旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 2/24:フルフォード情報―ウクライナでの紛争及び陰謀団の終焉の兆しとなる更なる銀行家の死

<<   作成日時 : 2014/02/26 10:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
転載元:つるはげ親父の独り言さんより

Benjamin Fulford geo-political news 24 February 2014
英文を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.net/
適切な日本語で書かれた記事を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.jp/

War In The Ukraine And More Banker Murders As Cabal End-Game Begins
ウクライナでの紛争及び陰謀団の終焉の兆しとなる更なる
銀行家の死


ロシア及びアジアの情報筋によると、東欧及びアジア諸国は陰謀団に対して近々ある意味地球規模の大きな攻撃を仕掛けることになりそうだ。

ウクライナにおける最近のごまかしは、陰謀団が超えてはならない一線を越えたことを意味し、ロシアは既に臨戦態勢に入ったと話す。

アジア諸国は多少控えめだが、それにも拘らず、ある意味一線を越えたことを認識し、その行動は迫っている。

一方ニール・キーナンによると、ブッシュ及びロックフェラーファミリーは、彼らに対する証拠隠蔽のために、近々1200人の銀行家を殺害する計画だ。

銀行家達は若返り、様々な金融市場で、殆どが決まりきった計算方法での取引及び操作に関わることが予想される。

また、気の利いた読者なら、私に送られたこの記事で、これらの人々の精神が如何に歪んでいるかというサインは、各銀行家の死が大きなデリバティブの利益をもたらすことから解かるはずだ:
http://wallstreetonparade.com/2014/02/as-bank-deaths-continue-to-shock-documents-reveal-jpmorgan-has-been-patenting-death-derivatives/

これらの状況下で、白龍会は、自分が標的になり得てしまったことを公開する代わりに、身に危険を感じているどの銀行家に対しても保護することを提案している。

憶えておいて欲しい。
一度その情報が公の場に現れてしまえば、彼らを黙らせるために殺害する理由はなくなる。

また、現時点で所有する銀行家達から直近の多数の銀行家の死までを取り巻く報道及び容疑の全ては単純に消され、死体は決して見つからないだろうと、キーナンは話す。

キーナン及びその仲間によると、以下の人々は自然の摂理に従い、終わりの合図に際し、吊るし上げられるだろう。
http://neilkeenan.com/images/C&D_2_14_1.png

また先週白龍会は、どのようなポスト陰謀団体制が適切且つ望まれるかについて、イルミナティ・グノーシス派と交渉した。

アレクサンダー・ロマノフという名で通っているイルミナティのグランドマスターによると、イルミナティ・グノーシス派は、ウクライナのヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権を排除する者だと主張した。

ヤヌコーヴィチ体制が、EU諸国及びウクライナの主な政党に支持されたにも拘わらず、非国家的行為の働きを示し、引きずり降ろされたのは事実だ。

ロマノフの言うには、彼の仲間は、ロシアのウラジミール・プーチンの排除と同様にヨーロッパの他の国にも、同じように反乱を助長する改革を望んだ。このグループもまた、永久に血統支配を終わらせるために100%の相続税を要求している。

白龍会は、祝典を逆手にとり、或いは私的及び公的負債を一旦帳消しにし、より善意のある且つ現実的なアプローチである、不正に蓄積された資産の再分配を両立させた。富を創造することによってお金を稼いだ人々がそれを保持することが許されるべきであり、他人から富を奪うことでお金持ちになった人だけがその人たちの富を没収するべきであることが明らかになった。

イルミナティのグランドマスターはこのアプローチに同意した。

しかし、キーナンのグループ他のように、白龍会が正義や寛容さは報復よりマシだと思っている一方で、彼らは世界の多くのエリートに対して刑罰を主張している。

何れにせよ、ウクライナで起こっている騒動はただで終わりそうにない。

ロシア政府筋がこの状況について述べている:

”ウクライナの暴動は米国大使館が全世界を苛立たせることから始まった。

初期の暴徒達は野球帽をかぶり、レース付きの茶色い靴を履いていた。

キエフではレース付きの茶色い靴はなく、我々は野球帽すらかぶらない。

正に、東地区でのオリンピックの後、動く用意がある。”

オリンピックは終わったばかりで、この騒動が静まった時、この騒動に関係したウクライナの暗い部分が地図上でロシアの一部になることは賭けてもいい。
http://www.washingtonpost.com/blogs/worldviews/wp/2013/12/09/this-one-map-helps-explain-ukraines-protests/

ペンタゴンが、ウクライナでナチ/EUがクーデターを計画してロシア及び中国で第3次世界大戦を起こす術はない。そして彼らのウクライナにおける如何なる軍事攻勢の試みも、ヨーロッパ単独で天然ガスの供給が止まり、それを打ち破らなければならないことになるだろう。

何れにせよ、財務省長官ジェイコブ・ルーによって今週預言した通り、或いは元ネルソン・ロックフェラーの元アシスタントであるグラディ・ミーンズによって預言された3月4日の翌週に、米国政府が破綻すれば、ウクライナの件は余興としてすぐに終わるであろう。
http://www.washingtontimes.com/news/2012/oct/25/us-economy-on-schedule-to-crash-march-2014/?page=all#pagebreak

もしこれが起これば、詐欺行為が暴かれ、新たなシステムがオンライン上に供えられるまで、インターネット及び全てのクレジットカードが数日間閉鎖されるのと同様に、全ての銀行、そしてATMまでそれが期待できる。

その間、数人のグループが米国ドルを発行し、配ってきた過程を乗っ取って以来、過去100年に渡って実際起きてきたことに洗脳された従順な人々のために、緊急の報道網が間を保つであろう。

これは通らないかもしれない。何故ならば、陰謀団は、自分で撤退することは殆どないことを示してきたからだ。

最近オーストラリアで行われたG20の会合でも、或いはその他の会合でも、彼らは延命するための私的な銀行口座からお金を没収することについて言及し、保持した。

ニール・キーナンの立場では、陰謀団が人々が従順になるように脅えさせるようにこのシステムを破壊し、彼らに対する支配を強めるだろうと思っている。

もし彼らがそのような試みをすれば、陰謀団を打ち砕くための最終的な騒動を解決する前に、大きな混乱が生じ、不快な事が起こる可能性は非常に高い。

一方アジアでは、上で述べた通り、何かが計画されているが、具体的には未知のままだ。

しかし、確実な手掛かりにはならないが、山口組本部である神戸出身の者が、太平洋に餌をまいたとして高笑いをしている男のビデオを筆者に見せた。

また、女神である弁天の寺院がある東京の井の頭公園の池、伝説によると弁天は白龍を手なずけ、弱みを保護するのだが、そこでは水が抜き取られ、外来種が除去された。

その作業が行われた日本語のビデオを見て欲しい:
http://www.youtube.com/watch?v=6ejvtrtRSKo

恐らく、もし私が東京にいるゴールドマンサックスのギャングなら何も起こらないが、私は万が一に備えて、しばらくの間、何処かで休暇を取るつもりだ。

(転載終了)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

2/24:フルフォード情報―ウクライナでの紛争及び陰謀団の終焉の兆しとなる更なる銀行家の死 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる