旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS フルフォード情報6/16:ウクライナ・中東の混乱、世界リーダー達による会議…全ての流れは関連している

<<   作成日時 : 2014/06/18 15:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:嗚呼、悲しいではないか!さんより

6/16フルフォードレポート英語版
世界のリーダーたちによる全ての緊急の会議はなにか重要な発表に繋がるのでしょうか?

ウクライナの混乱のような一見無関係な事件は中東の新しい国の台頭となかなか終了しない世界リーダーたちの会合の流れは全て関連しており、なにか世界を転換する出来事へ導いている。その出来事とは全く異なる、より慈悲的なこの地球を運営する方法の発表と思われる。

例えば、イラクとシリアあるいはISISにおけるイスラム国の台頭はクルドの事実上の新国家と合わせて、グノーシス・イルミナティと白龍会の間で、植民地と第一次世界大戦後イギリスとフランスで引かれた無神経なサイクス・ピコ境界を削除することに到った合意に反映されている。この進行中のプロセスの最終結果は全イスラム帝国または緩やかなスンニ派国家の連合と思われる。また南部イラクのような場所で、イランあるいはペルシャ帝国がシーア派の土地に伸長することが予想されている。理想的にはスンニ派とシーア派は1334年間に及ぶ手斧を埋めて友好関係を始めるべきである。地域の歴史や民族性に基づいて新しい機構の前に多くの混乱があるでしょうが、異なるグループが優位性を求めて争うが、収まるところへ収まる。

ウクライナで現在頂点に達している状況は大方、ロシアと欧州をある新しい合意へ強制する動きの様に見え始めている。このニュースレターを発行する頃、ロシアはウクライナへガスを遮断すると発表するだろう。

参考:
ロシアがウクライナへのガス供給停止、欧州向けは継続
2014年 06月 16日 22:12 JST|ロイター
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0ER0JI20140616


彼らがそうすると、ウクライナやウクライナの傭兵軍にとってガスがドイツやフランスへ行かないようにすることが次に戦術的動きになる。これは欧州はガス供給を止められ、ロシアも多額の金を失うことになる。

それがロシアがウクライナの日本軍の存在を報告する理由です。彼らはガス供給を停止を実行する為に、戦闘宣言をしていない米国とともにある。(日本と米国がガス停止を止めてはいないということ?)

これは瀬戸際政策の危険な形であり、それが米国はウクライナの傭兵軍とは無関係を装っている理由です。もしアメリカ人がそれを公表したら、彼らはガス供給を止めるためにウクライナで戦っていることになる。従ってそれはロシア、ドイツとフランスに対して同時に戦争宣言をすることと同じである。これは少なくともNATOの終焉を意味する。

結末はやはり、ウクライナのロシア語圏を包含するロシアの境界を再線引きする事になりそうである。また事が収まる前に、東欧における影響力に対してドイツとロシアで押し問答がありそうである。

ユーゴスラビアの解体に繋がりNATOに関連する多くの未解決問題が依然残るセルビアは引火点になるかもしれない。基本的に中立なユーゴスラビアであった部分に関して、ドイツとロシアは綱引きをしようとしている。

一方、欧州の中心重力がロシアとドイツに移行する中で、フランスと英国はその独立性を再主張するものと思われる。これはすでに直近の欧州選挙においてフランスと英国の反EUの結果に見られる。

中東と欧州におけるこのようは大きな地政学的動きは、多くの欧州王室、北米王室と国家首脳会議に引き続くG7緊急会議に引き続く先週終了した直近のビルダーバーグ会議の主要テーマであったことは疑いようがない。

このようなことが起こっているのに、新興新聞を含む西側新聞は西側の事件に圧倒されて、今週週末ボリビアで始まった133カ国会議を無視した。

http://www.g77.org/doc/members.html

これらの国々は世界の国の2/3に達しており、この地球をどう運営するかという重要なパラダイムチェンジを唱えている。

http://voiceofrussia.com/news/2014_06_15/Bolivian-leader-Evo-Morales-urges-to-dissolve-UN-Security-Council-media-5441/

そのグループのメンバーは西側から植民地主義や資源強姦・略奪に苦しめられてきた国々であり、今ロシアと中国に助けを求めていることは注目に値する。

強姦や略奪について言えば、イスラム教徒のふりをする悪魔集団によってキリスト教徒の虐殺について多くの証拠が出てきている。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_massacres_in_Nigeria

http://news.biharprabha.com/2014/05/over-200-killed-in-boko-haram-led-attack-in-nigerian-town/

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/nigeria/10642979/Boko-Haram-kill-over-100-in-village-massacre.html

http://therightscoop.com/150-christians-massacred-by-jihadi-muslims-last-night-while-they-slept/

http://ivn.us/2014/04/15/muslims-christians-modern-religious-war-genocide/

先週のこの手紙における写真は別の事件の物ではあるが、徒党が一つの宗教を作る為のキャンペーンの一環としてアフリカで宗教戦争を始めようとしているのは明らかだ。

一方、英国は133ヶ国とそのような他の国のように大々的に中国に手を伸ばしている。中国No.2の李克強は強力な李一族の代表でもあるが、今週ある重要な交渉の為にロンドンに行く。

参考:
英中首脳が会談、金融・エネルギー等で235億ドルの商談成立 
2014年 06月 18日 07:09 JST|ロイター
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0ES2YQ20140617


中国の投資に飢える英国は多くの高度技術を中国に渡し、原子力発電所、北海油田や英国の高速鉄道を所有を認めている。

ジャーディン・マシソン・アヘン戦争一族のジェームス・サッスーンが英国通信に話した。「中国人は、原子力発電所の要は敏感なものへの投資を許してくれる大きな経済圏は世界の他のどこにもないことを十分理解している」と。

http://www.telegraph.co.uk/finance/businesslatestnews/10901635/UK-poised-to-push-for-more-Chinese-investment.html

李はまた300人委員会のトップであるエリザベス女王とも会談する。儀式以上の何かを含む会談になることは疑いがない。我々のM15情報源はこの会議で新金融システムが議論の話題になるだろうと言う。

中国人とアジア人は一般にWDSに、西側特にFRBを所有するファミリに忍耐が欠けていると言う。

13日の金曜日、夏至に最も近い満月の日、極度にオカルトの象徴の日にデイビット・ロックフェラーの息子リチャード・ロックフェラーが飛行機事故で死んだことは偶然ではあり得ないことに注意しなければならない。

参考:
リチャード・ロックフェラー氏が墜落死 NY市郊外で小型機操縦、石油王のひ孫
http://matome.naver.jp/odai/2140278384939426201


これはこの事故に関してM15が言ったことです。「パイパーは離陸後約10分で事故発生、そのことは加圧高度に達していたことを意味している。いかなる問題はパイロットの酸欠を引き起こした可能性がある。燃料カットと爆発に並んで、確実な航空機破壊方法である。

白龍会はこの事故に関して全く関与していない。デイビット・ロックフェラーとその家族に対して哀悼の意を表します。

しかし、CIA情報筋は一般論として、全ての上級徒党メンバーがターゲットであると言っている。

(転載終了)


関連

ウクライナでガスパイプライン爆発(2014/06/18|ロシアの声)
ウクライナ・ポルタヴァ州 ロフヴィツァで、ロシア産ガスを欧州に輸送しているガスパイプライン「ウレンゴイ・ポマリ・ウズゴロド」が爆発した。ウクライナの通信社112.uaが、内務省ポルタヴァ州支部広報部の情報を引用して伝えた。
http://japanese.ruvr.ru/2014_06_18/273648593/

米 イラクで空から攻撃も選択肢(2014/06/17|NHK)
イラクで、政府軍と国際テロ組織アルカイダ系の勢力との戦闘が激しさを増すなか、アメリカのケリー国務長官は、無人機などを使った空からの攻撃も選択肢の一つだとして、イラクの政府軍への支援策の検討を進めていることを明らかにしました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140617/k10015272711000.html







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

フルフォード情報6/16:ウクライナ・中東の混乱、世界リーダー達による会議…全ての流れは関連している 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる