旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 窮地に立たされるイスラエル/イギリス ガザのために立ち上がる人々

<<   作成日時 : 2014/08/05 19:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ガザ:夜明けの大虐殺転載元より翻訳) YouTube 14/7/26


転載元:シャンティフーラの時事ブログさんより抜粋
2014年7月8日 
イスラエルは、ガザ地区で軍事攻撃を開始

7月20日 
イスラエルは、地上戦を強化
ガザ市の人口密集地であるシェジャイヤ区は、激しい爆撃にさらされた

 ガザに対して目覚めているための良い動画を見つけました。映像ならではの緊迫感や切実感があり、人によっては閲覧注意になるかもしれませんが、人々が訴えようとしていることに耳を傾けることで、ガザの人々の実情を感じ取ることができると思います。祈りながら見ました。

 文字起こしの青字部分ですが、ガザの人たちは、イスラエルだけでなくアラブ諸国に対して激しい怒りを感じているようです。

“イスラエル人の前にアラブ人をまず罰したまえ。”と祈る住民も出てきます。
今回、私の拙い翻訳をチェック・修正していただいたYutikaさん提供のこちらの情報によると以下のような理由が考えられるかもしれません。

・虐殺に対する消極的な反応
・サウジアラビアの宗教指導者の沈黙
・サウジアラビアのサウード政権の消極的な態度
・イスラエルに対するアラブ諸国の協力等
(引用終了)


[イランラジオ他]窮地に立たされるイスラエル/イギリス ガザのために10万人が立ち上がる!
画像
画像の出典: ラジオイラン & 宇宙デビューに向けて

窮地に立たされるイスラエル
転載元) イランラジオ 14/7/31

キャラミー解説員

シオニスト政権イスラエルのガザでの犯罪が続けば続くほど、この邪悪な政権は、ますます、政治的、軍事的な窮地に追い込まれています。シオニスト政権軍は、今月8日からガザへの攻撃を開始し、世界の人々の目の前で、封鎖下にあるガザ地区で、明らかな大量虐殺を行っています。

ガザにおけるシオニストの犯罪は、女性や子供を含めたパレスチナ人の大量虐殺に至っています。シオニストは、パレスチナ人の子供たちをも攻撃の標的にしています。こうしたシオニスト政権のガザでの野蛮な行為により、これまでに少なくともパレスチナ人1400人が殉教、7700人以上が負傷しており、このことは人々の心を痛ませています。ガザでの明らかな大量虐殺にも拘わらず、国連などの国際機関は、この犯罪に対して具体的な対応を取ることができていません。

こうした国際機関の消極的な態度に関わらず、パレスチナ抵抗グループは、全力でシオニスト政権軍に立ち向かっています。ガザのシオニストの犯罪に対するパレスチナ抵抗グループのミサイルによる反撃と共に、世界の独立国は、パレスチナ人を支持し、反イスラエルの行動を取っています。チリ、ペルー、エルサルバドルは、ガザの住民への支持を表し、テルアビブから自国の大使を召還しました。この決定に対し、シオニスト政権の外務省は当惑をあらわしています。数日前にも、ブラジルとエクアドルが、自国のイスラエル大使を召還しました。ボリビアのモラレス大統領は、30日水曜、シオニスト政権のガザ地区に対する野蛮な攻撃に抗議し、イスラエルとの査証免除協定を破棄し、この政権を、「テロ政権」と呼びました。

シオニストのガザ攻撃により、この政権の政治家は、政治的にも軍事的にも窮地に立たされています。攻撃拡大に従い、この政権への政治的な圧力も強まっており、シオニスト政権は、これまで以上に国際的に孤立しています。

一部の中南米諸国のガザの住民への支持は評価に値するものですが、ガザにおけるシオニストの残虐性に注目すると、別の国々、特に人権擁護を訴える国の同様の措置も必要になっています。さらにこのような流れに、世界の人々の反イスラエルの声、ガザでのシオニストの犯罪への非難、世界におけるイスラエル排斥の動きの拡大を加えるべきでしょう。

シオニスト政権は軍事的にも窮地に立たされています。パレスチナ抵抗グループの攻撃でシオニストの兵士が死亡していること、シオニストの兵士がガザへの参戦を拒否していることで、この政権の政治家はこれまで以上に当惑しています。シオニスト政権軍は、兵士の士気の低下により、1万6000人の予備役兵を追加動員しました。アメリカも、シオニスト政権軍の前線を強化するため、シオニスト政権にアメリカの兵器庫を使用することを許可しています。

政治的、軍事的な変化が示しているのは、シオニスト政権は、世界で孤立すればするほど、ガザにおけるパレスチナグループに対抗する上で、軍事的にも、さらに苦しい立場に置かれていくということです。ガザ戦争におけるシオニストの兵士の実際の死者の数が、何よりもそのことを物語っています。


イギリス ガザのために10万人が立ち上がる!
(転載元より抜粋) ◆宇宙デビューに向けて◆(旧:2013年に向けて) 14/7/27

画像

東京から500人が祈り、炎で「GAZA」描き
2014.7.21 20:39
画像

東京都新宿区の公園で21日夜、イスラエルによるパレスチナ自治区ガザでの軍事作戦などに抗議する緊急集会があり、主催者側によると市民ら約500人が参加し、即時停戦を求めた。参加者らはキャンドルに灯をともし、パレスチナとイスラエル双方の犠牲者に祈りをささげた。

 NPO法人「日本国際ボランティアセンター」など十数団体が主催。イスラエルがガザの人口密集地に攻撃しパレスチナ武装勢力がロケット弾を無差別発射する状況を批判し「一般市民を意図的に標的にする行為は戦争犯罪」と訴えた。

 参加者はキャンドルを手にして並び、小さな炎で「GAZA(ガザ)」という文字をつくった。新宿区の会社員戸川詩織さん(26)は「ガザの人々は(世界から)見放されていると感じている。集会で私たちが見ているということを伝えられれば」と話した。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140721/trd14072120390012-n1.htmより

イギリスーーーーー!
British MP Stands up for #Gaza 100,000 show up

Published on Jul 26, 2014

同じくイギリス ロンドンーーーーーーーーー!
画像

ココはどこだと思う?フランス?ドイツ?オランダ?
シカゴだぜ〜!これだけの人がイスラエルの為に立ち上がってんだ!
画像

ニューヨーク ワシントン ロスアンジェルス ボストン
シカゴ フィラデルフィア ミネソタ プエルトルコ 
モントリオール オタワ ロンドン マンチェスター
トロント オランダ バーミンガム シェフィールド
ローマ ギリシャ ストックホルム スェーデン

画像

(転載終了)



イスラエルの犯罪に対する各国の反応
2014/08/02|ラジオイラン

現在、ニュースではシオニスト政権イスラエルのパレスチナ人への犯罪に対する、世界各国の抗議の高まりが伝えられています。この問題は、シオニスト政権はこれまで以上に孤立していることを示しています。

アメリカ・ニューヨークでは数千人の人々が1日金曜夕方、大規模なデモを行い、ガザにおけるシオニスト政権の犯罪を非難しました。この抗議デモは、コロンブス広場・CNNの本部ビルの前から始まり、その3時間後、マンハッタンのFOXニュースチャンネルのビルの前まで拡大しました。防衛手段を持たないガザの人々を支持するデモ隊はこのルートを選び、嘘を発信するアメリカのメディアに対して、抗議を表明しました。アメリカの人々はパレスチナの旗を持ち、シオニスト政権のパレスチナ占領と、アメリカのシオニスト政権に対する資金的な支援を停止するよう要請しました。ワシントンでも、シオニスト政権の犯罪とアメリカによる全面的な支援に反対する抗議運動が行われました。

フランスでも、パレスチナを支持し、シオニスト政権のガザ攻撃に反対する人々が抗議デモを行いました。彼らは1日金曜、フランス南部の都市ニースで、シオニスト政権のガザ攻撃に抗議しました。(全文



NYの正統ユダヤ教徒10万人が、政治国家イスラエルのガザ攻撃に猛抗議
2014/08/04|新井信介氏「京の風」より引用

覚えてくれ。ユダヤ人は、シオニスト(正確には、ジオニスト)じゃない。
Remember Jews aren't Zionists
https://twitter.com/DrBaha/status/494913852203479040

画像



ガザ地区のイスラエルの犯罪の新たな側面が明らかに
2014/08/04|ラジオイラン

人権擁護団体が、シオニスト政権イスラエルがガザ戦争で特殊兵器を使用していることを明らかにし、それによって犠牲者の遺体がばらばらになっているとしました。

ロンドン発行のアラビア語の新聞、アルクドゥス・アルアラビーが伝えたところによりますと、国際人権団体ヒューマンライツウォッチのヨーロッパ・地中海事務所の代表は、「イスラエルは、ガザ地区の人々に対する犯罪の中で、強力な爆発物を含む、癌を引き起こす非常に危険な兵器を使用しており、それにより、犠牲者の遺体は完全に破壊される」と語りました。

さらに、「ガザの医師団は、イスラエルの攻撃の犠牲者の遺体を引きとった後、イスラエルがこの戦争で使用している兵器が、遺体をばらばらにする種類のものであることに気づいた。これらのパレスチナの医師団は、このヨーロッパの組織への報告の中で、「イスラエルのガザへの軍事攻撃の負傷者の多くが、手や足などを失っており、この体の一部が切断された場所から、異常な高温によって切断され、切断面は完全に焼けてしまっていることがわかった。しかしこのどれ一つとして、遺体の切断につながるような爆弾の破片の跡は見つかっていない」としました。

さらに、「ガザの病院に移送された遺体の火傷の跡は激しく、骨まで到達している。傷は激しい火傷に加えて、体の一部がばらばらになっている」とされています。

シオニスト政権は28日前から、ガザの罪のない人々に対し、恐ろしい戦争を開始しています。この不平等な戦争でこれまでパレスチナ人1857人が殉教しており、このうち500人が子どもとなっています。負傷者の数も9700人をこえています。(転載終了)






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

窮地に立たされるイスラエル/イギリス ガザのために立ち上がる人々 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる