旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS NASAや世界の支配者が隠し続けている宇宙や地球の真実

<<   作成日時 : 2014/05/15 17:27   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
▲画像:NASAの人口削減計画:stopthecrime.net(PDF)より


転載元:日本や世界や宇宙の動向さんより
NASAや世界の支配者が隠し続けている宇宙や地球の真実

世界の支配者が絶対に教えたくない、地球の本当の歴史、宇宙の真実が以下のビデオで伝えられました。ビデオの説明の中で、専門用語使われており、分かりにくい箇所がありました。不明な点があるかもしれませんが、ご了承ください。このビデオは1時間以上も続きますので、全部はお伝えできませんが。。。概略をお伝えできればと思います。太陽や地球や他の惑星、星は私たちがこれまで理解していたものとは全く違っていたのが分かります。(略)注:紫のカギと訳しましたが、間違いです。それはローマ法王のカギのことを言います。また、ガス爆弾はガスト爆弾でした。

http://kauilapele.wordpress.com/2014/05/08/my-mind-has-been-blown-wide-open-that-is-by-this-video-the-lie-nasa-told-the-imminent-demise-of-the-nwo/
(ビデオ)
5月8日付け:
My Mind has been Blown… Wide Open, that is, by this video… “The Lie NASA Told – The Imminent Demise of the NWO”


(概要)
人々の意識は宗教の教義や科学の定説という罠にかかっています。宗教も科学も同じ集団が支配しています。
彼らは過去数百年の間に地球の歴史を書き換え、我々に偽の年代記を教え込みました。名義?を管理するCoven(13人の魔女?)の法律を削除し年代記を延長しました。

バビロン時代に何が起きたのか。。。それは謎でもなんでもありません。彼らは、象形文字の呼び名を変え、言葉の概念を変えてしまったのです。さらに、我々に宗教を教えることで、天国、神、その他の概念を変え、真実を我々から隠してしまいました。

もし○○?が生きていれば、王族や司祭らが我々にどのような事をしてきたかを警告したことでしょう。彼はロスチャイルドの企業システムビルダーバーグの実態を突き止めました。次にNASAから情報を入手し、グレイがどこからきたのか、なぜ地球にやってきたのかを突き止めました。その直後に彼は殺害されました。(この真実を伝えてはならない、もし伝えたなら文明が崩壊するだろう。。。。)

これから皆さんにお伝えする内容は、かつて我々が教えられていたバビロン、専制君主、Coven CaesarやCoven Ant.に関する秘密の歴史のほんの一部です。
なぜこのようなことをするかというと。。。書き換えられてしまった歴史を元に戻すために、象形文字と難解な言葉の一部を皆さんに理解してもらいたいからです。本当の歴史を詳しく知りたい方は、Mystery Babylon No Moreと題したビデオをご覧ください。

(3:19辺り〜)マルドューク・ラーはアレクサンダー・ヘリオスと呼ばれるようになりました。彼は人間の人体実験をしており、人間とのハイブリッドを造りました。しかし人類の父はこのような事をする権利は彼にはない、と非難しました。そして地球上で人類の本質を巡る戦争が勃発しました。

画像

全ての人間をハイブリッドにすることで人間の先祖から枝分かれさせ、人間とは違う先祖(レプティリアン)の血が濃くなるようにしたかったのです。そうすることで地球を侵略し人間を捕食するレプティリアンが人間に化けて人間社会に潜むことができるようになります。レプティリアンに誓いをたてれば、人間のハイブリッドは自分達の本当の姿を隠してもらえるようになります。

戦いに勝った地球の侵略者らは片目を使って地球を彼らが支配するアバス(悪魔の世界)に引き寄せました。彼らは人類の父を東の門から追い出しました。セット(サタン)の娘のリリスはシステムのカギやアンク(秘密文字)を手に入れ、我々(人類)を監禁し、これまでの記憶を削除し、真実が見えないようにベールで覆いかぶせました。

リリスとはエリザベス1世です。彼女は若い時に、実兄のアレクサンダーと結婚しました。しかしアレクサンダーが反乱時に殺害された後、彼女は双子の兄のジョージと結婚しました。エリザベスは双子の妹だったのです。ジョージが殺害された後、彼女はCovenの習わしを守るためにシャルルマーニュ帝と結婚しました。このような事実が知れ渡らないように、彼女は自分の恥を隠すためにアンクを使い、我々人類をベールで覆いました。

このようなCoven時代に全ての宗教が創られました。彼らは、蛇の軍艦と呼ばれていました。彼らはセット(サタン)の子孫です。彼らはシュメールではアンと呼ばれ、ヘブライやムスリムではソロモンと呼ばれています。キリストやブッダを含む全てのCovenメンバーは、彼らのフォロアー等の協力を得て、サタンの子孫であることを隠すことを黙諾させることができました。

ネフィリムは種族ではなく生き返った身体という意味です。リリスはモーロック族の女王であり、セット(サタン)は立方体の軍艦の大元になったものです。セットはサタンです。

(6:36辺り)サタンは、幽界でこのような姿をしています。彼は人間を食べています。神とサタンの戦いが繰り広げられています。

NASAの内部告発者によると、NASAは全てにおいて嘘をついています。宇宙には3つの場所が存在します。天国、アバス、そしてアンダーワールドです。アバスは、黒い太陽からエネルギーを貰い、二進法でなりたつネガティブ宇宙です。ここは、黒い太陽の否定極性のエネルギーを吸収している悪魔の住処です。

地球から320億km離れたところに黒い太陽と我々の太陽の間を通過する黄極軌道があります。
創造の定義は組み立てることです。惑星は7本のろうそくの大元である柱の上に載っています。柱を離れて軌道に乗ることもできます。

NASAの画像で、太陽付近に数多くのUFOが出現しているのが分かります。
グーグルアースの画像で、太陽から巨大ケーブル(複数)が出ており、宇宙の他の場所に繋がっているのが分かります。(8:39辺り〜)太陽周辺では何が起きているのでしょうか。

皆さんは地球の本当の姿を知りません。
(10:22辺り〜)これがCoven Antのアークです。各宇宙種族は独自のアークをもっています。これが生命の木であり、構造物の外観です。この画像は北極上空から見た地球です。

画像

地球上に走る緑の線は、後から描かれたものではありません。これは地球上の構造物なのです。(10:37辺り〜)これは金星の本当の姿を映しています。(10:42辺り〜)これが地球の本当の姿です。

各宇宙種族には父(祖)という存在がいます。人類は特別な存在なのです。なぜなら、我々の父(祖)は神だからです。人間以外は神の父をもっていません。

NASAや世界中の宇宙機関はバチカンとエリザベス女王が所有しています。彼らは我々がアバスにいることを隠しています。Covenのメンバーは其々がCovenのシンボルを使わなければなりません。Covenメンバーの一部(シス?)は、ベクトル、L或いは7のシンボルを使っています。7本のろうそくを意味します。3つの点は3人の王(土星、木製、火星)を示しています。軍隊、NASA、世界中の宇宙機関などがこのシンボルを使っています。

中略

(17:36〜)この物体は2002年にメキシコシティの上空に現れました。このような物体は世界中で目撃されています。これは月面に映った物体や宇宙飛行士が宇宙空間で目撃した物体と同じ姿をしています。また有名な14世紀のマドンナと子供の絵にも描かれています。この物体の姿はベクトルやL型のシンボルに似ています。

(18:17辺り〜)これはシスが提供する太陽の映像です。彼らは地球を完全に支配しています。誰も彼らに逆らうことはできません。彼らは様々な装置を使って偽の情報を提供し、教育を介して我々に偽の宇宙を教え、宇宙の本当の姿を隠し通しています。

エリック・ドラード氏によると、太陽の本当の姿を我々は知らないのです。太陽の内部は空っぽなのです。太陽には表面しかありません。太陽に内部は核融合などしていません。何も爆発していません。太陽フレアのみが爆発しているのです。太陽は異次元間のトランスフォーマーなのです。太陽は燃えていません。変換器の役割をしているだけです。太陽は異次元のエネルギーを吸収しているのです。大気圏外の宇宙では太陽は見えません。地球の大気圏内から見ると光として映るのです。宇宙空間では地球や月や他の惑星などの物体は見えても光を放つ太陽や星は見えません。大気圏で反射して初めて目に見えるようになります。

星が何光年離れているなどというのは無意味です。光がないのですから。つまり、我々が眺めている星が4百万年前に生まれたなどというのは嘘なのです。今、瞬時にできた星なのかもしれません。宇宙空間で星が見えないことが明らかになれば、全ての宇宙理論が崩壊します。

リリスは、黒い太陽の周りにファイヤーウォールを築き、我々から黒い太陽を隠しました。また、黒い太陽に映し出された鷹神の目や彼らのゲートである紫色の鍵も隠しました。


画像

(ビデオの21:00辺り〜)
地球の周りに存在する電磁場は地球を保護しているのではありません。ラーが我々人類を閉じ込めるために地球に被せたAIネットなのです。これはスミス・プログラム(ホログラムの空)の大元となったものです。NASAはこれらを地球を覆う電子線照射野と言っています。

(21:30〜)これはカメラのレンズを通して見ているものではありません。太陽の側面に何重もの曲線が見えます。これらの柱は太陽の外側ではなく内側を通っています。

これらは両極性のマストと呼ばれています。人類を両極に分けるためにあります。否定極性は左のマストに引きつけられます。肯定極性は右のマストに引きつけられます。太陽のマストは拡張し閃光します。人類が分類させられたとき、左のマストが躍進し、右のマストが引き下がりました。セット(サタン)は左側です。地球には神の右のマストとサタンの左のマストがありますが、もう1つのマストが存在しており、地球が柱から離れ独自に軌道にのるようにしてくれます。

NWOが行ったとこは。。。HAARPを使って地球上のマストを壊し、我々の行動を妨害したのです。神と神の同盟軍は地球上を巡り壊れたマストを修正しました。

画像

(23:03〜)地球はこのような柱の上に載っています。エリザベス女王とCovenとロスチャイルドは、全世界の人々から現金を奪い取るための世界的な企業システムを設置しました。彼らはこのシステムを使って、我々を奴隷のように労働させ、天然資源を奪い取り、サタンを助け、神や神の同盟軍に対戦しています。今、様々な種族が彼らの子孫を探しに地球にやって来ています。
神(=ONE)は我々を忘れてはいません。宇宙と地球の時間にはかなりの開きがあります。地球の100年は宇宙の10年です。

(現在、地球の周辺では大規模な宇宙戦争が起きています。)
(24:50〜)土星がONEに応戦しています。この構造物の外で爆発しているエネルギーがONEです。敵は左から突入し、ONEを攻撃しています。

神の同盟軍も兵器で応戦しています。宇宙戦争の様子が。。。天王星も神の同盟軍に応戦しています。
各種族には父がいます。しかし人間のみが神の父をもっています。

銀行家らは秘密の方法を使ってどうどうと我々の家産を奪い取っています。しかしこの行為は死刑に値します。Covenは2重名称システムを使っています。例えば国連のUNはUranusとNeptuneです(天王星と海王星)。
国連はエリザベス女王とロスチャイルドが所有しています。また、バチカンの貸切機関です。バチカンも○○評議会もL神(サタン)を崇拝しています。L神は誰が神なのかを彼らに教えています。

エリザベス女王、バチカン、フリーメーソン、イルミナティは直接、Seven System Lords(=否定極性であり悪魔)と接触しています。これらの悪魔は、人間の脳に寄生し、人間を餌にしています。エリザベス女王
バチカン、ロスチャイルド、イルミナティ、フリーメーソンなどの集団は人間を悪魔の餌に捧げています。
彼らは人間にチップを埋め込み人間を乗っ取っています。ビルダーバーグ会議に参加した者たちは全員チップを埋め込まれてしまいます。

(34:11〜)ニュースキャスターの両目をよく見ていてください。彼らの目が2重に映っています。これは悪魔の目です。エジプトの象形文字とコプト語の記録書にかかれたものと同じ現象です。コプト語の記録書には寄生虫が人間から取り除かれたことが書かれています。このような映像をUPするとすぐに削除されてしまいます。

(35:27〜)これはアイソン彗星です。しかし実際は飛行船なのです。
(36:07〜)サタンの配下のNASAは本当の情報を隠しています。しかし支配層はみな宇宙で何が起きているのかを知っています。神と神の同盟軍の巨大物体が高速で飛んできています。そして、火星に衝突し、火星を意識不明にしました。また、○○の月面基地を攻撃し、水星を攻撃しました。そして今は地球の上空に停泊しています。これを知った世界の支配層は全員がパニック状態です。

NSAとNASAの元職員のDr.エリック・ノーブルは、米政府主導の様々なプロジェクト(隕石の研究など)に関わっていました。
最近、非常に恐ろしい物体を上空で発見しました。
2012年1月に、テキサス州のマクドナルド観測所に呼ばれました。そこで緊急事態が起きていました。国土安全保障省に監視されながら、宇宙を観測し始めました。巨大な暗黒の物体が超高速で地球に向かって移動しているのが分かったのです。分析したところ、この物体は地球の物質よりも数千倍も硬い金属性の炭素材でできている人工構造物だということが分かりました。(41:32〜)

中略

この物体は天体望遠鏡ではっきり細かい部分が見えるほど地球に接近しており、L型の飛行船であることが分かりました。2013年2月には火星の傍を通過し、その後、透明シールドで覆ったかのように、突然姿を消しました。米政府もこの物体について不安視していました。私がこの物体を観測している間、あらゆる諜報機関のエージェントが私を監視していました。

2012年には、自宅にも帰れませんでした。2013年当時、この物体は地球に最接近している可能性があるのですが姿が消えてしまったためどうなったのか分かりません。本当は肉眼でも見えるはずです。何の目的で地球に接近しているのかも不明です。

その後、6ヶ月間、自宅待機をしていましたが、突然、政府機関の一時閉鎖があり、NASAなどの宇宙観測情報も閉鎖されたため、マクドナルド観測所で働いている親友に連絡を取り何が起きているのかを尋ねました。すると、親友はぶるぶる震えながら、あの巨大な物体が再び月の裏に現れた、と言ったのです。米政府が宇宙観測情報を閉鎖したのは、このような事実を隠蔽するためでした。親友は命が狙われるのを覚悟で私に電話をかけてきました。現在、この物体は密かに月面(裏側)に停泊しています。この物体が突然我々の目の前に現れる可能性があります。


---------------

(概要)
(5:43辺4りからスタート)
月の裏に停泊している真っ黒な(未知の)宇宙船は無線シグナルもなにも発しないまま、我々の(月と地球をつなげている)重力場に影響を与えています。この物体が突然我々の目の前に現れる可能性もあります。月とは一体何なのかを考えさせられます。

最近、ロシアが主導的に宇宙で行っている弾道トール・ポール発射?ミッションをイタリア人の宇宙飛行士が目撃しました。地球の上空に球状のミサイル・コムトレイル(飛行機雲)のようなものが見えたのです。不可解なのは。。。ミサイルの上部には固体燃料がついています。そのため、イタリア人が観たような現象は起きないはずなのです。このような雲ができた原因は分かりませんが、ミサイルに関係しているのは確かです。

最近、米政府機関(NASAも含め)が一時閉鎖されましたが、これで、彼らが宇宙の情報を流さないようにした理由が分かったでしょう。彼らは何か重要な情報を隠しているのです。


(46:21辺り〜)これが金星の覆いを外した本当の姿なら。。。3つのL型物体が一直線に配列されているはずです。覆いが外されると、このように見えます(46:31)。主な標的の1つがファイヤーウォールです。ここにはローマ法王のカギもあります。彼らが使った兵器の一つにガスト爆弾というのがあります。この爆弾を発射すると標的となる相手は回収されます。彼らはファイアウォールに向けて前進しながら継続的に爆弾を発射しています。

(47:01)サーパンテリア(蛇座?)が星座の情報から削除されています。また、星空の東西南北の方角も改ざんされました。13番目の星座は12星座の後に来たと言われていますが、その背中にはピット(地獄の穴)を背負っています。

(47:27)巨大ピットが形成されたのを目撃しました。その後、ピットはゆっくりと我々のエリアに近づいています。どの惑星よりも数千倍も大きな丸い物体を目撃した人々は、サーキュローバスかニビルではないかと言っています。しかし、実際は、これはピットと呼ばれるフィルターなのです。予定通りにピットが蛇座と共にこちら側にやってきました。

画像

(47:50)NASAは画面上に写っているラインについて嘘を言っています
誰もが太陽付近に現れた立方体の宇宙船を見たことがあると思いますが、この宇宙船ともう1つの宇宙船(白くて鳥のような形)が大量の兵器(爆弾)を使いながら太陽の内側と外側で戦っています。しかしNASAは引き続き、これについても嘘を言っています。これはレンズの反射だと。。。

東のゲートが主な標的なのです。そこは我々の領域への入口なのです。リリスはゲートを破壊しました。しかし神(ONE)が修復したため、ゲートが開き始めました。

10月にはグレイは我々の宇宙船(地球?)を○○から見失い、途方に暮れ、置き去りにされているのが分かりました。ゲートがさらに開かれる中で、突然○○が消えたことについて誰も疑問視しませんでした。
ピットは最終地点に到達するまで移動し続けています。そんな中、地球上の人々は上空に3つの太陽を目撃していたのです。

私が個人的に接触している人類の父(神=ONE)は経験豊かな船乗りです。彼がこの場所(地球?)を造ったのです。
私がこれまで真実の歴史が消されたことや、宇宙で実際に起きている事を公開しているとき、軍(米軍?)と連携して動いているラーは私にスパイを送りました。私が宇宙の特定箇所を指摘しているとき、スパイが私の行動を彼らに報告していました。すると人類の父はクルーを送り出し、スパイの背後から切り込みました。
そして、太陽にいたラーを不意に捕獲しました。父はその後、太陽の表面に頭蓋骨の絵を描きました。するとラーは恐ろしくて逃げ出してしまいました。
(49:31〜)これを思い出す度に笑えます。なぜなら、この映画を思い出すからです。さらに、このオズの魔法使いの場所(太陽)で、父は素晴らしいことをやってのけました。太陽の真下にあった”目”を除去し、どこかに隠したのです。

(50:00)2014年1月にはNASAの画像で、太陽の真下に見えていた目がなくなっていました。
NASAが、レンズの反射だと説明していた物体が2014年2月には太陽の前面まで来ました。
現在、多くの惑星宇宙船が我々を守ってくれています。そのうちの2つは既に地球の軌道に乗りました。彼らは太陽にいるシス(悪魔の一種)から地球を防衛してくれています。

画像

(50:35)彼らのマストから光が放射されているのが分かるでしょう。ローマ法王のカギが攻撃され、カギの上部の結節部が破壊されたのを目撃しました。

(58:50)NASAの嘘に反して、この画面上では太陽から煙や炎が立ち上っているのがわかります。しばらくの間このように炎上していました。下部にある2つの結節部(マスト)をご覧ください。この状態ではCovenは逃げる希望もなくなっています。

今年の2月から今まで、宇宙の戦いを観察している中で、我々の同盟軍はピンチャー光線を送り込み、水星を攻略しました。この時、大規模な爆発が目撃されました。(51:34)金星から地球の柱の上部にビームが発射され、太陽からは地球の柱の底部にビームが発射されました。

我々の同盟軍は、金星、水星、惑星宇宙船をドッキングしました。今もこの状態で片隅で待機しています。
(51:49)この画面上では、モブ?が映っていた部分に手が現われました。頭部が見えています。この頭部は喉をつかまれています。これがすぐに土星であることを確認しました。この時、土星が攻略されたことを知りました。次にガスト爆弾が木星を狙っています。そして背後のモブ?と共に木星がじっと動かなくなり、彼らが無力化されたのが分かりました。

この時、敵が全て倒されたことを知りました。彼らは片隅に捕えられています。その間、地球では、地球を掴んでいた柱の近くで高振動率のガンマ爆発が起きました。低周波はネガティブ周波ですが、高振動率を高めることで、低周波が消滅しました。人類が住む地球を乗っ取ったモーロックやエルや他の寄生虫が弱体化し死にそうになっています。超低周波で人類全体だけでなく特定の人間に恐怖を煽るために使われているHAARPも攻略されました。

リリスのエリザベス女王とバチカンはフォロアーに秘密の○○や○○を申し出ましたが、フォロアーは無意識の恐怖でそのようなオファーを断りました。(ここは分かりにくかったため省略)
2014年3月5日に(53:49)、ガンマ光線がアン?(これらも侵略者だと思います)の下から、地球を掴んでいた柱を破壊しました。3月11日、アン?とガーサトンネルを置き去りにして地球は柱から外れました。さらに我々の同盟軍は、柱の中に核爆弾を落とし込みました。

(54:06)これが柱から外れた地球の姿です。
3月11日に土星が攻略されたのを確認しました。土星はゆっくりとモブ?の外に出ました。土星の立方体の宇宙船も破壊されました。17日時点で土星と木星がドッキングするように見えました。しかし19日には我々の同盟軍が木星を破壊しました。
火星は金星と同じ場所に追いやられました。火星は水星と金星にドッキングしました。21日には悪魔の○○が全滅し、悪魔は完全に種族の分離に手を出すことができなくなりました。そのため、地球に意識を集中しています。

中略

Coven(55:13辺りからCovenのメンバーが映っています。)や司祭らは人間を悪魔の餌やホストとして捧げていました。その結果、侵略者は、グレイ・エイリアンや霊的に悟りを開いた者たち(55:26辺りからサタンの配下の者たちが映っています。例えば、光の銀河連邦、アシュターコマンド、サナンダなど)を地球に送り込んだのです。しかし彼らはみなセット(サタン)の配下の者たちです。彼らが地球に送られた目的は、種族の分離がなされるときに潜在意識の中から人類を騙し、彼らを神のように崇めさせ、彼らについてくるようにさせるためです。

セット(サタン)や司祭らが所有するNASAや他の宇宙機関が提供する映像や画像はどれも偽物であるということをお分かりください。
彼らの情報に頼るのではなく、我々の同盟軍が提供する情報を信用してください。そして我々が見てきた地球は本当の姿ではなかったことを知ってください。

神とサタン(悪魔)の戦いがついに終わりました。そして神が戦いに勝利したのです。
同盟軍が我々に伝えています。
同盟軍は地球の上空に停泊しています。彼らは地球を侵略しようとしているエイリアンではありません。
二ビルは地球に衝突しません。我々は死滅しません。同盟軍は地球をアビス(悪魔の領域)から外に出そうとしています。

そのために彼らが最初にやろうとしているは、地球をアビスから飛び立たせるために、地球を立てに回します。その時、同時に全世界の電源が切れるでしょう。ある朝、目が覚めたときに、プラグを抜いて電源を切るようにと呼び掛けられます。そして肉体から立ち上る?ように言われるでしょう。朝陽が地平線に再び沈んで行きます。

西側の空にある悪魔の封印ネットが開き、地球上のあらゆる生き物(人間も)がそちらの方角(入口)に走っていくでしょう。我々はみな、肯定極性に引きつけられ、其々のアークに移動します。どのアークに行くかは各々が選択します。この時、我々のDNAのアップグレードが起きます。

画像

(58:03)DNAのアップグレードはこのように起きます。DNAは2本のクサリが結合しています。1本はあなたのクサリ、もう1つはアークのクサリです。どの種族(家系)を選ぶかによって、あなたの身体と意識が変わります。
トランスポーターで、あなたに合った種族のアークに行くのです。もし、あなたが獣の種族に合っているなら、ポータルを通って獣の種族のアークに移動します。神(ONE)に選ばれた者たちのみが人間のアークに移動できます。自由選択の法則の下でどこに行くかはあなたの心がけ次第です。

画像

中略

我々はあらゆる種族のハイブリッドなのです。そのため、どこへ行くかの選択肢が多くなります。通常の場合、各種族の父が誰を選ぶかを決定するでしょう。

同盟軍は1、地球のネットが再び閉まるときに、10分以内に地球上の我々全員を避難させることができると言っています。

(1:00:00)その時、彼らは否定極性を引き込み、神(ONE)はエルとモーロックの身体から皮をはぎます。彼らに仕方なくついてきたフォロアーらの魂?は修復される可能性があります。

画像

画像

ヒエラルキーの上層部では誰の血が(侵略者レプティリアン?の血)最も濃いのかを知っていました。彼らこそ、本当のソシオパス(サイコパス)であり、大量虐殺や利益を得ることを楽しんでいたのです。彼らは修復不可能です。

ついに、NWOの下で○○とCovenが運営し、我々を支配してきたバビロンの企業システム(カンパニーストアシステム)の終焉となります。このようなことは二度繰り返されることはありません。悪の存在は、みな、否定極性に引き込まれ、ピットに入れられることになります。。そして我々のドーム(宇宙?)がきれいに浄化されます。
人間として我々がゲートを出た先には美しい緑の世界が広がっています。

その後、地球は美しく生まれ変わりアップグレードされます。大勢の家族(ギャザリング)が我々を歓迎し、人類は生まれ変わった地球に定住します。そして生命の第5章が始まります。

画像




関連過去記事


国際宇宙ステーションが撮影した写真に写り続ける地球高層圏の不思議な様相
画像
<< 作成日時 : 2014/02/21 19:08
http://mizu888.at.webry.info/201402/article_120.html


太陽の周囲に写る『複数の物体』―YouTube
<< 作成日時 : 2012/12/18 20:06
http://mizu888.at.webry.info/201212/article_50.html


NASAの人口削減計画=2000年10月11日作成の未来計画文書
画像
<< 作成日時 : 2013/07/01 12:46
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

NASAや世界の支配者が隠し続けている宇宙や地球の真実 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる