旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS アイシャ・ノース:エネルギーアップデイト14/2/10/いよいよ、かつてないレベルでの流動性へ…

<<   作成日時 : 2014/02/11 20:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:Japanese - The Manuscript of Survival さんより

アイシャ・ノース〜エネルギーアップデイト
2014年2月10日

A short update on the energies
http://aishanorth.wordpress.com/2014/02/10/a-short-update-on-the-energies-19/

到来しているエネルギーの影響により、大規模な動きが生じています。もちろん、広大なスペクトラム全域、つまり物理プレーンから秘密のプレーンまでその影響は行き渡っています。どの情報源にも混乱が生じています。おわかりでしょうか、このいわゆる混乱は皆さんが壮大なる転換に足を踏み入れているという確かな証拠です。オペレーションのこの段階が本格的に始まると、すべてのものが必ずこのエネルギーの影響を受けるのです。

さあ、いよいよです。皆さんはそのもっとも偉大な姿を表そうとしています。姿と言いましたが、古い乗り物、つまり人間という原始的な存在から真新しい、広く開かれたバージョンの「皆さん」へと転換を遂げつつあります。つまり、皆さんは前へ、外へ、上へ、内へと同時に広がっています。ですから、考え方から環境まで、すべてが突然変わってしまって落ち着かない経験をしている人も多いことでしょう。それも無理はありません。

いまはすべてが流動しています。それも、かつてないレベルでの流動性です。一番ピッタリくるイメージとしては、春が来て凍っていた川の水面の氷が割れてゆく様子です。氷にせき止められていた水や凍った水、氷などがいっせいに動きだし、バラバラに割れていきます。別々に存在していたものが同時に同じ方向に向って動きだし、大衝突を起こします。凍って固まっていた川が急に解かれて広がり、下流の方では大氾濫が起きそうです。こういった影響もまた、このプロセスを通して皆さんが経験するものです。ただ忘れないように、これは大惨事ではありません。古くから抑圧されてきたエネルギーを大量に解放しているに過ぎません。すべてが落ち着き、もっと平穏で着実な流れに戻るまでしばし時間がかかることでしょう。

このように言うと恐がる人もいるかもしれませんが、いいですか、光のフォースが人類のもつ自由な流れを邪魔してきた古い構造を打ち壊すだけです。ですから、破壊のように見えても単に古い世界から自由に解き放っているに過ぎません。自由への解放は、表面的には破壊の様相を帯びるのが常というものです。ですが、実際にはこれが復活の形なのです。人間の古くて塗り固められたような存在のあり方は強化セメントで作られた古い箱にとてもよく似ています。光のパワーに負けないように築かれていますからね。ですが、十分な強さは持ち合わせていませんでした。それは多くの人がもうよくご存知で、断言できるでしょう。この箱には安全ハッチが取りつけられていたのです。このハッチは簡単に開けられますし、中にいる人は自由に外に出て新鮮な空気を味わうことができたのですから。

それでもまだまだ制限という古くも強化された概念は辺りに散らかっています。これから光のパーセンテージが急速に上昇してゆきますから、その概念は一つまた一つと崩壊してゆきます。これから皆さんは興味深い反応を目の当たりにします。これらの箱やダムは一つずつ破裂し、これまで抑えつけられていたエネルギーが解き放たれ、おもむくままに下流へと流れてゆくのですから。ええ、まったく予想すらつかない所から嵐が巻き起こることでしょう。ですが忘れないでください、それがもたらすエネルギーはあらゆる形で大気を洗い流してくれます。誰にも止めることのできないこの自然のフォースを見て大勢の人が怖気づくことでしょうね。ですが、覚えておいてください。この全プロセスは念入りに前もって計画されたものです。何かをさらに悪化させるために起きたりはしません。すべての人を過去の束縛から解き放ち、自由にするためにこのプロセスが始まるのです。

繰り返しお伝えします、風がどれほど強く吹きつけようとも、どれほど大量の水や氷が川を激しく流れようとも、すべては春が全力をもって到来しているのだとわかっていてください。永遠に終わらないと思われたエネルギーの冬の最後の名残まで洗い流されれば、この春は一番初めに蒔かれた種を花咲かせてくれることでしょう。

Channeller: Aisha North

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アイシャ・ノース:エネルギーアップデイト14/2/10/いよいよ、かつてないレベルでの流動性へ… 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる