旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 紫色のフォトンベルトに入る地球(9月22日光のフォトンベルトに入ります) byメタトロンと33次元

<<   作成日時 : 2014/09/20 19:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:Lightworkermikeさんより

画像

メタトロンと33次元
紫色のフォトンベルトに入る地球
マインドが休まる時

ANNAMERKABA 2014-9-19

私たちは9月22日に光のフォトンベルトに入ります。その時に太陽系は新たな調和に入っており、地球は次の段階に進んで行きます。それによって平和と調和の時代に入って行きます。紫色のフォトンベルトが地球の新しい調和を促進します。過去のポータルは「今」というポータルと結びつきます。

人間のエゴが新しい状態になります。皆さんのエゴはなくなりませんが、考える際にエゴが前面に出てこないということです。だから違った目で世界を見るようになるのです。

周りの変化を感じるようになり、確かに波動が変わったと思うでしょう。エゴの力は中和されこれから到来するエネルギーで落ち着きます。自分のエゴの力を緩めハイヤーセルフが取って代わるようになります。

なので、身体はエゴではなくハイヤーセルフの観点で機能して行きます。皆さんはその地点から人生を見て、今後の方向性について見直し、新しい道に合う周波数に調整して行きます。

モノへの執着、自分への拘りを捨てて人生を見ることが出来るようになります。思い込んだ自分というものを一時的に忘れてハイヤーセルフのいる天国にいて人生を見られるようになります。まるで苦しみのない「臨死体験」をしているかのような状態を経験します。瞑想、あるいは冬眠のような状態に入ると、人間のマインドは調和した状態になり、文字通り魂が抜け出して自分の目的を知ったり、修正したりするようになります。

ガイドを身近に感じることもあります。ガイドの手助けで人生や過去の経験を見直したり修正を加えたりするようになります。その時にはエーテルレベルで痛みを感じ古い思考パターンを捨てることが出来ます。ガイドの存在に気づいたり、周りの気配を感じたりするとすぐにそういうことが起こり、益々繋がりを意識するようになります。

そのような繋がりが生じて自分のしてきたことを振り返る時に、放出が起こり手放すことが出来ます。その時、さようならと言った後、エゴに落ち着きが生じてハイヤーセルフを認め始めます。皆さんが向かうニュー・エイジにはエゴの座席はありませんので、自分の考え方や行動を注意深く観察して、日々、自分の状態を修正していきます。

気分や精神状態がいろいろ変わることに気づき、過去に繰り返していた考え方ではなく「今」に基づく考え方に変わって行きます。だから、受け取る情報や気持ちに少し戸惑うこともあるでしょう。

しかし、それは新しい考え方の土台を作るプロセスです。今お話していることは、実際に皆さんのハイヤーセルフが決めたことなのです。だから体はその時々の新しい精神状態に合わせて行きます。まさにハイヤーセルフがそのように変わるように要求したのであり、したがって皆さんは、今お話しているようなことを経験して行きます。

それは、皆さんの状態が物質的な固い世界から流れるような世界へと進む自然なプロセスです。体にも変化が起こります。身体はもっと流動的でエーテル的になり、アセンションの回廊を更に進んで行きます。

アセンションは益々加速し、もう後戻りできない地点に達します。もう固い世界に戻れなくなります。だから3次元にこれが最後というさようならをする時には何かしら空虚感や喪失感を覚えることもあります。

一度に一夜で新しい状態に変わるのではありませんが、体は徐々にそういう変化を受け入れ変わって行きます。
そういう風にして皆さんは、スペクトルの端から端を行き来きして両方の周波数で動き続けます。ここで知っておいてほしいことは、自分の中の状態と外で起こる変化をはっきり感じ取りますが、これまでそれに上手く耐えられるように準備してきたということです。

すべては、既にこのメッセージを読んでいる人すべてによって定められた聖なる青写真にしたがって進行しながら明らかになります。だから、体の衝動や欲求によく注意して自分の精神状態に気をつけてください。受け取る導きに十分注意してください。人生はもう以前と同じではありません。光の灯台としての役割がこれまで以上に大きくなります。皆さんはどんどん新しい現実や考え方、生き方をするようになります。

私たちはそばで皆さんを手助けして行きます。皆さんを無条件に愛していることを知っておいてください。手を取り合って皆さんと歩いて行きます。いつでも私たちを呼んでください。やって来ます。

今日は以上です。愛しています。一緒にいます。では、さようなら。

画像

アンナ・マカバ
10,700年ごとに太陽系は、フォトンベルトという高純度のイオン粒子2100光年の大きさを持つ広大な地帯を通過します。このベルト地帯は宇宙の「神という聖なるスピリット」の力が創造の中心から繰り出されたものです。

26,000年周期で、その間に魂はこのベルトを2回通過することができます。このベルトはプレアデスのアルシオーネのセントラルサンを廻ります。垂直方向に巨大なドーナツ状のベルトは、地球から獅子座と水瓶座に現れます。私たちは水瓶座に向かい始めてからこのフォトンベルトの中を進んでいます。

私が言われたのは、太陽系はこのベルト地帯に既に入っている、そして9月22日にこのベルトの中に向かって進んでいくということです。それは私たちに大きな影響を与えます。はるかな昔に予言されたように、地球にもキリスト意識が広がろうとしています。今回のメッセージや他の所でも聞いてきたように、ここで起こることは、このエネルギーによって地球とそこに生きる生命がもっと高次元の波動状態に変わるということです。

だから今、私たちは自分を清め役に立たないものを捨てることができます。このフォトンベルトに入り、少なくとも2000年間この中にいますが、最終的にその間今いることを楽しむことが出来ます。もちろん一夜にしてすべてが変わるわけではありません、時間がかかります。

まさに私たちは今、ワクワクする時代に生きています。3次元の固い世界から流動的なクリスタライン状に変わろうとしています。手放して神聖な自分に繋がる時です。この時を生かして欲しいと思います。この転換を楽しんでください。

混乱があっても、私たちは支えられていることを忘れないことが非常に重要です。ガイドや一人ひとりの人に支えられています。少なくてもガイドは常時一人います。また他のガイドがやって来て特定の時期にサポートします。言うまでもなく、自分のガイドやアセンデッド・マスター、大天使、銀河のファミリーなどが常に私たちを見守っています。そして最も重要なハイヤーセルフが一緒です。だから直感に耳を傾けてください。すべてをきれいにして今回の新しいエネルギーを迎えてください。グランディングしてください。今にいてください。
I love you!

Anna Merkaba – Distant Energy Healer- Channeler – Lightworker. To book a Healing or Pychic Session with Anna and for more channeled messages to help you on your journey to self discovery visit : Sacred Ascension – Key of Life – DISCOVER YOUR TRUE SELF THROUGH THE VIBRATIONAL MESSAGES FROM BEHIND THE VEIL –http://sacredascensionmerkaba.wordpress.com/

(転載終了)




関連過去記事


復活祭の贈り物とは、銀河核の極超新星爆発?― Cobra 最新情報
<< 作成日時 : 2014/02/02 09:33
ハートの贈りもの―2014―黄金時代02年さんより転載
画像
ところで、この銀河中心のいて座Aから地球までの距離はどれだけか、ご存知ですか?約26000光年です。地球の歴史のサイクルとして、我々にはおなじみの数字ですね。David Wilcock のいう26000年毎に地球を訪れ、大きな変化をもたらしてきたビッグ・ウェーブ。つじつまが合ってきますね。今述べた大爆発が起こっていたとしても、それを我々が知るまでには、26000年かかります。つまりは、、、それは「もう起こったこと」なのではないでしょうか。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201402/article_6.html


2012年:太陽を回る地球の軌道の全体が“フォトンベルト”に完全に入り込む…とは
<< 作成日時 : 2012/12/17 02:23
アセンション「ガイア・アセンション」シリーズより引用
画像
フォトン・ベルトは、おうし座にあるプレアデス星団の最輝星「アルシオネ(Alcyone)」を基点とする末広がりの光のスパイラル上の一点で、太陽系が26000年かけてスパイラルと共に一周するときに遭遇する、巨大で精妙な光の帯です。この帯は、スパイラルの中心軸に重なり、太陽系の回転面に直交しているので、太陽を含む太陽系のすべての星は、26000年のサイクルのなかで、これに2回遭遇することになります。太陽系は、フォトン・ベルトを2000年かけて通過し、残りの11000年は「銀河の闇」を旅します。現在は、ちょうど「闇」を出て「光」に入る時期に当たります。本来は、これは、太陽系だけでなく近隣の宇宙も関係する、壮大な「宇宙の祭り」です。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201212/article_46.html


2012年は全ての周期が収束する年
<< 作成日時 : 2012/11/27 11:55
アルクトゥルスの「ファイナルミッションシリーズ」より抜粋して引用
画像
この(進行中の)周期は、地球の歴史においても、太陽系の進化の歴史においても、銀河の歴史においてさえ、非常に興味深い周期です。 2012年12月21日は、通常 大プラトン年と呼ばれる、バクトゥンよりも長い 26,000年周期 の終焉のときでもあります。これは長期周期 です。2012年12月21日には、さらに長い 104,000年 の 大周期も終焉を迎えます。こうした周期全てが2012年時点で終る、言い替えると、収束するのです。
これがホゼのマヤ暦に基づいた2012年12月21日の意味合いで、地球と太陽とプレアデスのめぐりのサイクルの26000年周期と104000年のさらに長い周期に関する簡単な内容です。 しかしながらさらにプレアデスの情報によれば、太陽が銀河の中心を完全に一周する約2億3000万年周期の終わりであり、さらに天の川銀河が、「大いなるセントラルサン」を一巡りする無限のような軌道周期の最終局面に当たっています。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201211/article_52.html


《忘却のベール》 地球上に転生している人間に対するプログラム/寄稿:コブラ2012年6月18日
<< 作成日時 : 2014/08/10 20:49
<< 作成日時 : 2012/08/01と<< 作成日時 : 2014/03/01より再掲
画像
26000年前にアルコンは、この惑星を自分のものにし、その上の全ての生命体を人質にし、奴隷にする宣言を行った。彼らはこの惑星を監獄にし、ここに出入りするあらゆる宇宙船に対し、アルコンの許可を得るように強制した。これが、私たちが非常にしばしば聞いている”不介入”の理由である。人間はアルコンによってこの数千年の間、人質に取られ、同じ場所に何度も転生を繰り返す閉ループシステムに捕らわれているうちに記憶喪失と無気力に陥った。記憶喪失の期間はほとんど終了した。今年(注:2012年)の6月21日以降は、ポジティブなETによって編成された救助作戦がその強度を増してくる。
全文:http://mizu888.at.webry.info/201408/article_34.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

紫色のフォトンベルトに入る地球(9月22日光のフォトンベルトに入ります) byメタトロンと33次元 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる