぜなら、人生を通して得るすべては、
腐敗し、バラバラになって消えていきます。

なにが残るかというと、
あなたのハートの中にあるものだけです。

「私たちそれぞれの内なる世界には、
静けさがあり、その静けさは宇宙と同じくらい広大で、
その静けさを経験するとき、
ほんとうの自分を思い出すことができる」 ━グニア・ノリス


私たちは誰かがクリエートした
映画の主人公「アバター」ではないのです。

私たちは光であり、
すべては鏡の中に映るただの煙にすぎません。
ただ気を散らす、ほんとうに魅力あるものではありません。

「自分の中身以外に現実は存在しない」 ━ヘルマン・ヘッセ

私たちの目は、視聴者ではなく、
プロジェクターなのです。
映像について語っているだけです。
恐怖を台本に書き換えるのは常です。
恐怖があなたの人生でよく演じています。
どれくらい演じるか自分で決めることができます。
人生を通して幽霊ばかり想像することもできます。
未来のことを心配したりします。

それにしてもちゃんとここにすべてあって、
ちゃんとここにたどり着けたではないですか。

なにが起きているかというと、
私たちはこの瞬間に選択することができます。
愛に基づく選択か、
恐怖に基づく選択かです。

私たちは実用性を装った恐怖から
道を選択することがよくあります。
ほんとうに望んでいることを信じられないからです。
無理だと思ってしまいます。
まったく手に届かないバカげた願いだと
思い込んでしまうので、
宇宙にお願いする勇気をまったくもたないのです。
私がいいたいのは、宇宙に望みをかなえてくれるように、
お願いすることができるということです。


人生はあなたにたまたま起きるのではなく、
それはあなたのために起きるのです。

私があなたに言えることは、
あなたが何を望んでいるか、
宇宙に知らせることです。
そして、その夢を叶える努力をしてください。
どのように実現するかは手放してください。
信じることに賭けてみてはいかがですか?

宗教ではないのです。
ただ信じるだけです。
望みではなく、信じることです。
私は「望み」なんか信じていません。

「望み」は乞食です。
「望み」は火の中を彷徨います。
「信じること」は、火を飛び越えます。

あなたは準備ができています。
そして、この世界で美しいことを
いっぱい成し遂げられます。

今日この会場の扉を開いて出ていくときに
二つの選択があります。
たった二つの選択です。
愛か、恐怖です。
愛を選択してください。

無邪気に遊ぶあなたのハートを
恐怖によって戦わせないでください。



(転載終了)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

苦しみの終焉|最も価値ある通貨とは“他に影響を与える”こと、残るのはハートの中にあるものだけ… 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる