旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカの真実(6)アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略A

<<   作成日時 : 2014/07/31 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:世の中おかしい・・・さんより

アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略A



アメリカの真実(5)アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略@
<< 作成日時 : 2014/07/04 19:11
http://mizu888.at.webry.info/201407/article_17.html


概要:アイゼンハワー大統領の曾孫のローラ・アイゼンハワーが伝えるETによる地球侵略 << 作成日時 : 2014/04/16 08:14より
画像
地球が誕生する前から数々の宇宙戦争や天使の戦争が起きていました。地球が誕生すると同時にET(後に地球内部に移ったレプティリアン、ドラコニアン系のET、アヌンナキ)は地球をハイジャックし、人類を支配しはじめました。現在も様々な種族のETが地球を支配しています。
全文⇒http://mizu888.at.webry.info/201407/article_17.html



参考


ペーパークリップ作戦ウィキペディアより引用

  ペーパークリップ作戦(英:Operation Paperclip)は、第二次世界大戦末から終戦直後にかけてアメリカ軍がドイツの優秀な科学者をドイツからアメリカに連行した一連の作戦のコード名である。
  ペーパークリップ計画 (Project Paperclip) とも呼ばれる。1945年、統合参謀本部に統合諜報対象局 (Joint Intelligence Objectives Agency) が設けられ、この作戦に関する直接的な責任が与えられた。



宇宙人&UFO問題―なぜ米政府は真実を覆い隠す必要があったのか?
UFO墜落事件はいくつあったのか?

CIAは「宇宙人の存在を扱う目的」を表現するために作られたものだった
画像
(ウィリアム・クーパー氏の講演より)
 初期には、米空軍とCIAは「宇宙人の秘密をどのように完全にコントロールするか」訓練していました。米空軍は後に脱落しました。というのは、空軍の若い上官たちには海軍の力を超えるほどの政治力がなかったためです。
 事実、CIAは大統領戒厳令により宇宙人の存在を扱う目的を表現するために作られたものだったからです。後
に、国家安全保障法がCIAを設立しました。
 国家安全保障諮問委員会(National Security Council, NSC)が、国際情報機関を超越するために(特に宇宙人の飛行に関して)設立されました。公的な指導原則枠や国民政策に基づいて作られたものではありせん。
 事実、NSCはMJ−12の前身であったということができるでしょう。NSCとMJ−12の間にもう1つのグループがありました。これについては後で述べます。NSCのメモシリーズは、CIAの全仕事の除去、情報機関の招集等、ゆっくりだがすばやく以前の隠蔽行為や直接行動を法制化するための戒厳令でした
<< 作成日時 : 2014/05/31 03:06 >>
http://mizu888.at.webry.info/201405/article_100.html


CIAが極秘裏に実施していた洗脳実験
“MKウルトラ”=人の意識を破壊する秘密裏の洗脳実験

画像
MKウルトラ計画の驚くべき実験内容
 CIAが、国の名のもとで行った実験は、100件以上もあったといわれています。CIAが最も力を注いだのは、幻覚剤LSDの研究ですが、そのほかにも、生物学、脳内インプラント、催眠療法、薬物療法、電気ショックによる実験などが行われていました。
 MKウルトラに参加した研究者は、国内外合わせて数百人。彼らは朝鮮戦争での北朝鮮の洗脳技術や、ソ連の尋問テクニックをベースに研究を行っていたと思われます。科学者たちは、双方合意の下で互いにLSDを盛って、自ら人体実験を行っていましたが、それだけではデータが足りず、やがて実験を一般市民にまで広げていきます。
  主な対象者は、売春宿で働く女性や顧客、囚人、そして大学生たちでした。大半は知らぬ間に被験者にされていて、その被験者数は数百万人にも上るといわれています。実際に精神を破壊された人の数は計り知れません。
  実験の被害者の一人となった、カナダのリンダ・マクドナルドさんは、産後うつ状態になり、アラン記念研究所というところに入院しました。そこでは5ヶ月間で109回も電気ショックを受けさせられ、その結果、26歳までの記憶を抹消されました。マクドナルドさんは、自分が被験者にされたことを知らなかったそうです。
 そして、この類の「被験者=被害者」が、ほかにも数多く存在したことは、言うまでもないことです。
<< 作成日時 : 2013/07/14 11:44
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_36.html



関連過去記事


■アメリカの真実(4) アイゼンハワー元米国大統領はETと三回の秘密会談を行なっていた
<< 作成日時 : 2014/05/19 11:57
http://mizu888.at.webry.info/201405/article_64.html

■アメリカの真実(3) ケネディー大統領が読み上げようとしていたETディスクロージャー演説原稿
<< 作成日時 : 2014/05/19 11:55
http://mizu888.at.webry.info/201405/article_63.html

■アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB
<< 作成日時 : 2013/08/11 23:33
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

■アメリカの真実(1) 小文字と大文字の“すり替え”で作られたアメリカ合衆国会社
<< 作成日時 : 2014/05/19 11:53
http://mizu888.at.webry.info/201405/article_61.html

□テーマ「ディスクロージャー」の過去記事一覧
http://mizu888.at.webry.info/theme/b00cad1d61.html

□テーマ「2013年・CHD/UFO市民公聴会」の過去記事一覧
http://mizu888.at.webry.info/theme/59ca3bf264.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

アメリカの真実(6)アイゼンハワー大統領のひ孫が伝えるET侵略A 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる