旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS フルフォード情報7/22:ブッシュJRとネタニヤフとナチシオニストの幹部の逮捕は間近である

<<   作成日時 : 2014/07/23 16:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:嗚呼、悲しいではないか!さんより

ブッシュJRとネタニヤフとナチシオニストの幹部の逮捕は間近である

ジョージ・ブッシュ・ジュニアとベンジャミン・ネタニヤフおよびその仲間の徒党といったナチ・シオニスト大量殺人者の逮捕は目の前であると、モサド他の情報筋は言う。これらの犯罪者とその仲間の徒党幹部たちはすでに180ヶ国以上の国へ渡航が禁止されており、まもなく独房の外へ出ることを禁止されるはずだと、情報筋は言う。

遠隔操作されたイスラエル所有のいわゆるマレーシア航空MH17便の死体と分裂した体で満たされた墜落は、ナチ・シオニストにはあまりにも大きな汚いトリックとなった。そして彼らに対する転機が今世界の秘密機関と政府の中に浸透したと複数の情報筋は言う。

我々がシリアで最初に見たものを、今ウクライナで見られる。戦争を始めるために作られた事件を使うことに失敗した。ナチ・シオニストはシリアで市民にサリンガス攻撃を行い、今ウクライナでHIV研究者の死体であり、それを米軍を攻撃に騙すために使った。今回のウクライナだけは、シリアのケース以上に、誰も引っかからない。

我々はこのことを、ナチ・シオニスト支配の統合喧伝メディアの「ロシア攻撃のPRキャンペーンの中に見ることができる。例えば、英ナチ・シオニスト首相デイビットキャメロンは独首相アンゲラ・メルケルとフランス大統領にロシアのウラジミール・プーチンに対するさらなる制裁を求めたが、M15情報筋によると、これはただの宣伝スタントだそうである。キャメロンはナチ・シオニストメディアに彼のコカイン常用癖と彼の妻のヘロイン中毒を公表するぞと脅しによって脅迫されたので、そうせざるを得なかったと情報筋は続けた。。

いずれにしろ、過去にナチ・シオニスト傀儡首導者と統合喧伝メディアによる公的キャンペーン等は差し迫る軍事行動を大衆に受け入れさせる為に調整用に使われた。だから今は、それを誰も買わない。軍はそれに対する入札の準備さえしていないし、雇われた馬鹿者どものほとんどさえ彼らの言うことを聞くのを止めてしまった

さらには、インターネットとロシアを中傷するナチ・シオニストのキャンペーンの社会的メディアの部分は全滅しているとM15と他の期間の情報筋は言う。例えば、反政府勢力とロシアの凶暴の証拠として提出されたyoutubeは撃墜以前からの日付になっており、ウクライナのスペイン航空管制官のtweetsは実際はロンドンから発せられており、インターネットのプーチン暗殺陰謀は嘘であった(プーチンはウクライナ上空を非常に賢く通過)、そして航空機が撃墜されるところを示したファイルムは昼間のものであったが、航空機は夜に撃墜されたと思われる。彼らはまったく計画を失った。

マレーシア航空機事件はすべて国務省外で管理されており、ランド社によるものだと、CIA情報筋は言う。

今ドイツとフランスはワシントンDCとテルアビブの外で行われているナチ・シオニスト・スタントにうんざりしており、彼らはBRICS同盟に加わることを決めていると欧州のCIA情報筋は言う。ドイツとフランスは政府内のナチ・シオニスト代理人を組織的に排除した。

そして、良い理由がある。死体置き場の離れ業による体で満たされた偽のマレーシア航空機は、徒党支配の世銀とIMFを迂回する手段としての開発銀行と金融安定化基金を設立したと言うBRICSによる先週の発表に対するナチシオニストの応答である。それについて考えてみよう、ここに平和的に経済インフラを設立する計画を発表した188ヶ国以上に指示されたグループがあり、米国とイスラエルのナチシオニスト傀儡政府が航空機を打ち落とすことで反応した?ん?

他の理由としては、ガザに残忍行為をする為とか、米国内の嘘の移民危機をくみ上げ続けるためが考えられる。

また、WDSは先週、これらのナチシオニスト凶悪犯による全く新たな連続脅威について送られていた。最新の脅威によれば、第三次世界大戦は始まった。米軍はロシアを侵略する準備ができている。等である。それを全く信じてはいけません。以前にも言ったように、ロシア、中国、米国とその他の国々の軍隊は次の世界大戦の開始に決して騙されないと合意している。

また、ムスリム同胞団をISISとして再ブランドするキャンペーンは、エルサレム経由でISISから出てきたかってないほど奇妙な声明が冗談であったように、ばらばらになっている。例えば、このリンクをチェックしてみてください。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/iraq/10971080/Jihadi-Vogue-magazine-lampoons-Iraqs-Islamic-State-warriors.html

我々が目撃していることは、ナチシオニストにとって明らかにゲーム終了である。ここで、世界権力のトップレベルからこれラン精神異常の殺人者を失脚させるキャンペーンで怒る大きな変化のいくつかを纏めてみましょう。

オランダ女王にスペインとベルギーの国王の辞任
ウォーバーグ家の家族の自殺
リチャード・ロックフェラーは死んだ
Jロックフェラー上院議員の辞任
マレディクト法王の辞任
200人のナチ米軍将校の解雇
前フランス大統領サルコジの逮捕
先週の英国での小児性愛者660人の逮捕
バチカンもまた400人以上の小児性愛者の解雇と引き続きカソリック協会の排除
徒党が世界の主導者を買収する為に使っていたバチカン銀行は3,000以上の口座を閉鎖
(一部ダブっていると思いますが、私の判断で省略しました)

我々はまた先週、主要な事前団体の情報源から先週Eメールを受け取り、それによると「ブッシュ・シニアは食中毒で金曜日に死んだ。悪い魚だと聞いた」。これは彼の個人的セキュリティによって確認されている。今週のいつか、このニュースを発信しなければならない。しかし、結果的には彼の家族が住む近くの地方紙に写真が載せられた。(ガッセだった?)

http://www.seacoastonline.com/articles/20140715-NEWS-140719848

画像写真では、ナチシオニスト総統ブッシュ・シニアは、彼はそうでもないのに、もうろくした年寄りを演じる彼の古いトリックに頼っているように見える。ブッシュは惨めなボケ老人のふりをすることで逮捕を避けようとはしないので、彼は正義に直面するだろうし、それを期待することができる。

ナチシオニストの合衆国ステルス略奪が徐々に明らかになっているが、それは今は止められない道を続けてゆく。イスラエルといったシオニストによる洗脳奴隷植民地もまた開放されるだろう。もしいわゆるユダヤ(19世紀までその言葉はなかった)がバビロンの歴史を勉強したら、割礼は奴隷レースに敗北した男にされたものであることが分かる。古代ユダヤから来たと考えるよう洗脳されてきた欧州人も解放されえるだろう。世界全体はバビロンの債務奴隷から解放される過程に沿ってうまく行く。

夏の小康状態の後の秋に、多くのことが進むと期待される。希望的には、我々がそれを強く推し進めれば、我々は最終的にはベルリンの壁の崩壊やバビロン連邦政府の聖塔の崩壊のようなこと事件が米国で起こるであろう。(去年も損なようなことを言っていたと思うが、、、、)

(転載終了)



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

フルフォード情報7/22:ブッシュJRとネタニヤフとナチシオニストの幹部の逮捕は間近である 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる