旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 三足八咫烏(やたからす)、つまり日本の秘密結社「三足鳥」の背景を更新

<<   作成日時 : 2014/07/30 16:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:嗚呼、悲しいではないか!さんより

フルフォードレポート英語版(7/29)

三足八咫烏(やたからす)、
つまり日本の秘密結社「三足鳥」の背景を更新


読者への注意、今週は私の恒例のインターネットからの一カ月の休暇です。そんなわけで、8月25日までの編集では、時勢に無関係の出来事を報告します。

三足烏は日本の京都に拠点をもつ古代日本の秘密結社である。伝説は三足鳥が日本列島に最初の住民を導いたと言われている。このことから、三足烏は古代日本の神道において重要なシンボルとなっている。

この秘密結社の指導者たちはヤクザ暴力団や政治家他に指令を出すときは黒のマスクで顔を覆っている。加わえて、やたがらすに関連する特定の血統に属する人々は、政府にその出征を届けない。彼らはまたチベット仏教と密教神道に基づく教育を受けている。

この著者は皇帝のために用意されたやたがらす入会式につれて行かれた。日本の皇室は明治時代に植民地になってから、この式への出席を止めた。

この式に参加する誰もが白い着物に身を包んだ。祭主の神職の実がその白衣に紫色を身につけていた。紫は伝統的にローマ皇帝やエジプトのファラオに関連付けられることは興味深い。私が会った日本の皇室のメンバーはエジプトが起源だと主張している。そのことについては後で詳しく説明しますが、ここではその式典の話に戻りましょう。

式典には、われわれが古代テキストを唱えている間に、火花を出す火打石を使うことが含まれる。詠唱は天皇が近親相姦と社会的退化の別な形を強要される基本的社会規範を組み込んだものであった。詠唱の間、話された声が私に語りかけたのを聞いた:「あなたの祖先はここにいない。何をしに来たのだ?」私の答えは「私の祖先があなた達に行った悪いことを修正にきた」私がこれを経験している間に、この部屋にいた何人かは明るい白い光を見たと報告している。他の人は人々が合唱してお辞儀をする以外は何も見ていないと言った。私が経験したことは想像ではないと確信している。私に接触してきた「物」が私の答えを受け入れたと思っている。

この式が行われた研究機関を訪問している間、その場所を走り回っていた人々は数千年の間古代知識の世襲教師であると教えられた。教授は曼荼羅に基づいて行われる。曼荼羅は非常に多くの相互関連した絵で構成されており、学習するのに少なくとも2年かかる。

ここに、いくつかの曼荼羅とその研究機関へのリンクを示す。

http://ameblo.jp/kouya358/image-11611669326-12680387951.html

別の機会に、私はやたがらすによって京都で話をするよう招待された。私が京都のタクシー乗り場でタクシーに乗り込んだとき、運転手が彼のキーに三本烏をつけているのが目に入った。彼はそれは偶然だと言った。また京都へ行く前に、心の底から誠実と正直を意味する「誠」の文字をつけた伝統的日本の上着を買うよう、創価学会仏教派に関連する人に頼まれた。これは明治時代の日本の植民地化と戦った最後のグループである新鮮組が使っていたシンボルである。

創価学会は日本の連立内閣にいる公明党の背後にいる。彼らは日本の警察を支配し、日本の軍隊の中に大きな存在感を持っている。彼らはキリスト教から仏教を守るための努力の一環として、貧困や苦しみを救うといった一神教の側面を担う日蓮仏教学校とつながっている。

もうひとつの出会いはやたがらすと共に東京の井の頭公園に住む老紳士との接触を通して訪れた。彼は自然に近づくために公園に住むことを選んだ退官教授である。彼は公園のすべてのカラスを知っており、彼らは5つの部族に分かれていると言った。彼は各部族のリーダーを認識している。彼はまた、どの部族にも属さない一匹のカラスを助け保護した。

彼はまたキングフィッシャー(北米産テン)とコミュニケーションが取れるようである。彼は私に、とりは花嫁を探すことができず、直ちに次を探しに離れてゆくと言った。そう私に言った直後、鳥はいつもの場所に現れて止まった。

このような自然界との深いつながりと非人間の生き物とコミュニケーションする能力は神道の古代知識の基本的部分である。ある者はテレパシーで鷹の心にアクセスすることで非常な高度から見るために鷹を使えると主張している。

私が会ったある人は、厄介な離婚を終えた叔母は古代の呪いを使って元夫を殺そうと決心したと主張している。これらの主張をしたこれらの人々は、半貴石タイガーの目に似た黄色の目をしている。その湯女人々を科学的に調べて、彼らが我々が見えない電磁スペクトルの部分を見る能力があるかどうか調べる湖とは興味ある。

別な機会に私は、女王アマテラスを呼び出す儀式への参加へ招待を受けた。

http://en.wikipedia.org/wiki/Amaterasu

参加者すべてが未知の書き込みで覆われた黄色のヘアバンドを身につけ、唱えていた。ある時点で私は非常に独特の声の女性の声を聞いた。彼女は恥ずかしがり屋なので顔は見せなかったが、日本人は行儀良くして欲しいと言った。再び多くの人がこの声を聞いたと主張したが、そこにいた私の友人の一人は何も聞こえなかった。

日本の王室がその起源がエジプトであると主張することについて興味あることは、彼らはP2フリーメーソンやイルミナティが行うように古代欧州/エジプト/バビロニアカルトと同じ方法で多くの「物」を呼び出す特定の儀式をやっている。

日本の神道もまた古代エジプトで廃れたある種の儀式を行う。例えば、古代エジプトでは派手な神社は寺の中に保管されており、年に一度引き出されて、再び戻される前に周りをパレードする。ペルシャ帝国がエジプトに侵攻しすべての神社を破壊したとき、この行為は終了した。日本は未だこの儀式を実行しています。カソリック教徒もまた行っている。

それについて考えてみれば、理にかなっている。エジプトのファラオは多くの妻と多くの子供を持っているが、王位を継承できるのはただ一人である。多くの若い息子たちは彼ら自身の王国を発見するために努力を数百の支持者と共に取り組まなけれならない。彼らの一部は日本で終わったように思える。彼らは古代の非科学的魔術で生き続けた。私は科学的方法で訓練されてきたので、この厳密な科学的調査を見ることは大変好ましい。

(転載終了)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

三足八咫烏(やたからす)、つまり日本の秘密結社「三足鳥」の背景を更新 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる