旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS ケッシュ氏:光は質量と運動量をもつ動的プラズマである/人間のRNAには魂の情報が含まれている

<<   作成日時 : 2014/09/04 15:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:庶民の見方さんより

画像
以下、ケッシュ氏の二冊目の著書、「光の構造」よりの要約

(11)反物質、暗黒物質、ブラックホール
(12) ケッシュ用語の定義
(13) 光はエネルギーではない
(14) 光は円柱状のプラズマである
(15) 光磁場は電磁場よりもスケールが大きい
*すべての記事を一度に表示→ クリック

光は質量と運動量をもつ動的プラズマである

電子の働きをもつ磁場の渦:
光線内部では、異なる物質磁場強度の動的な働きにより、構造内部で運動するエンティティを生み出す場合がある。これは光のプラズマの磁場を制御して正常に保つ役割を果たしていて、原子構造の外側に位置している電子と同じ働きをしている。このエンティティは光のプラズマが、ある特定の環境内で中性子を経ずに原子に変換される際に大部分が電子となる。

この光線内部のエンティティは通常、強度が低い媒体環境を光が進み、スピードの遅い外層の場がスピードの速い根源の物質磁場とすれ違う際に、これら二つの場の中間の推移物質磁場環境内に小さな光の渦となって現れる。

これらの渦は独自に運動し始め、やがて光のプラズマの構造内で定位置を得る。渦の内部に閉じ込められた磁場は、光が原子に変換する際に電子となる。(図37)

画像

図37:光の渦が原子構造内の電子に直接変換される。

光のプラズマがらせん円柱状の運動をするのは、そのバランスと整合性を保つのに原子における電子のような外的構造を必要としないためである。


光は動的プラズマである:
原則として、光線は根源の物質磁場から強度を得ている。これが光が質量をもったエンティティではなくエネルギーとして見られる理由だ。光は異なるプラズマ磁場の強度で出来ていて、単一の磁場構造を持っているわけではない。

科学界は光線の分割された内部構造に対する理解が欠けていたために、電子や陽子と同様に動的なプラズマである光線をエネルギーだと見なしてしまったのだ。

光はらせん円柱運動を取るため、電子のようにソーラーシステムにおける惑星を必要としない。 この意味は、ソーラーシステムや原子のような球状の物体は、遠心力の磁場の力により動的な磁場の内容物である物質や物質磁場を保持し、環境内に流出して他のプラズマによって失われることがないよう、輪の状態で周辺を回る電子や惑星に当たる部分を必要とするということだ。

実際、同じような現象として、部分的ならせん円柱状の回転は銀河構造の一部でも見られる。

光のプラズマ磁場の円柱構造とその相互作用により、光は進む環境の物質磁場や媒体物質に応じて外側の磁場を変えることが出来る。

より早く、より合理的に運動するために、環境の磁場の強度に応じて磁場の層は内側や外側に移動することができる。動的ならせん円柱状の運動と、光の物質磁場構造により、推移物質の磁場の環境では推移物質の、根源物質の磁場環境では根源物質の磁場が外殻の位置を取ることが出来る。

光は、物質の媒体内ではその構造の中心の磁場強度の領域からエネルギーを得るため、エンティティではなく長距離を進むことが出来るエネルギーのように見えてしまう。外装を変えることで光線は、どのような媒体の磁場の強度の中でも、摩擦により光線の物質磁場を失うことを抑えることが出来る

これで何故、球状に回転をしている動的なプラズマ磁場が物質を生み、同じプラズマ磁場がらせん円柱状に運動すると光線を生むかが明確になったであろう。よって宇宙では、光の重力磁場によりプラズマ磁場と重力磁場(マグラブス)が運ばれる。ある地点で相互作用が起き速度が弱まると、新しい環境内で光のプラズマ磁場は物質強度のプラズマに変換される。

よって宇宙では物質の磁場は、光のプラズマの仕組みを利用して運搬され、変換される。例えば、光の重力磁場が物質環境に到達すると速度が遅くなるので、物質のすべての重力磁場(マグラブス)レベルの強度に達することが出来るようになる。到達地点のプラズマ磁場は、光が放出するこの余剰のプラズマ磁場を付加的に受け取る。つまり、光のプラズマ磁場からエネルギーを受け取る。

光線が根源物質環境に到達すると、根源物質磁場のプラズマ磁場は、到達地点が物質環境であった際の物質磁場と同じように相互作用する。

物質が光線の力を感じるのは、主には光自体に質量があり運動量を持つためで、エネルギーが吸収されるためではない。


参考資料:BOOK 2- The Structure of the Light Chapter 2

(転載終了)



-------------------------
-------------------------


<< 作成日時 : 2014/03/22 より再掲載

画像
画像:丸山世紀さんのfacebookより

以下転載元:庶民の見方さんより
新生の時が来たことを人々は知るべきである
RNAには魂の情報が含まれている

3月20日(木)のワークショップで告げれたケッシュ氏からのメッセージの一部まとめです。(録音からの訳文なので、100%正確ではないかもしれません、ご了承下さい。)

動画:Live Show [Procaster] Thu Mar 20 2014
http://www.livestream.com/kesheworkshop/video?clipId=pla_87bf3b59-429a-4e4a-a8d1-64ab6f035627&utm_source=lslibrary&utm_medium=ui-thumb

2014年3月20日(木)

私たちには、いずれどこかの国がUSBスティックの持つ意味をあまり理解せずに、リリースしてしまうということが判っていた。そして、それが今週起きるということも判っていたし、まさに望んだとおりの形で成し遂げられた。
今日という日は不思議な日で、朝方はまだ冬だがテヘラン時間の8時27分には春になる。今や新たな世代、新生の時が来たことを人々は知るべきである。USBスティックはこの日のためにリリースされたのだ。

今日を持って私たちは過去の書物を閉じ、明日から新たに始める。

とても大事なことだが、見過ごされている事がある。DNAには目の色や爪の形など遺伝的に先祖代々受け継がれ集積された、物理的な情報が含まれることが知られている。生命の始まりの時までさかのぼれば起源は同じだが、途中で枝分かれして異なる特徴を得てきた。

だが、成熟に達していない人々はRNAのことを良く知らないRNAには魂の情報が含まれていることは、未だかつて理解されたことがないあなたは祖先から受け継がれて来た物理的変化の集積であるだけでなく、知識と魂の変化の集積でもあるのだ。

すべての人が復活し、審判の日を迎えると言われるが、それは祖先のすべての情報を受け継いでいるあなた自身を通じて行われ、あなたはその責任を負っている

信教に関係なく、行いと魂の集積であるRNAの記録を通じて、あなたは審判の日を目の前に迎えている。平和を選ぶなら、すべての宗教はひとつだ。和合を選ぶのなら人類はひとつだ。あなた方は皆どこかで血のつながりがある。

今日が「審判の日」だ。

「平和と豊穣のときが来る」という預言があるが、それはすべてUSBスティックに収められてすでに与えられた。その環境条件を作りさえすれば、欲しいものはいくらでも創造できるのだ。

宗教の指導者に言いたいことは、これは宗教や信心を変えるという意味ではないということだ。平和協定を通じてすべての宗教、すべての人種を繋げること、それが約束の成就だ。

すべてはあなた方次第だ。パテントが公開され、すべての情報を得た。その理解を助けるために知識探求者(研究生)がいる。彼らは、「公正に、平等に、すべての者に十分に与えられること」を学び、それを伝えていく。

知識探求者はもっともっと増やしていく予定だ。彼らは世界中から集められる必要がある。

あなたの信教が何であれ、いずれは魂に責任を負う。宇宙では神の神殿は自分自身だ。「争うべからず」と神の言葉にある。平和であるべきだ。

古いものはすべて今日で終わった、明日からは新しくなる。必要なことは私たちがすべて教える。

今日が「約束の日」だ。

人々は私のことを色々な名で呼ぶが、私は誰でもない。ただ、過去を統合し、過去と未来を繋げる者だ。もしも人類が和合できないなら、宇宙で生き延びることはできない。宇宙は平和な場所で憎しみや強欲の場ではない。

メッセージはとても明瞭なものだ。何かを企てようとする者にはそうさせておく。今日をもって敵はいないし、罰する事もしない。彼らは自らの魂をもって罰せられる。彼らの魂は次の段階に進むために罪を償おうとするだろう。私に対してではない、人類に対してだ。

オバマ大統領を始め、イラン、中国、日本の、そして世界中の指導者たちに告げる。私たちは平和のための機械をたくさん製造する。戦争のための機械造りを続けても、私たちの知識をもってすれば、それらは子供のオモチャのようなものになる。

周知のとおり、私たちはスペースシップ・テクノロジーの開発をする。政府が関与したくなくなければ、政府には頼らずに進める。これは平和な環境を推し進めたい人々の手によってなされる。銀行家や投資家には頼らない。

とても単純なことだ。今は革命のときではなく、憎しみと争いから平和と統合へと進化するときだ。たくさんの知識が無償で与えられるので、もう争う必要がないことを人々は知るだろう。

(転載終了)



Keshe flying car - 08/08/2012 公開


関連過去記事

★ケッシュ氏の身に危険について(3/16 インタビュー)
<< 作成日時 : 2014/03/17 17:30
http://mizu888.at.webry.info/201403/article_58.html


★3/15台湾政府とケシェ財団チームにより財団USBスティックの内容が全世界に公開されました
<< 作成日時 : 2014/03/16 10:51
http://mizu888.at.webry.info/201403/article_52.html


★テーマ「Keshe財団」の過去記事
http://mizu888.at.webry.info/theme/4270def2ba.html










テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ケッシュ氏:光は質量と運動量をもつ動的プラズマである/人間のRNAには魂の情報が含まれている 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる