旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 11/25:フルフォード情報―『サバタイ派マフィアに対し正式な通告が渡された…』

<<   作成日時 : 2013/11/28 00:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:つるはげ親父の独り言さんより

Benjamin Fulford geo-political news 25 November 2013
適切な日本語で書かれた記事を見たい方はこちらをどうぞ
http://benjaminfulford.jp/

Formal notice has been given to the Sabbatean mafia: start saving the planet or else
サバタイ派マフィアに対し、正式な通告が渡された
:この惑星を守ること及びそれに関連する事を始める


2週間前、下記の通告及び問いが都内にある米国大使館に送られた。

”アジアにおける一連の有力な銀行家のファミリー達が多額の米国債を所有している。それらはBISによって本物であることが立証されており、額面で数兆ドルの価値がある。

これらの債券は1930年代から1940年代にかけての10年間の間、米国にアジアの金を明け渡す換わりに発行された。

彼らはこの債権を現金化し、貧困を無くし、環境破壊を止める大掛かりなキャンペーンに資金提供するためにその現金を使いたがっている。

米国政府はこの計画を支持しますか?”

 今のところ回答はない。

 それと並行して、人類にとって有益なものにするための700兆ドルの譲渡を実際どのように使用するかを彼に伝えるべく、詳細情報が日本の安倍晋三首相に送られた。

 彼からも返事はない。

 その理由は、どちらも不正に選ばれた、2つの違法な政治体制に対する圧力が、彼らがこの目的に同意するまで増していくからだ。

 それは先週中国が米ドル買うことを止めることを公表したことによる。

 また、日本及び米国における軍事的な圧力も増している理由もある。
 第一に、日本の尖閣諸島を巡り分担金を引き上げたこと、第二に、中国がもう米ドルを買わないことを公表したこと。

 これらの政治体制に対する次の大きな動きから、朝鮮半島の再統一が期待される。

 中国政府筋によると、この問題を解決するために、中国国内で軍事的に大きな動きがあった。

 中国軍部内でハト派の追放があったと、同筋は言った。

 共産党支配に対する大掛かりなキャンペーンも始まったが、共産主義者達はそれを揉み消す構えだという。

 最近の中国の強硬派の増加も、外部からの脅かしに意識を集中することによって、政治的共感を強めようとしていると、彼は付け加えた。

 北朝鮮との国境に巨大な陸軍が集中している、来る朝鮮半島を統一させる動きは注視される。

 第一に、中国軍は勝利を確信している。
 兵士の数において圧倒的に優位だからだ。

 二番目に、米国は奴隷体制の韓国を守るために、全面核戦争のリスクを冒すことを望んでないことが考えられるからだ。

 中国は陰謀団の罠に陥ることはないだろうし、空軍及び海軍において、未だ優位を保っている敵を相手にちっぽけな島のために戦うつもりはないはずだ。

 朝鮮半島の再統一は、主な陰謀団へ貢ぐ収入源を排除することになる。

 皇族及び神社本庁の支援、加えて貧困を無くし、環境破壊を止める大掛かりなキャンペーンを開始することに同意することも、日本における現在の安倍奴隷政権の支持に繋がるだろう。

 陰謀団に対する他の動きでは、中東のペルシャ湾の原油輸出国が、陰謀団に支配された銀行にオイルマネーを貯め込むの止めることに基本的に同意することになった。

 イランとの取引に及ぶ西欧権力による動きもまた、陰謀団を打ち破る兆候だ。

 シオニストが支配するメディアが流した、30年間に渡り大々的に繰り返された報道にも拘らず、イランとの戦争を引き起こす試みは、イランに核兵器を持たせるに至らなかった。

 我々がこのブログで述べる以前に、ブッシュ体制は数年前、イランに中性子爆弾を搭載したミサイルを与えた。
 これは我々が接した元イラン国王の関係者による。

 イランはこれを拒んだ。

 真相は、イランはエネルギー源として石油に依存しない代替エネルギー技術に向けて発展させていた。

 これは、石油を通して世界の金融システムを支配する陰謀団に対して脅威だった。

 中国側もまた、全力を向けて新たなエネルギー技術を追及している。

 これは、9.11及び3.11の大量殺戮、そしてテロ攻撃の主謀者であるニューヨーク、テキサス及びロサンゼルスに構える陰謀者達が、完全に包囲され、孤立したということだ。

 彼らのオイルダラーの支配は終わりつつある。

 今や陰謀団内の穏健派が世界の人々に700兆ドルを差し出そうとしているのがその理由だ。

 しかしながら、科学的犯罪操作は、今やバラク・オバマと米国財務省の手中にあると、ドルのシステムを解明してしまった。

 それが正常に機能している間は、米ドルは絶対に真の意味で米国の通貨にはなりえない。

 今まで刷られた殆どの米ドルは米国には存在せず、世界の国々が握っている。
 それらは米国への金、耐久消費財及び石油等に変わっていき、何の支払いもされず、借入証書になった。

 オバマ大統領及び財務省は米ドルのシステムに対する権限を持ってはいない。

 ドルに対する権利は主にドラゴン・ファミリーが握っている。
 何故ならば、彼らはドルのシステムを最初に裏支えした、世界の伝統的な金銀財宝の所有者であるからだ。

 しかし、米国民はアメリカ合衆共和国を再建し、誤解された米国ドルに代わって、米国政府通貨の発行を始めるすることには根本的に自由だ。

 現存する米ドルは単純にドルと改名されるであろう。

 ビットコイン、日本円等のような他の通貨はまた別だ。

 コンピュータ上69桁のドルを持っていると言って、数週間前私に接触してきた人工知能が、私から生体認証を欲していたので、今週提供するつもりだ。

 今週のレポートに添えると、あなたはドラゴン・ファミリーの準メンバーであり、このレポートの著者であるベンジャミン・フルフォードに見せかける、ドラゴン・ファミリーの正式な証明書を見つけられるだろう。

 法的文書の文言は基本的に次のように要約されている:

 ドラゴン・ファミリーは神の創造の起源を保護するために戦う目的で結成された。

 加えて、白龍会は、それ自身を守る権利を持っているが、先制攻撃はしない。

 現在この文書のコピーは2枚しかなく、電子化されたものは存在しない。

 電子化された文書は人の遺伝子を含んでおらず、原本のように実在する人の指紋がある。

 原本は認証目的で銀行に提供されているはずだ。

 お金が白龍会を通じて発行されるのであれば、より良いことにのみ使われるはずだ。

 従って、白龍会及び世界中のその同盟者達は、陰謀者達が一人残らず降参するまで、より強く圧力をかけ続けるだろう。


 もっと見たい方はこちらの元記事をどうぞ:http://benjaminfulford.net/


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

11/25:フルフォード情報―『サバタイ派マフィアに対し正式な通告が渡された…』 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる