旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS アイシャ・ノース2014/5/12:創造の歴史 パート7

<<   作成日時 : 2014/05/13 03:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:Japanese - The Manuscript of Survival さんより

創造の歴史 パート7
2014年5月12日

A history of Creation – part 7
http://aishanorth.wordpress.com/2014/05/12/a-history-of-creation-part-7/

親愛なる友人の皆さん!

2013年10月に私は「創造の歴史」という一連のメッセージをチャネリングで受け取りました。このシリーズで6つの記事を掲載しましたが、実はパート7まで受け取っていました。ところがCC達に、まだ掲載する時期ではないと言われました。それについては忘れていて、昨晩再びこのメッセージのことが浮上しました。昨夜、私は起こされ、瞑想するようにと導きを受けました。するといつものエネルギーのダウンロードではなく、このメッセージが来たのです:

「あの創造の歴史の最後のメッセージを掲載する時が来ました。理由は、いま皆さんは受け取る準備が整ったからです。何でもそうですが、このプロセスにおいてはタイミングがすべてです。個々のピースが他のピースと繋がってきています。そして皆さんは、皆さんとこの創造エネルギーとの交流の次の段階に進むために必要な構造をついに築いたのです。皆さんは真の、元の皆さんとして「存在する」準備が整っています。皆さんは創造主そのものです。そして、すでに起きているマインドと物質との会話、エネルギーと意識との会話にさらに能動的に関与する準備は整っています。何度も繰り返してお伝えしてきましたが、内に行ってください。そこにすべての答えがあります。もう私達が示した通り、まさに文字通りにです。なぜなら皆さんの身体が鍵だからです。皆さんの身体は装置として具現されたものであり、全人類の扉を解錠するために力を貸してくれます。そうして皆さんはようやく限界という古い檻の外に出ることができるのです。皆さんの体内には全創造物の裏に潜む秘密があります。皆さんはその秘密を見出し、創造メカニズムが理解してゆくことでしょう。皆さんは古い学説の限界を越えて進化を始めるのです。そしてさらなる確信を持って真の創造主という新しい役割につくのです。もう皆さんは創造の構造をすでに一度は見てきました。さらに、皆さん本来の存在、つまり意識の構造についてもすでに一度は垣間見てきました。意識は皆さんの肉体という側面と流れるように連絡をとりあっています。これから、両者はまったく新しい形で一体化してゆきます。皆さんが再び「ひとつ」となることを求め、それによってこのすべてが起きるのですから私達はたいへん喜んでいます。ここに伝えていただきたいメッセージがあります。このメッセージは皆さんがこの空間のこの瞬間に到達するのを待っていたのです。」

今朝、私は皆さんが夜の間に「アップデイトとパワフルな確信」の記事について投稿されたコメントを読みました。私の答えはこうです。ええ、CC達の言っていることが今、本当に理解できます…上記のメッセージについても、そして昨年10月に受け取ったパート7についても。素晴らしいコメントですから、まだ読んでいない方は是非読んでください。私達は自ら「ひとつ」となっています。そして集合体として素晴らしい情報の泉に身を浸しつつあるのです。コメントを読めば、それが確信できます。すべての皆さんへ−私達へ−ありがとう!

こちらが昨年10月にCC達から受け取ったメッセージで、
ついに掲載の指示を受け取りました:

創造の歴史 パート7

「皆さん、ここまで来ましたね。この穏やかで滋養豊かなエネルギー粒子の海は皆さんを待っていました。そして皆さんはもう一杯、このエネルギーを飲む準備ができていますね。そう、前に進み出たいという皆さんの意欲、皆さんのすべてをもって創造したい、これから皆さんが成ろうとしているものとして創造したいというその意欲こそが重要なのです。親愛なる皆さんはとても長い道のりを歩んできました。ですが、まだ「する」ことはたくさんあります。このメッセージでは個人的達成については話しません。集合体としての創造エネルギーが急増し、このエネルギーが皆さんを洗い流そうとしています。皆さんは導かれてこの宝庫に辿り着き、やっとアクセスを始めたばかりです。そして今、皆さんが本格的にこの宝庫の中へ足を踏み入れてゆく時が来ました。これから数週間、皆さんはずいぶん爽快な気分に浸ることでしょう。皆さんの尽力がいかにして実現してゆくか、その様子が見え始めるのですから。

皆さん、創造エネルギーのこの巨大なる海に本格的に入ってゆく時が来たのです。この海は皆さんを待っていました。皆さんのこの素晴らしい世界がその根源へと立ち返るために必要なものになら、何にでもいつでも「成る」ことができます。その根源は、皆さんがこれまで経験してきたような在り方とはまったく別の存在感覚に深く埋め込まれています。「楽園のような」というのが、これを言い表す最適な言葉でしょう。なぜなら親愛なる友人の皆さん、楽園が皆さんを待っているのです。ただし、皆さんが招き、呼びかけなければやっては来ません。これから解き放たれようとしている創造のフォースは皆さんを通してすべてを生みだします。何度もお伝えしましたが、これは皆さん「のため」になされるのではなく、皆さん「によって」なされます。これから皆さんは、創造という楽しみの時を迎えるのです。実際のところ、皆さんの中にはもうすでに夢の世界を懸命に創造している人もいます。ですが、今からは壮大なスケールで夢の情景が描かれてゆくのです。もう一度言いますが、皆さんは偶然に何かを創造するわけではありません。始まりの時から念入りに計画されてきたものを創造します。ですからリラックスし、この大規模な任務にあたって抑制が生じたなら、抑制のすべてを手放してください。そう、これは壮大な任務です。これほど壮大なものはありませんから、心底からこの任務に着こうと決意をするまで躊躇するのも当然です。当たり前ですね、人間のマインドで理解できる唯一のこと、それが制限です。ですがこれから皆さんは制限無しの創造フォースの車道に入ってゆくのですから、行く手を遮るような「抑制」が現れても、その抑制を手放すしか選択はありません。

だからといって、自分の楽しみのために自由に破壊してもいいというわけではありません。そのような選択肢はここにはありませんから、破壊の恐怖はもうこれを最後として退けるがよいでしょう。私達はリラックスして手放してくださいと言いましたが、それは皆さんのこのプロセスの中でどんな役割があるかについては明確な指示があるという事実について言ったまでです。ですから皆さんはただ、この飲み込まれるような「創造」の衝動に身を委ねてください。もうご存知のように、皆さんはただ意識をこのソースという潜在性のフォース領域と交流させてください。ソースは「皆さん」が強く勧めるがままに物質を生みだす原料なのです。何度も言った通り、皆さんは神です。人類は長らく、勇敢なる人がこの事実を主張するたびに火あぶりの刑に処してきました。ですが今は同じことをしても影響はありません。それどころか、可能な限り何度もこう繰り返し伝えるように言われることでしょう。「私は神だ、あなたもだよ。」と。長い間、人類はこの隠れた宝物を見つけることができずに生きてきました。ですが、もう鍵のかかった扉も、皆さんを真実から遮る入り組んだ通路ももうありません。さぁ、奇跡のような驚嘆すべき本来の皆さんに成るのです。皆さんは私達であり、私達は皆さんなのです。皆さん自身に向けて真実を解き放ち、未来への道を全創造物に示してください。そしてすべての人々にも真実を解き放つのです。」


愛と光と感謝をもって

アイシャ

Channeller: Aisha North
Webpage: Aisha North - Channelings and Words of Inspiration
翻訳:Rieko


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アイシャ・ノース2014/5/12:創造の歴史 パート7 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる