旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 【EU初の汚職報告書】EU加盟28か国にまん延する汚職の年間損失総額は16兆円以上

<<   作成日時 : 2014/02/04 12:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
出典:Voice of Russia

2014/2/4|AFP Newsより

EUが初の汚職報告書、年間の損失総額は16兆円以上

【2月4日 AFP】欧州連合(EU)の加盟28か国にまん延する汚職による損失総額は、EUの総予算に匹敵する年間約1200億ユーロ(約16兆4000億円)「絶句するような」巨額に上っていると、欧州委員会(European Commission)のセシリア・マルムストローム(Cecilia Malmstroem)内務担当委員が3日、明らかにした。

 同氏は、出身国スウェーデンの日刊紙Goeteborgspostenに寄せた論説で、欧州委員会が初めてまとめた報告書について言及した。それによると、EU全体の総生産の1%近くに相当するこの額はあくまで「推定」であって、実際は「恐らく…もっとずっと高い」と指摘。「手をこまねくことの代償は大きすぎる」として、加盟各国に汚職の根絶のためさらなる措置を講じるよう呼び掛けた。

 同報告書は、各加盟国の汚職の深刻さの度合いや法的制裁については言及していないが、マルムストローム氏によると加盟国との協議後に発表される可能性もあるとしている。同氏は「1つ確実に言えるのは、欧州に汚職のない地域は存在しないということだ」と述べている。

同氏は特定の国名を挙げることは拒否したが、EUは以前からブルガリアとルーマニアでの汚職、特にEUからの資金の使途について懸念を示しており、両国が2007年にEUに加盟した際には共に特別な監視制度の対象とされた。(c)AFP/Bryan McManus

(転載終了)



再掲
EUの犯罪と闇を徹底的に暴露した本がついに登場
−(出版は警察によって妨害された)

<< 作成日時 : 2013/03/09 10:59 >>
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_19.html
日本や世界や宇宙の動向さん2013年03月07日 より

イギリスのモート氏は非常に勇敢で正義感のあるEU議会のメンバーです。彼はメンバーでいるにはあまりにも正義感が強くマトモな人だったために、EUの犯罪や闇に我慢ができずに、独自に協力者を得て、調査し記録してきたのです。彼のような人が存在するお陰で、このような国際的組織の闇が次々に暴露されていきます。国際的組織と言えばTPPも同様です。TPPも闇や腐敗や汚職や犯罪が横行するでしょうね。

世界で権力を行使できる巨大組織であればあるほど闇は深いものです。長い間、世界は犯罪者集団によって支配されてきました。従って、国際的な組織(国連も含め)は必ず裏で犯罪を行っているのです。

犯罪者でないと世界中の支配権を握ることはできません。このような欧米の犯罪者集団に代わり、今後、台頭しようとしているのが、中国政府という犯罪者集団ですが。。。

このような国際的な組織に所属している人たちは、非常に次元の低い連中です。残念ながら、世界は長い間、こんな連中に支配されてきたのです。このような犯罪者集団が世界中にのさばり、悪さをしてきたのです。地球には犯罪者集団の帝国が築かれてしまいました。

その底辺で何も知らずに毎日働き続け、何とか生活を維持してきたのが一般庶民です。

このような連中をこれ以上、地上にのさばらせておかせないためにも、モート氏のような内部告発者が今後もたくさん現れることを望みます。以下の暴露本(英語)を読んでみたいと思われる方はアマゾンから購入可能です。

http://nesaranews.blogspot.jp/2013/03/now-we-have-massive-exposure-of.html
(内容)
3月6日付け:
EUの腐敗を徹底的に暴露したeBook(題名:A Mote in Brussel's eye)が出版されました。
ヨーロッパの皆さんは特に必読です。

このeBookの著者であるアシュリー・モート氏は3月5日に、以下のコメントを書いています。
・・・・本日(3月5日)、9人の警官が突然予告なしに、私の家に押し寄せ、家宅捜査令状を突きつけて、家の中を捜査しました。私が書いたeBookには、EUが納税者が支払った税金(公的資金)を全て悪用しており、その責任を問われるべきであることを(イギリスの納税者を代表して)全て暴露されています。

本の出版が警察に邪魔されました。

本当です。嘘ではありません。

私のEU回顧録であるA Mote in Brussels’ Eyeというタイトルの本は、ブリュッセルの癲狂院(EU本部)での5年間の体験を綴ったものであり、1月末にeBookとして出版されました。

そして本日(3月5日)、9人の警官が突然予告なしに、私の家に押し寄せ、家宅捜査令状を私に突きつけて、家の中を捜査していきました。

ブリュッセルのEU当局がこのように異常なほどに早く反応したということは、私の本が販売されることに激怒しており、内容が暴露されることに恐怖を感じていることが伺えます。私の本は彼等に多大な問題を引き起こそうとしているからです。私の家を家宅捜査した警察チームはハンプシャーのヘットレイに拠点を置く経済犯罪捜査チームです。この組織のリーダーは、ロバート・クーパー(1234)と金融捜査官のナイジェル・ホプキンス(11276)です。私に突きつけた家宅捜査令状を裁判所が許可したのは、つい昨日のことです。
私はEU内部を調査するためにEUの公的資金を使ったとの嘘の理由でEUが私を告発したのです。

これは作り話ではありません。つまり彼等は、私が他人(反EUの団体、内部告発者、EUの現・元職員、法廷会計士、憲法に携わる法律家)を雇って、EU内部の調査を行い、何年間も私を追跡してきたEU内部の犯罪者達について何も話すなと主張しているも同然です。警察は、私の家からいくつかの関連書類を押収しました。しかしその中の1つは、EUの連中が私に本の出版をしないようにと脅迫した内容の文書なのです。
また、警察は私の家で見つけた現金を、マネーロンダリングを行っているとして、全て奪っていきました。その結果、午後、牛乳配達人に牛乳代を払う現金すら残っていませんでした。
幸いにも、私の本はよく売れています。今後は販売数が伸びるでしょう。
この本をまだご存じない方は、私の新しいブログサイトに書いた詳細をご覧ください・・・・・

(モート氏のブログサイト)
http://amoteinbrusselseye.blogspot.co.uk/

(概要)
画像



















欧州議会のメンバーによる回顧録

EUの城壁内で5年間戦ってきた著者による驚愕の大暴露本

イギリス人の欧州議会議員が綴った詳細記録


<EU組織の犯罪を明かす有力な証拠>

〇イギリスの納税者の支払った税金を産業規模で組織的に略奪してきた。

〇EUの風土病である腐敗と詐欺を明かす徹底的な証拠がある。

〇多様性を主張しているが、実際は規制と標準化が目的のEU。

〇EUは更なる資金を要求しながら、巨額の現金を留保している。

〇巨大企業は、他企業を市場から追い出し市場独占を狙ってEUへのロビー活動が盛んだ。

〇EUの東側国境沿いから大量に流入している移民をEUは完全放置。

〇EUは、EU諸国から主権と支配権を違法に略奪して占領している。大量移民と犯罪者の流入により国家同一
性としての国の存在を消滅させている。

〇3000もの秘密委員会による継続的なEU悪法案の作成。

〇EUはロビイストに資金を提供し、新たな悪法案の制定を要求させている。

〇ブリュッセルのEU本部に不正なお金が流れていることを示す動かぬ証拠があるにも関わらず、英重大不正監視局や英警察は捜査を拒否。

〇 EU当局者は英貴族院を彼等の悪事に巻き込んでいる。

〇情報操作を行うためにBBCに多額の長期低利貸し付けを行い、BBCを買収した。

〇欧州中央銀行は新たな500ユーロ紙幣の大量発行を許可したが、その紙幣はマネーロンダリングのために麻薬王が全て使った。

〇EU官僚の口癖・・・自分には責任はない。悪いのは全て他人。誰も責任など感じていない。

イギリスとEUは欧州議会から私(モート氏)を追放しようと試みたが失敗した。しかし私を追放するために使った費用は100万ポンドにも上る・・・これは全てイギリスの納税者の税金である。EU内部に所属することは決して楽なことではない。彼等は理性のない政治行為を行っているだけだ。そこは殺すか殺されるかの状況だ。私はもう少しで殺されかかった。私はEUを調査しただけでなく、危険すぎるほど深く掘り下げた。EU内部では私をゲリラと呼んでいた。だから彼等は私を恐れているのだ。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

【EU初の汚職報告書】EU加盟28か国にまん延する汚職の年間損失総額は16兆円以上 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる