旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS フルフォード情報9/9:恐怖におののくナチオニストが常に新しいテロ攻撃を叫び、脅している理由、他

<<   作成日時 : 2014/09/10 13:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:嗚呼、悲しいではないか!さんより

フルフォードレポート英語版(9/9)

911の記念日が逮捕なしにやって来る。
しかし、いくつかの不時の死を伴ってやってくる。


今週は、米国におけるナチオニストのテロ攻撃とそれに続くファシストクーデターが起こった2001年9月11日の第13回の記念日を迎えます。米国の代理大統領であるバラク・オバマはあのような大量殺人事件を含むナチオニストの嘘を徹底的に繰り返すことで彼の真の色を示している。

先週のNBCとのインタビューで、アメリカンジャーナリスト・ジェームス・フォーリーの想定された死について、「この仕事もまたその演劇であった、その一部は、いつも自然に私にやってくる何かではないんだ」と述べた後、直ちにゴルフコースへ直接言った理由について聞かれた時に、オバマ自身が、彼は役者だと認めた。

http://www.politico.com/story/2014/09/obama-meet-the-press-110676.html#ixzz3CiVcrhUq

しかし、うまくゆけばオバマに新しい計画の線から読ませようとするナチオニストの脚本家の後を確実について行こうとする一派がいる。最近の「6歳以下の全ての子供の予防接種」のリチャード・ロックフェラーの飛行機の不可思議な事故や911の立案者で前FBI長官ルイス・フリーに致命的な生命の脅威である怪我などの不可思議な死が続いている。今度は、被害者はラリー・グレイザーで彼の飛行機は、妨害行為として酸素の供給を遮断された。グレイザー家はジョージ・ブッシュ・シニアのザパスオイルの共同所有者であり、長年、ブッシュ家とは共同してきた。

また。女優のジョーン・リバーズが喉の手術の合併症で死んだ。それはガザ全員を一掃すると宣言された直後に、ナチオニストに対する攻撃か偽の死と見られるような形で起こった。

http://nodisinfo.com/joan-rivers/

これが終わるまでに、さらに多くが死ぬだろうと、CIA情報筋は言う。

それが、恐怖におののくナチオニストが常に新しいテロ攻撃を叫び、脅している理由です。最新のものは、汚染された爆弾が911記念日に中東と欧州の都市を攻撃するという脅しが、モサドとつながるデブーカのサイトからのものである。しかし、モサドの賢い人々は、幕は下りたことと新しい攻撃をISISやアルカイーダの所為にする企みやその他の面もイスラエルの攻撃を招くという必然的報復を変えることはないことを知っている。

一方、ナチオニストのウクライナの攻撃はひどくなっているとロシア政府情報筋は言う。「ウクライナは崩壊しており、東部前線の軍隊は食糧、弾薬、給料の欠如で離反が起きている。中央政府も同様に資金の欠如で崩壊し始めている」と彼は言う。ロシア大統領のウラジミール・プーチンのやるべきことの全ては待つことである。何故なら、冬が近付いており、しかも彼らにはガスがないと彼は指摘した。冬を通じてロシアのガスを手に入れる必要のあるドイツはウクライナ危機の解決にますます願っている彼れは付け加えた。

プーチンは彼の役割として、彼に友好的な人々がロシアとウクライナの間のアゾブ海の海岸の支配をつかませる必要がある。これがロシアがそこにある巨大ガス田の支配を確実にするであり、そのことが今回の危機の原因である。それが、停戦が想定されているのにも拘わらず、いまだ海岸線にそって戦闘が報告されている理由です。

67ヶ国の世界の指導者たちが先週行われたNATOサミット集まったが、ウクライナ策略の内部分裂の新の解決策に到ることができなかったと、M15情報筋は言う。彼らの軍事会社のスポンサーが到達できる最良は、武器の隠し場所として緊急対応部隊を世界中に作るために、ロシアとの新しい冷戦を使わせることである。彼らはまた、ウクライナのナチオニスト政権に武器を送ることはないと公に言っている。

しかし、米国も欧州の政府は彼らの経済が破たんしているので、近頃は武器を購入するという散財をする余裕がありません。かっての世界金融パワーの頂点にいたIMFも破綻している。FRBも欧州中央銀行も日本銀行も、彼らの正当な妖精の粉散布が彼らの望む魔法の結果を生まないことでパニックになっている。

EUは実際、企業に金を使わせるためにマイナス金利を敷いている。

彼らの全ビジネスは、繁栄ではなく、富の集中を引き起こすだけの個々の欲望に基づくシステムであるがゆえに、自由市場に全てを残していることに基づくビジネスモデルは機能しないと言うことが問題である。EUの企業はその指導者が人々のための夢や計画に思い至らない限り、崩壊する。スコットランド、そして英国は同盟から最初に落伍する可能性が高い

米国はそもそも、最悪の無能状態のままで、今は破産することを防ぐために中国に全く頼っている。それが、米国家安全保障顧問のスーザン・ライスは今中国にいて、オバマとそのハンドラーが米国企業政府が9月30日の期末を乗り越えられることを確実にするために物乞い任務にあたっている。中国は米国を破産させるつもりはないが、彼らは多くの譲歩を強いるために財務レバレッジを使うだろうと中国政府筋は言う。特に、中国は米国に、日本の奴隷政府のチェーンを引っ張って、中国を挑発するのをやめさせてくれと求めていると彼らは言う。加えて、彼らは米国に彼らが交渉している12カ国環太平洋パートナーシップ協定について完全に透明になるよう求めている。彼らはまた米国に、秘密の企業裁判所が政府以上の権力を許すTTP条項を廃止するよう求めている。


大統領役のオバマは11月にアジアの巨匠にぺこぺこと頭を下げるために中国へくることを、すでに承諾していると彼らは付け加えた。

一方、日本経済はアベノミックスという徒党の偽装略奪のおかげで最新の四半期は年率7.1%の収縮をして、急速降下している。アベノミックスの真の意味は、日本の奴隷政府が全ての上場企業を徒党支配の資金に引き渡したと言うことである。徒党は今、これらの企業から更なる利益を求めるために、賃金のカット、大量解雇、そして年金基金の略奪を求めている。されに加えて彼らは、攻囲された日本人からさらに搾り取るために企業税の引き下げ、消費税の切り上げと個人所得税の引き上げを求めている。日本経済が崩壊した結果、石から血は搾り取れなくなる。

徒党のやりすぎによって、日本では反徒党革命が湧き起こっている。日本革命党と日本独立党はまさに時は来たと言うことで動き出すと、党情報筋は言う。この動きは、安倍の為に前回の総選挙を不当に盗んだ人々の逮捕を含む。ジェラルド・カーティス、マイケル・グリーンとリチャード・アーミテージのような日本のナチオニスト代理人もまた対象であると、彼らは言う。

また、日本の奴隷状態の経済の崩壊は、徒党が中国から更なる物乞いをすることを意味している。そのことは、中国との戦いの為に米国をあてにしている低知能の右翼は最終的に目覚め、彼らが中国との均衡を維持したいと思うならインドとロシアと話をしなければならなくなる。

その為に、インド首相ネレンドラ・モディが9月6日に終了した1週間と言う長期間にわたり日本へ招待した。しかし、日本の奴隷政府はモディが中国と戦う安倍の計画に参加することに興味がないことが分かると、日本の企業奴隷メディアは訪問の報道は非常に静かになった。

ロシアのプーチンは今秋、日本を訪問する予定であるが、中国あるいはそれ以外でも日本と共同することはないと、ロシア政府の情報筋は言う。

中国とロシアが日本をBRICS同盟へ誘う代わりに、日本政府情報筋は正にそれを呼びかける増大する圧力団体があると表明する。。

それが、手付かずのアジアへ米国が展開すると言う外見を維持しようとする為に11月に中国へ急行する理由です。「我々を仲間の外に置かないでください」と言うのが彼の主要メッセージであり、「ならばイスラエルと貴方の国を支配する犯罪者たちを逮捕しなさい」と言うのがBRICSの回答であるべきである。

(転載終了)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

フルフォード情報9/9:恐怖におののくナチオニストが常に新しいテロ攻撃を叫び、脅している理由、他 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる