旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS アイシャ・ノース5/28:砂の粒が真珠となる〜無限なる静寂の無限なる祝福

<<   作成日時 : 2014/05/30 00:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:Japanese - The Manuscript of Survival さんより

砂の粒が真珠となる
2014年5月28日

The grain of sand that makes the pearl
http://aishanorth.wordpress.com/2014/05/28/the-grain-of-sand-that-makes-the-pearl/

親愛なる皆さん!

ここ24時間の間に、ここではたくさんの事が芽を出し始めています。その大部分はフィリップとビクシーが着手していたことで、フィリップが私のコメント欄で話していた「無限の静寂」と呼んでいるテーマについてです。(訳注:最後に表記しています)それが私達や多くの人々を動かすきっかけとなりました。火花を与えてくれてありがとう、そしてこれについて洞察に加わってくださった皆さん、ありがとう!

私は今朝2:30に起こされ、もう一度瞑想をするように導きを受けました。それで、この「無限の静寂」に入る、そう意図しました。その前の晩も同じことをしましたが、CC達が前回のメッセージで提案していたようにPONDにいつもより深く繋がり、その状態で先ほどの意図の選択をしました。エネルギーに繋がった時、フィリップが言っていたような経験ができるといいなと思っていました。「ホームに帰ってきた」という至福の状態、「くつろいでお風呂に浸かっている」ような感覚です。ところが、もっとすごい事が起きました。PONDに繋がると、そこには私達が集まっていて、皆が互いに手を繋ごうと手を伸ばしているところでした。そしてすべての手が繋がれた時、「カチッ」という音が大きく響き、「外骨格(exoskeleton)」という言葉が聞こえました。すると繋がれた手でできたグリッドは美しいフィリグリーへと変わり、宙へと浮かんでゆきました。その様子は、ビヴが以前アップしていた花粉粒の拡大図にとても似ていました。花粉は、ここで何度も出てくるテーマです。そこで、私達は花粉の粒一つ一つになったということかな、と考えていたら、次にはとても色鮮やかで生き生きとした珊瑚礁が現れました。そのうち一つがズームインして見え、小さなポリープが何千個も繋がってあの複雑な一体の珊瑚の構造を作っている様子が見えたのです。さらに、この小さな生き物達が水を濾して栄養を摂っている様子、海水に何百万個もの卵を放卵している様子も見せられました。

次に、「あなたは真珠を作る砂粒です」 というのが聞こえました。そして小さな砂の一粒の上に何層もの輝く層が堆積してゆき、それが真珠となり、さらには新しい、純粋なマザー・アースとなっていったのです。私は「創造の歴史」 で聞いていたことを思い出しました: 「創造のためには、摩擦が必要である。」 そして気づいたのです。私達が摩擦なのだと。創造の静止点。まるで虚空に繋がった「皮膜」 のように。もしくは、エネルギー粒子が合体し、具現化してゆく、あの「潜在力の海」、意識がエネルギーと交流して量子崩壊を起こす、あの海です。これは今に始まったことではありません。創造のすべてはこのように生じています。ですが何が新しいかというと、私達は共同体として創造に参加しているという点です。このPONDにいる皆さんだけではありません。この惑星にいるすべてのライト・ワーカーが「新しい珊瑚礁−新しい世界を築く」という意図で力を合わせているのです。そしてもう、私達はこの外骨格、つまり基盤を作りました。これで私達はこの世界を現実のものにすることができます。この「潜在力の海」を「濾し」てゆけば。粒子をどんどん取り出して、そのすべてを実現化させてゆけば−少しずつ、ね。

そして私達の卵で「水に種を蒔いて」ゆきましょう。卵、それは私達の光の球です。一つ一つ、リリースしてゆきましょう。そうすればその光の球はどこかにいる何千もの肥沃な地に辿り着き、その人達の意識も「自覚をもった、新世界の共同クリエイター」へと変わってゆくことでしょう。

このメッセージを受け取っていたのであまり眠れませんでしたが、このようにすべての断片をつなぎ合わせている間、あの至福感に満たされていました。この「お風呂でゆったりくつろいで」 浮いているのを感じましたし、ゆっくりと呼吸をしていたのですが、息を吸うたびに潜在力を体内に取り込み、吐くごとにこのメッセージは完成してゆき、私達がこの惑星上にただ身体を持って存在するだけでこの素晴らしい新世界が生命を得てゆく様子がわかりました。基盤はできています。創造に本格的に着手する時がきました。私達が創るものは、CC達の言葉を借りるなら、きっと「まさに奇跡としか言いようがない」 ものとなるでしょう :)

愛と光と感謝をもって

アイシャ

https://www.youtube.com/watch?v=M2iuxYAd8YQ



*************************


無限の静寂

2014年5月27日フィリップさんのコメントより

「新しい道が開かれた」という言葉を受け取りました。

それは、「無限の静寂」という言葉を使っていました。

言葉ではとても表現できないのだけれど、ここで伝えなければいけないので…:)

ホームに向かう道! 新しい方法でも目的地は同じ。SOLと同じで、それは方法でありホームなのです。

エネルギーの暗号が繋がりに命を吹き込む。

振り返って見れば、それは幾度となく現れていた。ただ、意識的に気づいたのはムージの動画を見ていた時だ。彼は、僕が既に知っていることを伝えていた。僕は内で大きく「そうだ」という感覚を覚え、その時から広がっていったんだ…

繋がれば、もっと展開してゆく。

皆もやってみたらいいかも 。 記します。とてもパワフルなのは経験済みです。


-------------------


無限の静寂 : すべて在るもの

それは無でありながら、すべて在るものに生命を吹き込む原理。All that IS の IS とは、Infinite Silence(無限の静寂)のこと。

新しい方法へのアクセスの仕方!

ハートからの意図によって。

単純で、深遠。

「意図」を感じることで、「無限の静寂」の気づきへと入ることができる。

「意図」は、エネルギーの橋となり、「いつも」そこにある気づきへ繋いでくれる。いつもそこにあるけれど、皆、忘れているだけ。

単純で深遠。光の球と、まったく同じ。

無限の静寂と光の球は一つのものだから。

ここから先は、人間のための言葉。真理を示そうとする指標。皆の内に、すべての内にある真理。

「新しい方法」は、同じソースから「別の選択肢」を提供してくれる。

無限の静寂という「標識」は人間で言うと、身体ーマインドーハートーソウルの繋がりにエネルギーコード化されていて、その繋がりを支えている。

目を閉じて無限の静寂という体験に身を開いて。

浸かっていたくなるかもしれない。無限の静寂の、その永遠なるスペースを見つめて、感じて。

ゆったりと、お風呂に浸かるようにその中に身を浸して。

この上ない喜び。


--------------------


これからもっと色々、やってくる。SOLと共にあるから。それは洞察力を使って人が繋がり合い、既にそこにあるノウイング(knowing - 知っている)へ辿り着くための旅。

こういった内容を含め、あらゆる情報を新しいウェブサイトに記載します。

楽しんで。皆に、無限なる静寂の無限なる祝福を送ります。

フィリップ


Channeller: Aisha North

Webpage: Aisha North - Channelings and Words of Inspiration

翻訳:Rieko

(転載修了)




ムージ、賢者の極意、セルフ−静寂−のままでいてください




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アイシャ・ノース5/28:砂の粒が真珠となる〜無限なる静寂の無限なる祝福 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる