旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 12/2:フルフォード情報―衰退する米連銀大株主たちの対日本金融攻撃が始まった

<<   作成日時 : 2013/12/08 19:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:ベンジャミン・フルフォード有料ブログ(Vol.249)さんより

◆ 衰退する米連銀大株主たちの対日本金融攻撃が始まった

≪2013/12/02 VOL249≫

先週から「バンク・オブ・ニューヨーク(Bank of New York)」と称する何者かが、日本の大手上場企業多数の株を 異様なほど大量に買い進めている。

その「バンク・オブ・ニューヨーク」とは、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーション(The Bank of New York Mellon Corporation)のことではないらしい。

アメリカ当局筋は、『この日本株大量買収劇の裏にいるのは、恐らくゴールドマン・サックスではないか』と話している。この事態は、おおかた米連銀を延命させるために その大株主らによって練られた工作だろう。

表面的にはアメリカ国内の状況は落ち着き、金融危機も沈静化したかのように見えるかもしれないが、実際のところは 相変わらず悪化の一途を辿っている。

そこで現在、米連銀の大株主たちは権力の延命を図るために、アメリカ国内においても預金金利のマイナスへの引き下げを検討している。

マイナス金利になれば、銀行に預ければ預ける程に口座のお金が目減りしていくことになる。そして最終的には、現金自体の使用を禁じて電子マネーのみの取引に制限し、全ての一般アメリカ市民の銀行口座から 毎月お金を盗み取るつもりでいる。

http://www.prisonplanet.com/the-money-changers-serenade-a-new-plot-hatches.html

ようするに、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
http://benjaminfulford.jp/




12/2:フルフォード情報―重大で微妙なギリギリの交渉が続いている
2013/12/05
画像
http://mizu888.at.webry.info/201312/article_17.html



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

12/2:フルフォード情報―衰退する米連銀大株主たちの対日本金融攻撃が始まった 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる