旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS メタトロンチャネルから 『2014年9月の秋分は今年の最も強力な太陽イベント』

<<   作成日時 : 2014/09/23 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:GFLサービスさんより

メタトロンチャネルからの抜粋・・・2014年9月20 日 秋分の日
.Excerpts from Metatron Channel
Earth-keeper.com
20 September 2014

こんにちは、こ の段階で起きつつあることが極めて異常であり、惑星以外の力によって方向付けられている宇宙的な影響があるので、典型的な天文学的な解釈から外れているこ とに就いてお伝えします。高次元の観点からはそれは浄化を目的とすることです。

この解釈は2014年の8月の中頃から10月の終わりにかけての期間に当てはまります。なぜなら実に2012年以前の伝統的な見方として考えられることを越えて残留効果が見られ、新しい地球のマトリックスの中で極めて活発だから です。

9月22日の秋分

2014年9月 の秋分は今年の最も強力な太陽イベントであり、大きい強度を示し、大きな試練をもたらし、強力な再定義の機会です。今は8月以来猛威を振るっていた混乱か ら落ち着きを取り戻す完全な時です。

9月には四つの影響力があり、強力な逆行惑星があります。これらは9月22日の冥王星、11月16日の海王星、11月 23日のカイロン、11月23日の天王星です。

また革命的な変容(天王星−冥王星の直角)、数年間に亘って影響が残る明確なスピリチュアル覚醒(魚座の中 の海王星)が起きます。獅子座の木星は拡張秋分(9月15日〜9月26日)の週に始まって9月25日に牡羊座の天王星と三分の一対座を形成します。この強さは感情的な高まりを引き起こし、付加的な解放を表面化させます。

この秋分は瞑想の時、優先度を発見する時です。それは関係を試し、練り直す強力なエネルギーの照合の中に埋め込まれています。

マスターよ、二 つの完全な秋分とスーパー秋分との三重相の中で特に起きようとしている事は人間の拡張した33チャクラシステムの適合化と利用、つまり極性から無極性への 移行を可能にするコードであり、これがしばらくの間続くでしょう。

これから先5週間に亘って強力な秋分、完全月食の満月及び新月の際の完全日食が起きます。太陽は2014年9月22日に天秤座の深紅の三つ星に入ります。

  九月の秋分 9月22日月曜日

  水星の逆行開始 10月5日〜10月26日

  満月の月食 10月8日

  新月の完全日食 10月23日

  混乱の霞の中での霊的明晰さの窓 10月8日〜10月23日

  関係の練り直し 9月22日、10月23日

マスターよ、天 文学の正しい適用は、人間の心理的、感情的なマトリックスの肉体とエーテル体に物理的に及ぶ影響の重力波、電磁波になります。それは現実であり、言い伝え ではありません。私たちは占星術の話をしているのではなく、誘導と連合パターンによってあなた方に影響を及ぼす周波数、光、及び色をもって注がれる全く本当のエネルギー波のことに就いてお話をしているのです。

これらのパターンはあなた方が真実であることを受け入れると受け入れないとに関わらず、あなた方に 影響を与える振動なのです。しかし、どのような影響も意志の力、より効率的に利用できるパターンに気が付き、パターンに逆らわないことより大きいものはあ りません。

分かりますか?新しい地球に於いては、光の解釈と同じように、結晶グリッドが磁気グリッドよりも主要になります。そしてこのエネルギーコラー ジュの中へと影響を及ぼす力があるとすれば、それは天の想念です。人間の集合的な聖なる側面からの影響のパターンがあり、これは、結晶グリッドを通じて 食、秋分、夏至、冬至という相の中に形成される開口において地球プレーンの中に注ぎ込まれる宇宙のマインドと言われます。

マスターよ、二つの異常な完全な食とスーパー秋分の三つ組と言う相の中で特別に起きることは人間の拡張した33のチャクラシステムの適合と利用を可能にするコード、極性から非極性への移行であり、これはしばらくの間続きます。

(転載終了)






関連過去記事


紫色のフォトンベルトに入る地球(9月22日光のフォトンベルトに入ります) byメタトロンと33次元
<< 作成日時 : 2014/09/20 19:24
画像
私たちは9月22日に光のフォトンベルトに入ります。その時に太陽系は新たな調和に入っており、地球は次の段階に進んで行きます。それによって平和と調和の時代に入って行きます。紫色のフォトンベルトが地球の新しい調和を促進します。過去のポータルは「今」というポータルと結びつきます。
http://mizu888.at.webry.info/201409/article_75.html


復活祭の贈り物とは、銀河核の極超新星爆発?― Cobra 最新情報
<< 作成日時 : 2014/02/02 09:33
ハートの贈りもの―2014―黄金時代02年さんより転載
画像
ところで、この銀河中心のいて座Aから地球までの距離はどれだけか、ご存知ですか?約26000光年です。地球の歴史のサイクルとして、我々にはおなじみの数字ですね。David Wilcock のいう26000年毎に地球を訪れ、大きな変化をもたらしてきたビッグ・ウェーブ。つじつまが合ってきますね。今述べた大爆発が起こっていたとしても、それを我々が知るまでには、26000年かかります。つまりは、、、それは「もう起こったこと」なのではないでしょうか。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201402/article_6.html


2012年:太陽を回る地球の軌道の全体が“フォトンベルト”に完全に入り込む…とは
<< 作成日時 : 2012/12/17 02:23
アセンション「ガイア・アセンション」シリーズより引用
画像
フォトン・ベルトは、おうし座にあるプレアデス星団の最輝星「アルシオネ(Alcyone)」を基点とする末広がりの光のスパイラル上の一点で、太陽系が26000年かけてスパイラルと共に一周するときに遭遇する、巨大で精妙な光の帯です。この帯は、スパイラルの中心軸に重なり、太陽系の回転面に直交しているので、太陽を含む太陽系のすべての星は、26000年のサイクルのなかで、これに2回遭遇することになります。太陽系は、フォトン・ベルトを2000年かけて通過し、残りの11000年は「銀河の闇」を旅します。現在は、ちょうど「闇」を出て「光」に入る時期に当たります。本来は、これは、太陽系だけでなく近隣の宇宙も関係する、壮大な「宇宙の祭り」です。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201212/article_46.html


2012年は全ての周期が収束する年
<< 作成日時 : 2012/11/27 11:55
アルクトゥルスの「ファイナルミッションシリーズ」より抜粋して引用
画像
この(進行中の)周期は、地球の歴史においても、太陽系の進化の歴史においても、銀河の歴史においてさえ、非常に興味深い周期です。 2012年12月21日は、通常 大プラトン年と呼ばれる、バクトゥンよりも長い 26,000年周期 の終焉のときでもあります。これは長期周期 です。2012年12月21日には、さらに長い 104,000年 の 大周期も終焉を迎えます。こうした周期全てが2012年時点で終る、言い替えると、収束するのです。
これがホゼのマヤ暦に基づいた2012年12月21日の意味合いで、地球と太陽とプレアデスのめぐりのサイクルの26000年周期と104000年のさらに長い周期に関する簡単な内容です。 しかしながらさらにプレアデスの情報によれば、太陽が銀河の中心を完全に一周する約2億3000万年周期の終わりであり、さらに天の川銀河が、「大いなるセントラルサン」を一巡りする無限のような軌道周期の最終局面に当たっています。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201211/article_52.html


《忘却のベール》 地球上に転生している人間に対するプログラム/寄稿:コブラ2012年6月18日
<< 作成日時 : 2014/08/10 20:49
<< 作成日時 : 2012/08/01と<< 作成日時 : 2014/03/01より再掲
画像
26000年前にアルコンは、この惑星を自分のものにし、その上の全ての生命体を人質にし、奴隷にする宣言を行った。彼らはこの惑星を監獄にし、ここに出入りするあらゆる宇宙船に対し、アルコンの許可を得るように強制した。これが、私たちが非常にしばしば聞いている”不介入”の理由である。人間はアルコンによってこの数千年の間、人質に取られ、同じ場所に何度も転生を繰り返す閉ループシステムに捕らわれているうちに記憶喪失と無気力に陥った。記憶喪失の期間はほとんど終了した。今年(注:2012年)の6月21日以降は、ポジティブなETによって編成された救助作戦がその強度を増してくる。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201408/article_34.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

メタトロンチャネルから 『2014年9月の秋分は今年の最も強力な太陽イベント』 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる