旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS グローバルな米国の監視から自分達を守る措置を講ずる世界各国+世界最強の盗聴機関 エシュロンについて

<<   作成日時 : 2014/06/11 09:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:2014/06/09|ロシアの声さんより

グローバルな米国の監視から自分達を守る措置を講ずる世界各国

画像
© Collage: The Voice of Russia

米国の特務機関は、ロシアのヴィタリイ・チュルキン国連大使の電話を盗聴している。これに関連して、チュルキン大使は「あらゆる極秘、機密の会話は、ロシア代表部の特別室で行われる事になる」と伝えた。


昨年6月初め、元CIA職員エドワード・スノーデン氏は、マスコミに、米国家安全保障局(NSA)のグローバル監視プログラムに関する情報を暴露した。その対象は全世界の市民に及んでおり、明らかにされたデータによれば、NSAは潜在的テロリストや犯罪者ばかりでなく、各国首脳の電話まで盗聴していることが分かった。

6月、国連安全保障理事会の議長国がロシアに移った。現在チュルキン氏は、ロシアの国連大使ばかりでなく、安保理事会議長の職も努めなければならない。しかしそんな状態でも、彼には、職務上の極秘会話やプライバシーの保証がない。

チュルキン大使は「米国の特務機関が、私の電話を盗聴している事は現実であり、これにはもう大分前に慣れた」と述べている―

「私にとって、これは今に始まった事ではない。盗聴は、私に全く影響がない。私の携帯電話が盗聴されている事は、完全に確かだ。ただ我々の代表部には、秘密の部屋があり、そこで同僚達と何かの問題を誰にも聞かれず話し合う事ができる。他の場合は、会話は聞かれていると考えている。」

経験豊かな外交官、ましてチュルキン氏のように米国との「冷戦」時代から長年第一線で働く外交官なら、そうした状況は普通であり予想できるだろう。しかし米国の西側同盟国にとっては、盗聴は驚きであり、極めて不快なものだった。

1年前スノーデン氏は、NSAの監視プログラムの情報を、マスコミを通じ世界中の人々に暴露した。パリもベルリンも、ワシントンに対し説明を求めた。先週の木曜日、ドイツ検察は、NSAがメルケル首相の電話を盗聴した事件について予備調査を行うと発表した。これに対し米政府側は、スノーデン氏の情報が、米国と同盟国の関係を損なっている事に遺憾の意を示したが、米独間でスパイ行為禁止に関する条約を結ぶ事は拒否した。そしてNSAが収集した、電話録音も含めた首相に関するプライベートな情報を含むファイルは、メルケル首相自身にさえ示されなかった。

これについて、情報戦の専門家イーゴリ・ネジダノフ氏は「個人データや極秘情報の収集は、米国の切り札だ。それゆえ、米国が悔い改めたり、国外での不法な監視プログラムを止めると期待するのは、余りに単純過ぎる」と指摘し、次のように続けた―

「米国は、あらゆる情報のコントロールを企てている。理想的なバリエーションは、すべてのコントールだ。その達成は、かなり困難だ。巨額の資金が必要だからだ。しかしそれでも実現は可能だ。すべては通信傍受システム『エシェロン(Echelon)』から始まった。その後は、スノーデン氏が話したPRISMだ。これはすべて、米国の利益のためにグローバルな情報を集める一つの大きなシステムの個別のエレメントである。言うまでもなく、産業スパイ用のものもある。『エシェロン(Echelon)』の場合、同盟国が持っているものも含め、商業上の情報が米国企業などに流れ、彼らが競争において非常な優位に立てたという事実が知られている。」

ロシア市民を、グローバルな監視から守るために、少なくとも、インターネットにおいては、大統領府付属の作業チームが、様々な措置を作成した。特に.RUや.РФといったドメインサーバーは、ロシア国外で割り当てられることはない。地域や地方のデータネットワークが外国のインターネット・ネットワークに参加する事も、今後禁じられるだろう。

同様の措置は、他の国々でも作成され講じられている。つい最近中国の国営企業は、IBM, Oracle そして Ciscoといった世界的企業が中国の技術をサポートするのを断ったが、これは米国企業が、自分達の政府のスパイ活動を支援しており、中国のサイバー安全保障上の脅威となりつつあるからである。

(転載終了)





参考過去記事


世界最強の盗聴機関 「エシュロン」:
その通信傍受(盗聴)システムは政府が公式に認めたことはない

<< 作成日時 : 2013/05/27 14:51 より再掲
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_121.html

画像














△英空軍メンウィズヒル基地
出典: ウィキペディア・フリー百科事典−エシュロン

エシュロンとは?

エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システム。同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などが指摘している一方アメリカ合衆国連邦政府自身が認めたことはない。フランス語で「(梯子の)段」を意味する語・échelonに由来する。

●軍事目的の通信傍受システムである(管理はNSA)

●1分間に300万の通信を傍受できる(史上最強の盗聴機関)

●政治家や検察庁の人間の通信記録も監視されている


エシュロン参加国

  アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドにあるエシュロン組織は、情報収集のためにスーパーコンピューターを利用する。彼らが保有しているリストは非常に広範囲であり、該当地域の主要人物の政策をリアルタイムに監視する。このシステムは全世界の主要政治家とテロリスト名簿を確保して監視している。また金融取引、預金振替、航空機の針路、株式情報、国際会議、デモ、反政府グループにも注目している。
  出典:エシュロンについて

  2007年末時点で参加している国は、アメリカ合衆国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドであり、英米同盟(UKUSA、ウクサ。United Kingdom & United States of America)とも呼ばれるアングロサクソン諸国とされる。UKUSAは、1948年にアメリカとイギリスとの間で締結された通信情報に関する秘密協定であるUKUSA協定(英語記事)が結ばれたことに始まり、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドは2次メンバーとして後に参加した。米国以外はイギリス連邦国家である。

エシュロン協力国

  ギリシア、スペイン、ドイツ、日本など、いくつかの同盟国にも、参加は認めないものの傍受局を置いているとされる。これらの国と独自情報を提供する協力国を含めて「サードパーティー」と呼ばれ、エシュロンの閲覧は許可されないものの、UKUSAの国益に反しない限りにおいてエシュロンで得られた情報の提供が行われることがある。

日本では青森県・三沢基地にエシュロンがある

  日本には、青森県の三沢飛行場近くの姉沼通信所に傍受施設(通称「ゾウの檻」)が存在し、1,000人単位のNSA要員が詰めていると言われる他、東京都心のいくつかのUKUSA同盟国の公館内(駐日アメリカ合衆国大使館等)にも傍受施設が存在し、分担して傍受活動を行っているとされている。

画像











△三沢基地 姉沼通信所(1990年代、米空軍撮影)
 奥に見える大きな輪状のアンテナ施設は通称「ゾウの檻」と呼ばれていたが、既に使用が中止され撤去が予定されている。

エシュロンの誕生

  1943年5月17日に「英米通信傍受協定」(ブルサ協定、BRUSA COMINT Agreement)が結ばれ、この時にエシュロン・システムが誕生したといえる。

  1948年には米、英、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド間の秘密協定として「UKUSA協定」が結ばれ、通信傍受の協力体勢が作られた。

  1949年には統合参謀本部安全保障局が作られ、1952年には国家安全保障局(NSA)に改編された。この頃から、エシュロン・システムは拡大を始め、2008年の現在に至る。


米英の協力

  米国の暗号能力はヤードリー率いるMI8による、1921年のワシントン海軍軍縮会議で発揮された。のちのネーバル・ホリデー(海軍休日)として知られる軍縮を決める会議において、日本の交渉使節団の本国との暗号通信が傍受・解読され、日本側の不利な条件で条約締結されたのである

  1941年12月8日未明(日本時間)に始まった真珠湾攻撃の事前情報においても、11月末から日本の太平洋艦隊が無線封止を行い、攻撃態勢に入ったことが予見されていた。

  また、英国は千島列島からハワイに向けて出撃する日本の通信を11月25日に傍受解読していたとされており、米国を友軍としていた英国が米国に知らせなかったとは考え難い。

  これ以前の1940年11月の段階で米英の暗号解読を担う部署同士の協力体制は完了しており、対独暗号解読機と対日暗号解読機を相互に交換していた。GCCS内へも米国陸軍情報部員の立ち入りが認められ、米国の参戦後はともに協力して働くまでになった。
  第二次世界大戦における米英の暗号解読能力は、戦局を左右するほど強化され有効に活用された。

出典
ウィキペディア・フリー百科事典:エシュロン/2013年5月15日 23:09(更新)

参照
NAVERまとめ  :エシュロンについて




関連


BRICSは、IMF国際通貨基金に対抗する銀行を設立する計画
/2014年6月2日放送(日本語字幕版)
画像
<< 作成日時 : 2014/06/08 12:01
http://mizu888.at.webry.info/201406/article_35.html


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

グローバルな米国の監視から自分達を守る措置を講ずる世界各国+世界最強の盗聴機関 エシュロンについて 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる