旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS フルフォード情報5/5:ウクライナをめぐる戦いはナチ/ブッシュの完敗になる

<<   作成日時 : 2014/05/07 23:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:つるはげ親父の独り言さんより

Benjamin Fulford geo-political news 5 May 2014
英文を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.net/
適切な日本語で書かれた記事を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.jp/

The Battle Over Ukraine Will Be The Bush/Nazi Waterloo
ウクライナをめぐる戦いはナチ/ブッシュの完敗になる

 ロシアを崩壊させる手段としてウクライナを利用するナチ陰謀団政府による大掛かりな奮闘は、彼ら自身を直撃し、その代わりに、ワシントンD.C.の犯罪者達を全面的に強制収容している。

 ナチの計画は、ロシアの石油産業のボイコットに始まり、ロシアを破綻させる口実として、ウクライナにおける犯罪を煽ることだ。この計画は、以前、ソ連のアフガニスタン侵攻の際、ソ連の原油をボイコットし始め、ソ連を破綻させた時にも行われた。

 しかし現在は、逆のことが起こっている。

 まず、BP(英国君主)、シェル(オランダ君主)、トタル(フランス・ロスチャイルド)及びエクソン・モービル(ロックフェラー)の全てが、ロシアのオイルビシネスに深く関与している。これは、ヨーロッパの独裁政治及び米国石油独裁政治の大部分も、協力していることを意味する。
 サウジアラビアやイランその他の産油国は含まれない。
 それらの政府は繰り返しそう話している。

 ドイツは、ロシアも支持するいかなる計画にも同調しないだろう。何故ならば、ドイツの産業はロシア経済と深く結びついているからだ。

 だからブッシュ、お前とその仲間は、もう友人がいないのだ。

 一方で、ムスリム同法、J.P.モルガン(彼らの全ての銀行は破綻したのを憶えておいて頂きたい)
及びブッシュ/CIAの世界的麻薬カルテルを含む全ての主要なブッシュ/ナチ勢力に対して、カウンター攻撃は続いている。恐らく、先週”ケネディ大統領の暗殺を命じた男”を弁護すると主張した人が、白龍会のメンバーと会談することに、何のサプサイズも起こりそうにない。

 その話題は、非常に難解な世界に入り組み、覆われてきたが、基本的に共同で行われた脅迫及び提案を覆い、分かち合った情報の組み合わせだ。
 それ以上のことはかき消される。

 白龍会の代表のために、近い将来についての会談のためにモスクワまで行くロシアからの招待もあった。この準備として白龍会は、先週CIAの代表がアイスランドでロシアと交渉したことに加わった。中国共産党政府の工作員も、その金融システムが創設されることに関するビッグニュースの予兆を暗示した。

 これらの交渉は神秘的な金融機関及びそれらの現金化を進めることに関するものだ。全て上手くいけば、突如として巨額のお金が、信頼できる、公平な手段で、人類にとって使用可能になるだろう。

 しかし、数兆ドル分の小切手を現金化する話は、顕在化した成果等を抜きにしては、数十年も続いてしまう。新たな金融システムへの段階的な変換が、未だ最も現実的なシナリオであるとするのがいいだろう。

 そのような方向であるなら、長い間の実例にあったように、進行している。

 まず、IMF及び世界銀行に取って代わることを目的とした新たなBRICS金融機関が、今年の7月に運営を開始するだろうと、ロシアの各州が所有する放送局が話している。

http://voiceofrussia.com/news/2014_05_01/BRICS-creating-parallel-Monetary-Fund-disillusioned-with-IMF-and-World-Bank-expert-0502/

 そして、ドイツの首相であるアンゲラ・メルケルが、先週ワシントンにいるオバマを訪ねている間、フランクフルトの金融街は、債権に記載されている中国人民元を発行した。

http://www.dw.de/frankfurt-issues-first-bond-backed-by-chinese-currency/a-17605819

 ワシントン及びニューヨークの人々へのメッセージは、幾分歯切れが悪かったに違いない:

 ドイツの産業界は、大幅にドル離れが起きてきた。

 米国諜報筋も、ドイツとオバマ政権が、NSAのスパイ工作とウクライナにおけるナチスの米国支援について、非常に異なった見解を持っていることを示した。ドイツ人は、ウクライナでのトラブルは、悪徳米国政権に雇われた、報酬目当ての殺し屋によって引き起こされたことをよく理解している。

 米国政府によって伝えられている嘘は、絶えず明らかな嘘を吐き出しているオバマや米国国務長官であるジョン・ケリーのような米連銀の役者を見て嫌気がさしてるようになっているのが、今や当たり前になっている。現在世界中が、次のようにワシントンD.C.の政権を見ているのが現実だ:悪徳テロリスト政権。

 最近の動向を見てみよう:

 世界大戦を始めるために、シリアでサリンガスをまき散らし、核での恐喝を利用して、マレーシア航空機をハイジャックし、現在ウクライナで無垢な市民を殺害している。

 多くの人々が、これらのことや書かれた記事にもう気付いているが、先週の4月の失業者数統計が減少したという米国企業政府の記述は、ジョージ・オーウェンが賛美するであろう。

 この政府は、失業者数統計から、新たな職を見つける前の失業手当が切れた80万人を除いて計算している。”公式な失業率”が6.7%から6.3%に落ちれば、それはいいニュースだからだ。
 民衆に対して株式市場をよく見せる時だ。

 彼らが騙そうと考えているのは誰だと思う?

We can tell the end of this regime is near because in recent days US attorney general Eric Holder, Michelle Obama
and now former Secretary of State Condoleezza Rice have all been forced by popular anger to cancel public appearances.

 我々は、この政権の終焉が間近だと断言する。
 何故ならば、最近米国弁護側のエリック・ホルダー司法長官、ミシェール・オバマ及び元国務長官であるコンドリーザ・ライスは、民衆の怒りによって、公の場に現れることを全てキャンセルせざるを得ない程だからだ。

 ”彼らの家から引きずり出せ、そして街灯柱から吊るせ”と、かつてジョージ・ブッシュ・シニアが上手く言ったように、彼らもそう長くはもたないだろう。

 また、最近メキシコ軍による米国への侵入もある。

http://www.kvoa.com/news/n4t-investigators-rogue-mexican-army-troops-crossing-the-line/

 これは、ラテンアメリカ政府が喜んで中国及びロシアと同盟を組み、米国人がワシントンD.C.にいる犯罪者達に対し行動を起こすまで、米国本土を侵略する徴候がほぼ確実だ。それが水面下で降伏交渉が続いている理由だ。

 上で述べたように、”ケネディ大統領の殺害を命じた男”の代理人は、白龍会との取引を避けようとしていた。しかし、それはやり手の白龍会のパワーの中では効果はない。

 ブッシュ家と彼の仲間であるナチスをどう処分するのかを決めるのは、米国民になるであろう。その代表はまた、日本における殺戮部隊を指揮する様々な派閥についての多くの詳しい情報を白龍会に提供した。

 例えば、ナチの所有物であるダライ・ラマは、日本において彼が命令するプロの殺し屋を雇っていることを確約した。もしナチが、この時に居合わせた全員を殺害しようとすれば、彼らは大変な過ちを犯すことになる。

 現在あまりにも多くの人が彼らを知っている。また、日本における主要な武装化したグループ及び暴力団と日本以外のアジア諸国は、もはやナチスと共に動かないのだ。

 白龍会は、殺戮に集中する代わりに、ナチスは精神病質者の階層にいる者達をパージし、隠された科学技術のいくつかを解禁することにより、今までの埋め合わせをすべきだと、提案した。

 それについては、筆者にフリーエネルギー装置を配布すると約束した人が先月話した。彼らはまだ、いくつかの克服すべき技術的問題を抱えているが、5月中旬には試作品の実験を公開することができると期待していると。

 乞うご期待。

 最後に、所謂”陰謀論者達”のための弁明を少し。
 先週英国政府は、旅客船ルシタニア沈没への関与をとうとう認めた。ドイツの潜水艦によってルシタニア号が沈められたことは、米国がドイツに対して、第一次世界大戦参加する主な理由の一つだった。

 現在、戦時国際法により、ドイツがその旅客船を沈めたことにおいて正当化されていたことが分かってきた。何故ならば、その旅客船は爆弾及び弾薬を運んでいたからである。

http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/may/01/lusitania-secrets-of-war-revealed-sinking

 願わくば、我々は99年間も待つのは御免だ。
 秘密結社がテロ事件である911や311等のスポンサーだったことについての真実が、関与した政府によって公開される以前に。

 恐らく正義が捻じ曲げられない内に?

(転載終了)



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

フルフォード情報5/5:ウクライナをめぐる戦いはナチ/ブッシュの完敗になる 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる