旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS アイシャ・ノース活路の見付け方384:ただあるがままで、そして冷静で、もう一人の自分の役目に任せて…

<<   作成日時 : 2014/01/11 10:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:Japanese - The Manuscript of Survival さんより

活路の見付け方 パート384
2014年1月10日

The manuscript of survival – part 384
http://aishanorth.wordpress.com/2014/01/10/the-manuscript-of-survival-part-384/

もうおわかりでしょうが、皆さんの親切なお隣さん、太陽からやってくる攻勢は皆さんに確かな印を残すことでしょう。と言っても、経過として表れる症状のことではありません。このエネルギー粒子が運んでくる情報のことです。その情報は皆さんの体内に入り、あらゆる形で声高らかにその存在を告げ始めることでしょう。これもまた、個人個人のチューニングできるレベルによります。私達の言っているこの情報は地球規模に行き渡っていますが、その情報自体は地球規模のものではありません。ただ、大勢の人々がその内なる粒子の声を聞くでしょうから、このエネルギーは波及効果にのって広大に広がってゆくことでしょう。


私達が言っているのはこういうことです。つまり、皆さん一人一人の肉体の各細胞の中で、内部会議がいま行われているところなのです。何より、それらの細胞と皆さんのもっと漠然とした部分、つまり魂との間で会話が始まっています。皆さんの中では、すでにもう長い間たくさんの会話が行われてきましたが、まだ皆さんはそれを意識的に参加していません。それも当然です。この会話の大部分は、皆さんの人間の部分の意識では検知できないレベルで行われているのです。皆さんの体内で起きている身体的プロセスは全て、全く別に起きているようなものです。おそらく、皆さんが理解するにしてもあまりにも複雑過ぎるというのもあるでしょう。しかし、これについては別のレベルがあります。皆さんの潜在意識−というより上位意識と呼ぶべきかもしれませんが−と、皆さんの肉体の別の要素の間で起きている相互作用の周波数のことです。


覚えているでしょうか、私達は以前、皆さんと皆さんの肉体は天の取り合わせで結びついているとお話しましたね。この両者はいま、さらに深く一体化しようとしています。以前は壁で遮られていましたが、その壁が取り払われ、新たに結びつくチャンスが皆さんに与えられたためです。これまで長い間、皆さんの身体は自らのやり方自分のショーを行ってきました。魂が身体にどんな指令を与えようと、です。ですから、いわば自己完結する習慣がついています。しかし、これもいま再び、とても深遠なレベルで変わろうとしています。覚えていますか、皆さんの高次の部分とこの人間の乗り物の関係性はこれまでもアップグレードしてきました。それが今、この両者間の情報のやりとりが向上します。ですから、皆さんのあらゆる場所どうしで情報が激しく飛び回っているのを感じることでしょう。こう言うと混乱するかもしれません。皆さんは、これまでそのように遠く隔たりのあった自分のあらゆる部分が集まり、皆さんの肉体の中に新しいホームができたのだと理解してきました。それこそが、ワンネスへと戻るということです。しかし、まだ皆さんの肉体の中におかれていないパーツがあります。そのため、身躯体的にも非肉体的にも皆さんという存在の全てを行き交う情報のための通り道を最新式のものにせねばなりません。そのようなわけで、親切に手伝ってくれる皆さんのパートナーである太陽によってこの最新式情報カプセルが皆さんの存在の中に投入されているのです。


この全設定を微調整するためには、まだ新たな接続作業が必要です。この設定は本当に複雑なのです。今のところ、皆さんは完全な状態ではありません。親愛なる皆さん、全ては時間を要します。私達も、いよいよです、全てが収まるべき場所に収まりました、と言いたいのは山々なのですが。以前、偉大なるイベントがもうじき来ますよと伝えましたね。それを撤回しているように思われるでしょうが、そうではありません。なぜなら、大イベントはもうじき起きますから。私達はイベントを引き止めようとしてぐずぐずしているわけでも、どこかわからない場所に皆さんを引き留めたまま日ごとに曖昧になっていく何かを待たせ、何も実は起きない、というのではありません。いま数えきれないほどのことが進行中であり、皆さんももし座って皆さんの領域内を飛び回る蜂の群れと繋がりさえすれば、それを証言できるはずです。実際には、皆さんの領域、肉体の外でも飛び回っています。


皆さんの中に流れ込んでいる情報の活動レベルも情報量も、かなりピッチを上げています。皆さんというのは、日常の皆さんだけではなく全体としての皆さんのことです。ですから、実際には皆さんは最高速度でゴールに向かって走っています。その正反対のように感じるでしょうね、多くの人が虚空の中につり下げられ、浮かんだままのように感じていますから。皆さんはアクションを切望していますから、それはもっとも厳しい滞在場所と言えるでしょう。しかし皆さんに何が起きているかというと、それは文字通り皆さんの目の下で起きています。ただ、今の皆さんにはまだそれを検知することができません。だから皆さんは脱線させられ、どこか荒野の果てに放置されて誰からも忘れ去られ、誰の目にもとまらず、この色々と聞いてきたアクションから何か具体的な結果を必死で求めています。そこでいつもの通り、同じアドバイスをまた繰り返すことになるのですが、全ては順調であり皆さんはいるべき所にきちんといます。不気味なほどに静止したままだったり、繋がりも無ければ洞察力も働かないように今は感じるかもしれませんが、皆さんは放置されていませんし、とり残されてもいません。ただ、内側で進行していることを最優先させるために皆さんとの接続を断っているだけです。皆さんが生きている間、特別な状況におけるプロセスにおいて体内で大量なエネルギーが必要となると、身体は内部プロセスの一部のスィッチを切りますね。それと同じことです。


今も、それと同じ状態です。ですから、とり残されているように感じても悪意があってのことではありません。できるだけ早く皆さんの戦いの準備を整えるべく、全てを万全に勧めているのです。とはいっても、本当の戦いではありません。皆さんはとても複雑なプロセスを進んでいると言いたいまでです。このプロセスでは、皆さんを当分の間お待たせせねばなりません。皆さんの脳がコントロールできないパーツをアップグレードし、調整して皆さんの存在全体がその恩恵を受け取れるようにするためです。こう言うと皆さんはこのプロセスの第三者のように感じるかもしれませんが、いいですか、皆さんは確かに参加しています。皆さん自身でありながら、皆さんとはまだ繋がっていない部分がこれに100%参加しているのです。今はその部分の皆さんが高次の複雑な身体システムと協力し合って作業をしています。つまり、皆さんは皆さんがフル・パワーを得られるよう助けています。ただ皆さんの意識のうち人間の部分だけ、今は担当作業がありません。ただ、あるがままでいること、そして冷静でいること、現段階ではもう一人の、もっと進化した部分の自分がショーを演じているのでそれに任せることです。そして、間もなく皆さんはまったく新しい方法で「皆さん」を知ることになります。いまは少し仲間はずれに感じている、その人間の部分はやがて素晴らしい存在の他の全ての部分と幸せに融合を遂げ、本当の皆さんとなるのですから。それは完全となった皆さん。ついに完全なる再統合を現実のものとするために、皆さんの視界からは離れたところでかつてないほど懸命に働いてくれている皆さんです。

Channeller: Aisha North

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

アイシャ・ノース活路の見付け方384:ただあるがままで、そして冷静で、もう一人の自分の役目に任せて… 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる