旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/10:フルフォード情報―ナチ及びシオニスト達は平和及び新たな脅迫を同時に懇願している

<<   作成日時 : 2014/03/12 09:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:つるはげ親父の独り言さんより

Benjamin Fulford geo-political news 10 March 2014
英文を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.net/
適切な日本語で書かれた記事を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.jp/

Nazis And Zionists Are Simultaneously Suing For Peace And Making New Threats
ナチ及びシオニスト達は平和及び新たな脅迫を同時に懇願している

 ウクライナにおけるアメリカンアカデミー(旧ブラックウォーター)の傭兵達とロシアの特殊部隊との間での闘争及び先週のマレーシア航空機の撃墜事件は、一か八かの交渉が進行している背景にあるだけだ。

 これらの暴力的な事件もまた、雪だるま式に増えるナチ/シオニスト狂信者のパージに対する反動だ。
 それは現在、ナチとムスリムの友好を禁止したサウジアラビア及びその他の湾岸王国に拡大している。

 彼らがエジプトからパージされてから、最近の拠点が中東になったことを意味する。
 且つ、最近のオイルマネーの供給源はカタールであり、それはアルジャジーラのプロパガンダ報道に流れている。


 マレーシア航空機事故の直前、中国付近で”スカイロケット”のテロ攻撃を引き起こす脅迫が、フィラデルフィアの市外局番である215を使用した通話に現れた。

 これは、ウクライナににおける騒動が前もって預言されたのと同じ手法だ。

 フィラデルフィアは、陰謀団が計画する”世界統一宗教”の上級提案者であるフェトフッラー・ギュレンの拠点だ。

 ギュレンは、ウクライナにおける騒動を続けるために、タタール人の活動家を送ったことに関わっている。

 トルコは元々、トゥーレ教会及びナチズムを創設した、サバタイ派マフィアの本拠地だ。


 アメリカ国防省諜報局及びMI5の情報によると、金鉱のためにニューギニアで偽装し、潜伏しているナチの潜水艦がある。
http://www.islandsbusiness.com/news/switzerland/4798/vanuatu-calls-for-action-from-un-on-west-papua-sit/


 これは、明日で3年前になる日本への3.11核及び津波テロ攻撃を引き起こすのに使用する、アジアへの秘密作戦基地の1つだ。

 マレーシア航空機を攻撃するには持ってこいの場所だ。


 何れにせよ、ウクライナ及びマレーシアにおける騒動は、恐らく他でも直ぐに起こると思われるが、いくつかの大きな派閥間における進行中の交渉が、その背景にあるのだ。

 軍産複合体の代表が先週白龍会に接触し、フリーエネルギーテクノロジーによってオイルがすたれることを仮定した、全面戦争に突入する脅迫も含み、いくつかの条件を提示した。
 或いは全面的な監視の下で続けることを容認するNSA関係者の要望もあった。


 白龍会によると、フリーエネルギーテクノロジーは、例えば海水を淡水化して砂漠を緑地に変えたり、北極及び南極を温暖化したりと、現在のオイルビジネスが遂行できない場合の研究課題として、当初容認された。

 石油産業から新しいエコシステムを創り出すビジネスに移り変わることで、オイルは徐々に必要ではなくなっていく。

 石油産業関係者は、彼らが天然ガスを使った炭化水素ビジネスに手を広げ続けることが容認されるよう願っているが、これも限られたオプションと考えられる。


 政府がその国のプライベートな空間で役割を果たさないので、少なくともNSA関係者は、人々のプライベートな空間から出て行くべきだと言われた。

 彼らはまた、突き止めることがどんなに大変な事でも秘密にしておこうとすると、言われた。


 一方ナチは優生学的ポリシーを主張している。

 彼らは、殺戮、不妊その他”ただ飯食いの役立たず”の間引き等、如何なる優生学も許されることではなかったと、言われた。

 しかし交渉に関する情報によると、遺伝性の病を治療し、人々の能力を高める遺伝子工学を使った現在のタブーは、解禁されるだろう。


 何れにせよ、最終的な対策が講じられるまで、プレッシャーは増す。
 米ドル及びユーロの借金奴隷システムの背後にいる陰謀団が人々から強制労働から解き放つまでだ。


 そのプレッシャーは、陰謀者達が中東で殆どの支配を失っている、そして最近取得したリビアの領土の支配権を失いかけている、エネルギー分野で極めて顕著だ。

 リビアでの反対勢力により、港に停泊中の原油を積んだ北朝鮮のタンカーの最新ニュースは、支配権を失った明らかな徴候だ。
http://www.aljazeera.com/news/africa/2014/03/libya-threats-n-korea-ship-over-seized-oil-201438174842900528.html


 陰謀団の権力の減衰の最も明らかな徴候は、ワシントンD.C.では政権を保持してはいるが、ウクライナに侵攻したロシアに対し、支持を表明した対応に見られる。


 この件において、ドイツ、フランス及び英国は、多くの正当な理由から、如何なる支持も全て拒絶している。

 一番の理由は経済だ。
 これらの国々はロシア及び中東のエネルギー及び投資に頼っている。

 如何なる支持も、彼らがロシアに頼るよりも遥かに彼らに損害を与える。

 別の理由はモラルの問題だ。
 民主主義的な選挙体制が、活発にナチのイデオロギーを信奉する外国からの暴力的な傭兵によって追放されるということだ。

 強奪者体制を支持する如何なるのヨーロッパ諸国も国際法に違反していることになる。


 合衆企業政府には、もうあまり協力者が存在せず、支持によって自分自身が打撃を受けているというのが現実だ。


 ロシア、中国及びその他の国の人々は、米国の農産物の輸入を禁止し、米ドルでの債券の全てを捨て去ると脅かし、米国債を売っている。


 このような状況で、ペンタゴンと米国軍の大部分及び諜報局は、白龍会及びその同盟者達と提携している。


 米国の核命令機構からのブッシュ、ナチのパージが1つの良いサインだ。

 アダムスグループのゴードン・ダフによると:


 「ブッシュファミリーは、スパイが米国軍士官学校、及び最終的には米国核命令機構に深く潜入している、異教徒であるユダヤ教−キリスト教同一のカルト宗教である、権力支配主義に飽きたのだ。

 我々が全ての核における軍事力の影響力が’統制の減衰’として聞いているのは、これらの’支配者たち’排除のことだ。」
http://www.veteranstoday.com/2014/03/07/gladio-the-gift-that-keeps-on-giving/


 しかし、核戦争の脅迫は未だ交渉にのしかかっている。

 イルミナティ・グノーシス派は、核のゴロツキを抱えており、現在ロンドン及びエルサレムを壊滅させる脅迫をしている。

 従って、ウィン−ウィン状態に仕上げる努力は、様々な派閥の意見を取り入れようとすることによる状況下において可能なのだ。

 この惑星が向かう方向を変えることは、困難を伴い、忍耐を必要とする。


 我々は、今月の、特に中旬に計画されている出来事について聞いている。
 しかし、余りにも多くの月日が過ぎてしまい、信憑性のある最終的な予測を提供できなかった。

 そうは言っても、米連銀の交渉チームは、交渉のために、4月初旬に白龍会と接触するだろう。
 そしてそれは問題打開の現場となり得る。

 一方一般大衆は、彼らにはできない、観れないことを行わなければならない。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

3/10:フルフォード情報―ナチ及びシオニスト達は平和及び新たな脅迫を同時に懇願している 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる