旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 死亡した(殺害された)JPモルガン・ニューヨークと・ロンドンの2人は同じ情報を共有していた

<<   作成日時 : 2014/02/16 03:19   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:日本や世界や宇宙の動向さんより

死亡したJPモルガンの2人の銀行家はお互いに重要な情報を掴んでいた?

これまでに20人以上の銀行家が死亡しているそうですが、彼らはみな、国際金融エリートに殺害されたと言われています。彼らは銀行内部の重要な情報を掴み、それを暴露しようとしたから殺害されたようです。アメリカ国内でもオバマ政権を批判し、真実を暴露している内部告発者を投獄したり殺害しています。

JPモルガンの銀行家2人もどうやら何か重大な情報を掴んでいたようです。ロンドンとニューヨークで働いていた彼らはお互いを良く知っており、同じ情報を共有していたそうです。

このように権力者たちは自分たちの犯罪を隠蔽するために次から次へと彼らのとって都合の悪い人物を暗殺しています。ここでもサイコパスが跋扈しています。恐ろしい世界です。エリート集団には偽ユダヤ・シオニストが多いのも特徴です。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/02/dead-jpm-bankers-knew-each-other-and-had-uncovered-something-2898136.html
(概要)
2月13日付け:
画像

スティーブ・クイル氏が金融専門家のV氏から入手した情報によると:

死亡した(殺害された)銀行家の1人、ライアン・ヘンリー・クレイン氏(JPモルガン・ニューヨーク)はITと全ての金融取引を監督し、ロンドンのビルの32階から転落死した銀行家、ガブリエル・マギー氏(JPモルガン・ロンドン)と緊密に仕事をしていました。

V氏によると、クレーン氏とマギー氏はお互いに親しい関係を築いており、彼らは共に重大な情報を入手し、それを暴露しようとした可能性があるそうです。

クレーン氏はプログラム・トレーディング・デスクのトップという立場で、JPモルガンの金融取引を全て監督していました。従って取引の全てをPCの画面上で確認することができたのです。

クレーン氏はロンドンのオフィスと緊密に仕事をしてしたため、マギー氏と同じ情報にアクセスできたのです。そしてマギー氏とは年齢もさほど違わず親しい関係となっていたのでしょう。JPモルガンが2つの重大発表を行った時に彼らは殺害されました。

以下がJPモルガンの2つの重大発表です。

1. JPモルガンにはもはや金融商品がなくなっている。

2. 中国人にNYのJPモルガンのビル(マンハッタン・プラザ)を中国人に売却。


もしV氏の情報が真実なら、この背後には巨大な犯罪が潜んでいることになります。彼らが暴露しようとした情報は一体、何だったのでしょうか。彼らはJPモルガンの巨大な金融犯罪を知ったのかもしれません。

(転載終了)



2/4:フルフォード情報―太陰暦の祝賀が終わった後(2/10の週の初め)に戦いの始まりが予想される
<< 作成日時 : 2014/02/04 18:46より抜粋
画像
(中略)
銀行取引の世界では、水面下で多くの闘争も行われている。そしてそれはJ.P.モルガン、スカルアンドボーンズ及びブッシュ(シャーフ、ピアース、ペッチ)ファミリーへの協力して行われた攻撃と関係がある。

先週の3人の銀行家の変死は、全てこの闘争と関係があると、MI5他の筋は伝える。ロンドンで死んだJ.P.モルガンの銀行家であるガブリエル・マギーは、ヨーロッパ、中東及びサウジアラビアを含むアフリカと取引をするITスペシアリストだった。彼は市場の動向を見抜く’予想’プログラムを市場で働かせた。それらは人工知能に最も近く、莫大な利益を生み出した。

英国の調査官は、彼が多額のドルを流しているのをBRICS諸国に気付かれていることを突き止め、告発しようとした後、口封じのために殺されたと見ている。

ドイツ銀行の役員であるウィリアム・ブロエクシュミットは、ドイツ銀行が金の価格を安定させる委員会から撤退した後死亡し、パリからその金が移された。調査官は、その銀行家が殺された理由は、ドイツ銀行がJ.P.モルガンの支援を止め、金の市場から一目散に逃げたためだと睨んでいる。

現在J.P.モルガンは米国で、金のデリバティブの60%を所有しているそれは所有している金の現物よりも65倍多い特別引出権を所有していることを意味する。ドラゴンファミリーその他は、J.P.モルガンに現物の金を手渡すよう、要求している。

我々にもたらす3人目の死は、元米連銀のエコノミストであるマイケル・デューカーだ。彼はラッセル・インベストメントという名の企業に勤務していた。我々はまだこのことを立証しようとしているが、ラッセル・インベストメントはスカルアンドボーンズ及び外交問題評議会を支配するラッセル・トラストと繋がりがあるようだ。デューカーは、米連銀による年金と保険金の略奪を告発しようとしたから口封じに遭ったのかもしれない。

また、先週、サウジの王子が史実に遡る中国の金の有用性について尋ねるために、白龍財団と接触した。先週訪れた1月31日の決済期日を思い出して欲しい。

どんな主要銀行(J.P.モルガン?)でも金の現物を送付したり、他の支払いを行うことができなければ、彼らは閉鎖される前に金を差し出す2月中旬まで機会が与えられるであろう。米国財務長官であるジェイコブ・ルーが如何に、最近米国政府が2月7日に資金切れを起こす可能性があることを懸念し、それまでの数日間どのようにして延命させるトリックを使うことができるかを憶えておいて欲しい。
全文⇒http://mizu888.at.webry.info/201402/article_14.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

死亡した(殺害された)JPモルガン・ニューヨークと・ロンドンの2人は同じ情報を共有していた 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる