旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS コブラ世界初独占ラジオインタビュー(1)2012年6月ラジオインタビュー和訳

<<   作成日時 : 2013/10/14 19:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:太陽の架け橋さんより

太陽の架け橋さんからのコメント
Portal 2012のブログ主コブラさんの、初めてのラジオインタビューです。
このインタビューは、昨年2012年の6月に行なわれたものです。

『地下抵抗運動コブラチームと過去のインタビュー』
http://solesoleil.exblog.jp/20826078/
こちらと合わせてご覧頂けると、状況がより分かるかと思います。

<お断り>
とても長い内容でしたので、ざっくり訳してあります。
複雑な表現であまり重要ではないとおもわれる部分を(略)としてカットしました。ご了承ください。
また、上から順に、最終稿4回までつづけてお読みになれます。


画像

コブラ世界初独占ラジオインタビュー(1)
2012年6月13日:
http://www.blogtalkradio.com/inlight_radio/2012/06/21/the-light-agenda
主催 スティーブン·クック

スティーブン・クック
わずか2ヶ月半という短い間に、コブラは、光ワーカーのコミュニティで、強力な、時には論争の元になる存在である:集合瞑想とビジュアル化を組織し、地下抵抗運動のメッセンジャーであり、様々な知識や情報を付与、舞台裏で活動。

数週間前、私はthe2012scenarioウェブサイトで、コブラの電子メールでのインタビューを行った。定期的にサイトを楽しむ人々が知っているように、コブラは彼または彼女の正体を明らかにしない。私たちをそれを尊重している。

コブラは、人間の体内に転生したプレアデス人である。コブラに近い人々がカバールに襲われたという理由で、彼または彼女自身のアイデンティティを保護する必要がある。抵抗運動を支援するために、35年前から活動を開始したマイケルという男性との長い付き合いなどが、コブラの記事にある。

コブラは、光のアジェンダの最初のエピソードを歓迎している


<インタビュー>

コブラ:インタビューに私を招待していただきありがとうございます

SC:今、最後の数日間で、おそらく私たちの何人かは混乱しています。私たちは、カバールが降伏の交渉を求めるため踏み出したと、聞いている。同時に平行して、私たちは市民として、 "我々"の意見を求める、様々なウェブサイト上での世論調査を持ちました。それで地球は、ドレイクなど地球連合軍、抵抗運動など、連盟を望んでいるということですが。

今私や、おそらくいくつかの他のリスナーが、少し混乱しているでしょう。あなたは私たちが今日立ち上がるように、物事が起っている場所に急遽、私たちを連れ出すでしょうか?

コブラ:実際物事は、まったく混乱されていません。これはカバールが実際に降伏を考慮した人類史上初めてなので、非常に単純に、この惑星の解放プロセスにおける大きな前進なのです。ですから大きな一歩です。それはこの地球上で平和のための最初の現実的な選択肢です。

つまり、実際に起こっているカバールの一部のセグメントは、実際に降伏を考慮しているのであり、彼らはその降伏の条件を知って欲しい。それは実際には非常にシンプルで非常に明確です。


SC:私は6月6日金星のトランジットの後、私はまだ少し困惑しています。カバールはその後降伏の申し出をしたとあります。それはどのよう起こったのか?

コブラ:実はヴィーナストランジットというのは、非常に強力な瞬間であり、それは5000年の後女神のエネルギーが、この惑星に戻ってきた瞬間です。

SC:うーん。

コブラ:あなたは本当の人間の歴史を知っていれば、この惑星に応じて、平和の長い期間があったことがわかります。新石器時代では戦争はありませんでした。そして今、最後に、このエネルギーが戻ってくるとき、エネルギーは皆、光のワーカーだけでなく、平均的な人間の集団と陰謀団に影響を与えます。だから...

SC:あなたと私のような人々。 [笑]

コブラ:みんな。みんな。だから何が起こったかということは、初めてカバールは、確実にその力を失っていると認識し始めていて、よい交渉だと思います。犯罪者のような彼らが巻き込まれ、逮捕が実現するとき、軽い判決を下される可能性があるため、降伏について考え始めたのです。金星のトランジットで起ったことです。

最後の数日間で起こっていことですが、交渉のプロセスは、私たちが本当に願っているものを見つけ出すのプロセスで、どのようにカバールがこれに応答するかです。


SC:オーケー...

コブラ:私は、彼らが降伏を受け入れると保証することはできませんが、それは非常に良いことでしょう

SC:どのように、最初に学んだか、どのように秘密結社が金星のトランジットの後、降伏を考えたか? そして、どのような処置が取られたか、陰謀団の人はその時、誰の前方に出て来るのでしょう?

コブラ:わかりました。だから、私は数ヶ月のこれらの交渉について聞きました。それは特定グループで行ってはいないと実際ドレイクのインタビューから聞いたのです。最初私は、非常に懐疑的だった。だから連絡先を確認することを決め、"本当に起こっている"と彼らは答えました。最初それを信じられず 、再度"本当に起こっているのですか?と聞き、彼らの返事は "はい"でした。

大量逮捕が予定された方法で起らないということに、満足しませんでしたが、それらは実際に何が起こっているか、確実なことを説明してくれました。彼らは私に情報と、いくつかの背景を与え、私は了解し、それらを私のウェブサイトに投稿しました。

今何が起こっているのか? それはほとんどの中央銀行と、降伏したいロスチャイルドとロックフェラー派閥内の特定のグループで、それはカバール全体ではありません。一派閥です。


SC:そうですか。

コブラ:彼らは特にキーナンと交渉してきました。ドレイクはキーナンとのコンタクトで、この交渉をしています

SC:...デイビッドWilcockは、最初、連邦準備制度理事会が12の連邦準備銀行はアメリカ、またヨーロッパ内の中央銀行のいくつかだけでなく、先取特権を務めてたと、言ったと思う。

コブラ:その通りです

SC:それで、あなたはこれを確認するためドレイクと接しているのですか? またはあなたにはその情報を提供し、独自の情報のソースを持っているのですか?

コブラ:私はドレイクと接触を持たないで独立してワークしています。私は自分のソースを持っており、これが本当に起っているのです

SC:オーケー。あなたはカバールが進み出たか知っていますか? 同様に、彼らは何を言ったのでしょう? (省略)ニール·キーナン直接連絡して、言いましたか?

コブラ:彼らはニール·キーナンに連絡し、ドレイクが電話を受けたと思う。そして、彼らはただ 怖がっていて、降伏したいのだと思います。彼らはまだそれについて考える必要があるため、これについて明確なニュースは当分ないでしょう

SC:オーケー。

コブラ:そして、レジスタンスの情報源に接っしたとき、特定の期限があり、放棄する必要があると述べました。これが 推奨日6月21日、夏至でした

SC:夏や冬至、私たちが住んでいる場所によって異なります。

コブラ:はい、そうでした

SC:それで、それが実際に起こるか、降伏に伴うかもしれないものなど、この時点で知っていますか?

コブラ:様々な条件があります。まだ確定されていませんが、抵抗運動の観点から、主要な条件の一つは、彼らがマスメディアに行き、公に降伏を発表し、説明する必要があることでしょう。彼らが誰であるか、どのようなことをしたか、などは最初の実践条件です

SC:はい?

コブラ:二番目の条件は、彼らが完全で、永遠に、己の権力から降りること。このことは私たちに最終的自由、地球上で、私たちの運命(未来)の創造開始への自由を与えることになります

SC:今の時点で、2つだけの条件ですか?

コブラ:これらは、抵抗運動で定められ、与えられた2つの主要な条件です。交渉グループによって定められていることは多々ありますが

SC:確かに。そしてあなたは誰を知っている...

コブラ:これは、この時点でかなり詳細なもので、私はすべての細部を持っていません。(省略)

SC:確かに。あなたは、交渉グループの人間を知っていますか? the2012scenarioでの電子メールインタビューを行ったとき、私に言ったことの一つは、過去にあなたがカバールの特定のメンバーの引き渡しの交渉に関与されていたことでしたね?

コブラ:はい、私は多くイエズス会の派閥と、他のいくつかのアルコンタイプのエンティティの降伏の交渉に関与していました

SC:了解しました。

コブラ:だから私はこのグループには接触しません。直接にはできません

SC:はい、しかし、あなたは彼らの交渉プロセスを支援する陰謀団のメンバーが誰か言うことができますね。 私たちのうち、彼らが誰であるか知っていますか?

コブラ:私は任意の名前を与えることを許されません。彼らのために、何人かは名前を知りませんでしたし、知っている人もいます。しかし、私はそれについて話すことができません

SC:オーケー。もしあなたが交渉をしていたのであれば、文字通りあなたは中心の人ですが、(略)つまり、実際に交渉と同じに、何が起こるか...

コブラ:それは実際に反逆している誰かとの交渉ですし、、これは知っている必要があります、 、 どのようにそれらに対処するのか、、ということを知る必要があります。押し出す場所でどのように行うのか? どこに戻るか? 彼らは前進するためにどこに、どう反応するか? あなたは彼らの心理、思考方法を理解する必要があります。あなたが知っているこの人々は狂った人々です。あなたが思っているような人間ではない。彼らは通常の人間のように考えていません。だから、彼らがどうのように反応し、彼らの弱点は何かを理解する必要があります

略)
コブラ:...ここでの主な要因の一つは、ちょうど彼らの弱点が何であるかに焦点を当てています。これは、主なものの一つです


SC:なるほど。しかし、あなたが実際にその交渉をやっているとき、明らかにそれはある程度までは、心理戦ゲームなのですか?

コブラ:はい

SC:それで、あなたは過去に訓練を受けていますが、どんな教育ですか?(略)

コブラ:何年も何年も前に、レジスタンスからいくつかの連絡先をもらい、これらの課題を与えられました。私はいくつかのところに行きました。 正式なトレーニングはありませんでしたが、訓練のいくつかのはありました

SC: そうですか。放棄や降伏しない場合、カバールは、、、私たちは大量逮捕が起る事を期待していました。私たちすべては、それを待って、待って、待っていた時期がありました。 4月が過ぎ、人々は「ああ、多分それは5月かも」、5月が来て、過ぎ去りました。その後、私たちはそれが日食の時に起こることを願っていましたし、6月6日金星通過の頃起こるかと期待していました。なぜ遅れが続くのでしょうか?

コブラ:誰もがすべてを知らないせいです。これは戦争のようですが、すべて計画通りには行きません。私に実際、2012年4月の日付は10年前に与えられたのです。そして私は、4月に起こるのを期待していました。 4月が去ったとき、発生しないことが分かり、関与している要因の多くの理由を説明されました。いつ、どのようにこの現象が発生しようとしているのか、実際には誰も知りません。保証を与えられた唯一の事は、1つのそれ、あるいは別のことが起こるというものです。この惑星は解放されます

今では、惑星が解放されようとしている時ですので、レジスタンスがコブラblogsiteを出すよう依頼したとき、彼らによるこの目的は、一般住民に知らせることでした。

これが保証されていない場合、私はウェブサイトを設置しませんでした。


SC: ところが、しかし、大量逮捕自体の面で、時間があること、あなたが言ったように - 私は時間枠が変更されたと仮定します。何が実際にその時間枠に影響を与えるのですか? 何がそれを減速させるのか? シフト作りを続け、舞台裏で何が起きているか、伝えることができますか?

コブラ:ここでは、初めて、一般大衆の反応、肯定的な光の力が問題になります。実際にこのようなものが起こるとき、大衆がどう反応するのか、誰も知り得ません

いくつかの発端があり、そこで作られたモデル、コンピュータシミュレーションがありますが、今までこれに似たことはこの地球上で起こっていないので、誰も本当に分からないのです。大衆が非常に深く洗脳されているため、本当に解放するのが難しいです。これがここでの主な要因です。一般大衆の大部分は、計画に協力しない場合があるので、これがここでの重要なな要因の一つなのです

つづく



【関連記事】

コブラ・・・2013年10月12日 「2013年の機会の窓」
2013/10/13
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_68.html


コブラ・・・2013年10月7日 イベント前の進展
2013/10/08
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_43.html


【再掲】アルコンについて〜地球上に転生している人間に対するプログラム解説〜コブラ/2012-6-18
2013/10/05
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_35.html


地球と万物万象の奴隷解放に向けて“コブラ地下組織”が動いています。 コブラとは・・・?
2013/10/05
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_33.html


コブラ13/9/29:惑星の状況についてのニュース:新金融システム
2013/10/01
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_3.html


コブラ8/27:平和のポータル活性化報告・・・9月は非常に面白い月になるでしょう
2013/08/28
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_111.html


コブラ8/16:エジプトとこの惑星一般の状況についての短信(9月の偽旗作戦と8/25のポータル)
2013/08/17
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_75.html


コブラ・・・2013年8月11日 新しい機会の窓
2013/08/12
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_49.html


コブラ最新情報:2013/08/09 イベントの後で金融に生じること
2013/08/10
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_42.html


「この情報を広めてください/変化に備えよ」 コブラ愛と光の時代へのニュース2013/07/14
2013/07/15
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_42.html


『エジプトにおける光の勝利』 これはイベントの為の大きいリハーサルでした…コブラ 2013/7/5
2013/07/08
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_22.html


コブラ5/30:アーヴィン/ラグーン会議の報告とイベントのために新設されたウェブサイトの告知
2013/06/02
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_8.html


ポータル開放報告・・・コブラ/2013年5月28日
2013/05/29
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_131.html


『これからのこと』 光を輝かせよう・・・レディーナダ(2013/5/24)
2013/05/26 09:27
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_116.html


5月25日にポータルが開いてもまだイベントは起きない。
これらは必要な前段階である。(コブラ5/22)
05/23
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_108.html


【ポータルの開口】―「5/25世界同時視覚化瞑想」
日本時間は5/26 AM4:12 コブラ5/14
2013/05/15
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_61.html


コブラ・・・”イベント” 2013年5月10日 抄訳
2013/05/12
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_45.html


秘密の宇宙プログラム、その“隠された目的”−コブラ(2013/04/24)
http://mizu888.at.webry.info/201304/article_95.html


イベントに必要な条件が満たされるまで、地道な多くの仕事が必要です−コブラ(2013/04/22)
2013/04/25
http://mizu888.at.webry.info/201304/article_89.html


インプラント半球と銀河中心太陽の活動―コブラ(2013/03/10)
2013/03/15
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_40.html


舞台裏の進展−コブラ・最新情報(2013/02/24)
2013/02/26
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_66.html


【まだアルコンは残存している】―短い状況報告コブラ(2013/01/22)
2013/01/23
http://mizu888.at.webry.info/201301/article_51.html


イベントの遅れの主な要因:『エーテルのアルコングリッド』−コブラ(2013/1/3)
2013/01/06
http://mizu888.at.webry.info/201301/article_13.html


ギザのピラミッド群で何が起きていたのだろうか
−12/21:コンタクトの日に関する報告 by Cobr
http://mizu888.at.webry.info/201212/article_80.html




画像
Prepare for Change
http://prepareforchange.net/

画像
Portal 2012
http://2012portal.blogspot.jp/







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コブラ世界初独占ラジオインタビュー(1)2012年6月ラジオインタビュー和訳 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる