旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 加速する地球の大掃除 (追記:仏検察、『汚職と権力乱用』 でサルコジ前大統領を訴追/7/2)

<<   作成日時 : 2014/07/02 14:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0





転載元:唖蝉坊の日記さんより

加速する地球の大掃除

◇フランスの前大統領ニコラ・サルコジが身柄拘束されたという。フランスのサルコジ前大統領が、7年前の大統領選挙で、みずからの陣営が選挙資金を受け取ったとされる事件に関して、捜査関係者から情報を違法に受け取った疑いなどで身柄を拘束されました。フランスの大統領経験者が身柄を拘束されるのは前代未聞だそうです。

画像

いよいよ世界を闇に包んでいた支配層の解体が加速しているようです。2000年もの長きに渡って人類を支配し続けてきたキリスト教の総本山「バチカン」も解体の危機に瀕しているようです。

ケヴィン・アネットの特別拘留部隊が法王の辞任を 求めるために行動中
 2014年6月29日


◇いま法王フランシスはバチカン内の悪党退治に躍起になっているのになぜ罷免する必要があるのでしょうか?

法王フランシスについて、マシュー君は次のように言っています。

画像

多くの人が私に、世界中の数百万の人たちの考えを占めている法王フランシスについてのコメントを要請してきましたが、喜んでこれにお答えしましょう。

彼の謙虚さは、行動ではなく、カソリック教会を救済することは出来ません。彼はクローンではなく、又、そうなることはないでしょう。

イルミナティーのクローンセンターはあなた方の間にいるほかの文明から来たボランティアによって閉鎖されました。

彼のバチカンにおける仲間や外部にいるある者のように、法王フランシスは大衆から見えないように隠されている状況を良く知っていて、最も不信心な、バチカンという隠れ蓑の中の悪魔主義の国際本部を終わりにせざるを得ないと感じる善良さを持っています。

光の強化が進んでいるので、この終末は本当にやってきますが、バチカンの壁の中に存在するこの極悪非道の状況を世界に知らせることには絶対に反対する者たちを無視するだけの能力をこの法王が持っているとしたら、この終末は当分の間見られないでしょう。

彼らが開示したくないその他の情報は、彼らが磔と再生のような聖書の部分は作られたものであり、記録の他の部分が戦略的に抹消されていた、という古代の記録です。

”神の支配”は初期の教会指導者たちが大衆を支配し、個人的な富を得るために考え出されたものであり、後世では、バチカン内部の華やかなスタイルに役立つように他の教義が追加されたということを、彼らは世界に知られたくないのです。彼らは又、第二次世界大戦中に盗み出された芸術作品の大規模な資産を隠しておきたいと思っています。

法王フランシスは、この情報を開示するだけの道徳的な勇気を持っていますが、繰り返しますが、強い反対があれば、彼が決断をしたとしても、開示は出来ないでしょう。


◇バチカンもいよいよ終るのかもしれません。

オランダやスペインでは王室の世代交代が進んでいますが、終身女王だとされるエリザベスも、大勢の子どもの儀式殺人の主犯だと言う事が暴かれるなら無事では済まないでしょう。

アメリカでは9,11事件の陰謀が明るみに出ているのに、ブッシュやチエイニーなどネオコン犯罪グループの逮捕はなかなか進んでいません。

一方アメリカの衰退に付け込み、世界を恫喝する中国ですが、ここでも悪党どもの大掃除が進んでいるようです。

中国で進む汚職取り締まり、大物に続々調査のメス―米メディア

2014年6月30日、世界で最も多い兵士数を誇る中国軍のナンバー2、徐才厚(シュー・ツァイホウ)元大将が汚職の罪で軍事法廷に送られることになった。米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語版が伝えた。

画像

徐元大将は去年退職しているが、在職中に職務を利用し他人を昇進させ見返りに賄賂を受け取ったとして、ここ数カ月は事実上の軟禁状態にあった。中国指導部が推進している汚職取り締まりで処分された者の中で最も職位が高い。

また中国メディアによると、徐元大将のほか国家資産管理委員会元主任、公安部元副部長、石油天然ガス会社の元副社長も党籍をはく奪された。

3人は反汚職取り締まりの大本命とみられている前中国共産党中央政治局常務委員の周永康(ジョウ・ヨンカン)氏と近い関係にあるとされる。周氏本人も現在拘束されているとみられるが、まだ公式な発表はされていない。(翻訳・編集/YM)

http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=4925359


(関連情報)

• 周永康氏側近も党籍剥奪=本人の調査に弾み―中国 (時事通信社)6/30 21:35

• 広州市トップ解任=汚職疑惑か―中国 (時事通信社)6/27 20:12

• 中国、政協副主席を解任 (ロイター) 6/26 12:36

• 中国、予算監査で新華社や人民銀行の問題も指摘 (ロイター)6/26 12:03

• 国家幹部の犯罪、143億円を不正蓄財か・・・発改委・劉鉄男前副主任 (サーチナ)6/24 13:13


◇江沢民一派を排除出来たら、中国も少しはましな国になるのではないかという気がします。

◇よその国のことはともかく、日本でも大掃除されねばならない輩が山ほどいます。名指しはしませんが・・・

(転載終了)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

加速する地球の大掃除 (追記:仏検察、『汚職と権力乱用』 でサルコジ前大統領を訴追/7/2) 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる