旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS まだ続く、悪魔への儀式殺人/儀式目的で虐待のアフリカの子どもたち、英に多数 国連委が警告(報道)

<<   作成日時 : 2014/06/23 14:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:唖蝉坊の日記さんより

まだ続く、悪魔への儀式殺人

◇ローマ法王ベネデイクト16世が異例の引退で発覚したことは、永年バチカンで枢機卿らによる児童虐待が続いていたと言う事で、多くの聖職者が破門されたり追放されたりしているようです。日本では性的虐待と言う具合に報道されているようですが、実はこれはイルミナティが信仰するルシファーやその眷属に生贄をささげる儀式殺人でした。

画像

画像

画像

最近英国国教会の裏庭で大量の子供の骨が見つかったと言うニュースがありましたが、これはエリザベス・ウインザーを頭とするレプテリアンたちが悪魔に捧げた犠牲者のものです。

英国国教会とバチカンは袂を分けていましたが、最近はベネディクト16世とエリザベス女王はバチカン内のイエズス会に巣食うサタニストと連携して、組織的な儀式殺人を行っていたのです。

画像

画像

英国国教会の寄宿学校での殺人英国国教会とバチカンにより運営されていたことが発覚し、国連の人権委員会が警告を発したそうですが、最近ではアフリカ当たりまで出かけて生贄を輸入していたようです。


儀式目的で虐待のアフリカの子どもたち、英に多数 国連委が警告

【AFP=時事】国連(UN)の子どもの権利委員会(Committee on the Rights of the Child、CRC)はこのほど、アフリカの子どもたちが数百人規模で誘拐されて英国に連行され、英国で残虐な宗教的儀式に使われていると発表し、英国政府にこの悲惨な問題の対策により力を入れるよう要請した。

 ノルウェー最高裁元判事で同委員会のカーステン・サンドバーグ(Kirsten Sandberg)委員長は、「誘拐された数百人のアフリカの子どもたちが、宗教儀式のために英国、特にロンドン(London)に連れて来られているという報道に憂慮している」と表明。「子どもたちはいわゆるブードゥー教の儀式に使われている。レイプや性的虐待も受けているが、摘発数は極めて少ない」と指摘した。

 英警察は過去10年間に、魔術的な儀式の最中に拷問や虐待が行われたケースを多数確認しているとされる。この問題が注目されるようになったきっかけは、2000年にコートジボワール出身のビクトリア・クリンビー(Victoria Climbie)ちゃん(当時8)が、親族から魔女とみなされ殺害された事件だ。この事件の加害者らには終身刑が言い渡されている。

 その1年後、やはり儀式で殺されたとみられるナイジェリア出身の少年の遺体が首都を流れるテムズ川(River Thames)で切断された状態で見つかった他、2010年にも、呪われているとして15歳の少年が親族から虐待を受け死亡している。

 サンドバーグ氏は、儀式目的の子どもの人身売買はより大きな問題の一部にすぎず、毎年何千人もの未成年者らが性的搾取や労働のために英国に連れて来られていると訴えている。
【翻訳編集】AFPBB News
http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=4823079


◇2011年9月13日、カトリック聖職者による性的虐待問題で、被害者を支援する人権団体が、ローマ法王ベネディクト16世とバチカン幹部が性的虐待を容認したとして、国際刑事裁判所に告訴するという事件がありました。これは、性的虐待を容認していたのではなく、自ら積極的に儀式を行っていたということであり、性的虐待ではなく儀式殺人なのです。

◇被害者を支援する人権団体はオランダのハーグの国際刑事裁判所(ICC)に告訴しています。この問題が国際的な司法手続きの場に提起されたのは初めてだそうです。

訴えたのはニューヨークなどに拠点を置く被害者の支援団体で、団体の弁護士は、「そのほとんどが子どもである何万人もの犠牲者に対する犯罪が、バチカンの最も高い地位にいる関係者によって隠蔽された」と語ったそうですが、バチカン市国がICCの司法権を承認していないことから、実際に立件される可能性は低いとみられています。

◇ベネディクト16世が、前例のない引退を発表したのも、化けの皮が剥がされる前に引退と言う形で逃げたのです。世界に12億の信者を持つカトリックの総本山バチカンは、イグナチオ・ロヨラやフランシスコ・ザビエルがイエズス会を開いた時から、神の館ではなく悪魔の巣窟に替えられてしまったのです。

◇歴代法王がそれを暴こうとすると、暗殺されるという恐怖館と化したバチカンですが、現法王フランシスコもイエズス会派です。儀式殺人や性的虐待に関与した者は容赦なく処分しているようですが、悪魔に乗っ取られたバチカンの浄化や改革は無理でしょう。

画像

◇彼は自分の今後について、次のように語っっています「寿命が延び、われわれは物事をそれまで通りにやっていけなくなる年齢まで生きるようになった。私も前法王に倣うつもりだ。その時がいつ来るのかお示しになり、どう行動すべきか教えて下さるよう神に祈る。神は必ず、それらを知らせてくれるだろう」と・・・

◇乙に気取って紳士面をして来た英国が、実は悪魔崇拝のレプトイドの棲家だったなんて話を信じる人は、恐らく人類の10%もいないでしょう。だから、人権団体等の告発を受けても全く痛痒を感じることなく、しぶとく生き延び、人類を根絶やしにして地球を悪魔に捧げようとしているのです。現在、悪魔の力は神の力より強く働いていますが、長い目で見れば創造主のご意思には勝てないのでいずれは彼等も滅びる時が来ます。

The queen of the illuminati and head of the satanic committee of 30


STRANGE ROTHSCHILD OCCULT PARTY IMAGES EXPOSE


◇ザ・ビートルズはイルミナティの広告塔としてデビューしたのですが、それを窺わせるのがこのジャケットです。まさか死体を出すわけにいかないので、人形をバラして儀式殺人のシンボルにしています。

画像

(転載終了)



関連


ローマ法王が警告 『もうじき世界経済が崩壊する』 
〜バチカンは全てのミサ取りやめたと発表
画像
<< 作成日時 : 2014/06/20 13:10
http://mizu888.at.webry.info/201406/article_79.html


2014/6/16:ケッシュ氏、バチカンに平和会議招待状を届ける
(会合は6月30日の予定)
画像
ケッシュ氏は世界の宗教指導者に、平和を確立するための会合を開くようにと呼びかけ、6月16日、それに基づき、ローマ法王への招待状を届けるためバチカンを訪れた。
<< 作成日時 : 2014/06/18 01:12
http://mizu888.at.webry.info/201406/article_72.html







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

まだ続く、悪魔への儀式殺人/儀式目的で虐待のアフリカの子どもたち、英に多数 国連委が警告(報道) 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる