旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 金融不正取引−米NY州で高頻度取引業者6社に召喚状、取引所との関係で

<<   作成日時 : 2014/04/19 03:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:光と輝きさんより

(以下、『ブルームバーグ』、2014/4/17記事より引用)
------------------------------
チョッパーなど高頻度6社に召喚状、取引所との関係で-NY州
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N45CRG6JTSE801.html

4月16日(ブルームバーグ):
米ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官は、ハイフリークエンシー(高頻度)取引業者6社に対し、取引所および私設取引システム「ダークプール」との特別な取り決めやトレーディング戦略に関する情報の提供を命じる召喚状を送付した。
事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

調査の詳細が非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、召喚状が送られた取引業者には、チョッパー・トレーディング(シカゴ)とジャンプ・トレーディング(同)、タワー・リサーチ・キャピタル(ニューヨーク)などが含まれる。

ジャンプ・トレーディングのマット・シュレッセンゴースト最高執行責任者(COO)とタワー・リサーチのマネジングディレクター、マーク・ゴートン氏にボイスメールでコメントを求めるメッセージを残したがこれまでのところ返答はない。
チョッパー・トレーディングの担当者とは連絡が取れていない。

シュナイダーマン司法長官は先月、高頻度トレーダーに不当な優位を与える高速データフィードなどのサービスを一部の取引プラットホームが提供している可能性を懸念していると表明。

高頻度取引業者が競争相手を出し抜くために非公開情報を利用していないか米連邦捜査局(FBI)も調査を進めている。
--------------------------
(引用終わり)




関連過去記事

米FBI、 トレーダーや証券取引所の関係者を対象に内部告発を求める異例の捜査を開始
<< 作成日時 : 2014/04/07 01:12
http://mizu888.at.webry.info/201404/article_30.html

画像

『ブルームバーグ』、2014/4/5記事より引用
米司法長官:高頻度取引への徹底捜査約束−下院公聴会で

4月4日(ブルームバーグ):ホルダー米司法長官は4日、下院歳入委小委員会で証言し、高頻度取引がインサイダー取引に該当しないか徹底的に捜査すると約束した。

同長官は高頻度取引が一般投資家に不公平な状況をもたらしていないかとの懸念に対応していると述べ、「司法省は米金融市場の健全性を確保することに全力を尽くす」と証言した。

連邦捜査(FBI)は高頻度取引に関する捜査で、トレーダーや証券取引所の関係者を対象に内部告発を求める異例の行動に踏み切っている。


日本や世界や宇宙の動向さんより引用
4月4日に米株価が急落した理由は?
NYの株式市場の信用が失われつつあるため。


4月4日(現地時間)にアメリカの株価が急落したようです。以下のビデオでfabianさんは、欧米、特にニューヨークの株式市場が完全に不正操作されていることが徐々に明らかになってきたため、世界からの信用がなくなっているから、株価が急落しているのではないかと言っています。(以下略)


ウォール街で行われているロボット・コンピュータによる大規模犯罪
<< 作成日時 : 2014/04/02 02:04
http://mizu888.at.webry.info/201404/article_9.html

米株式市場では、株式取引所、ウォール街の大手銀行、高頻度トレーダーによって世界最大の不正操作が行われています。その被害者は株式市場で投資を行っている一般投資家達です。

しかしこのような大規模不正操作はテレビでよく見る株式取引所の表舞台で行われているのではありません。
米国内の60ヶ所以上の株式取引所に置かれた何千台ものブラックボックス(ロボット・コンピュータ)を介して、文書化ぜずに、一日に何十億ドルもの株取引が行われています。

このようなロボット・コンピュータは株式市場での株取引を、1000分の1秒の速さで行うようにプログラミングされています。このコンピュータ・システムはあまりにも複雑すぎて誰も理解できませんから、誰もこの問題を提起することができません。(以下略)



テーマ「新世界秩序(NWO)」のブログ記事
http://mizu888.at.webry.info/theme/9d55b14493.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

金融不正取引−米NY州で高頻度取引業者6社に召喚状、取引所との関係で 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる