旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 10/26:アイシャ・ノース活路の見付け方パート365  警告「不足の事態を予測してください」

<<   作成日時 : 2013/10/28 11:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

転載元:Japanese - The Manuscript of Survival さんより

アイシャ・ノース 2013年10月26日
活路の見付け方 パート365

The manuscript of survival – part 365
http://aishanorth.wordpress.com/2013/10/26/the-manuscript-of-survival-part-365/

もうお気づきでしょうが、事態は確かに加速しています。これからの数日間〜数週間は皆さん全ての人にとって多事多端な時期となるでしょう。一連のイベントが起きることを皆さんは予期するでしょうが、この計画は細心の注意をもって計画されていることをお忘れなく。皆さんには何らかの予備知識があるかもしれませんが、全てに渡る詳細を知っているわけではありません。人間のマインドでは、この壮大なる計画の詳細まで全てを頭に描くことなど不可能です。皆さんはこの計画のためによく育てられてきましたが、まだまだ皆さんに知らされていないことはたくさんあります。そこで警告しておきますが、不測の事態を予測してください。これから皆さんは、まさか目にすることになるとは思いもしなかったものを目撃することになります。ですから予測するにあたっては事前知識を風に吹き飛ばし、白紙状態からやり直してください。

物事が動き始め、多くの人が唖然とすることでしょう。いつも通り、今回も、表面上に見えていることよりももっと大きな動きが表面下で進行しています。覚えていますか、皆さんには新しいものの「見方」が装備されています。ですから、皆さんは来たるイベントを隣に住んでいる人達とは全く違う見方で捉えることでしょう。もう一度言いますが、全く予想できないことを予測してください。人間の知覚領域を超えて感じとるのですから、ずいぶん圧倒されるであろうことも予測しておいてください。皆さんの目の前で起こることとは全く違うものが見えてくるはずです。見たままの姿の向こうにあるものを見ていただきたいので、今これをお伝えしています。皆さんの目前に広がっている幻想のベールの向こうに潜んでいる現実を把握してください。今や、皆さんにはこの幻想の向こうを見る能力があります。能力とは、物事の表面を覆っている幻想の遥か奥深くに流れているものと繋がる力のことです。私達はいつものように複雑な言葉で話していますね。しかし、そろそろ言葉やイメージを見た目通りに捉えるのをやめ、その向こうにあるものを把握することが絶対に不可欠となってきているのです。そしてその向こうにある巨大なる情報の源を利用することが重要です。そこにこそ真実があります。皆さん自身で是非ともこの真実を「見て」いただきたく、大歓迎いたします。皆さん全員がそうする必要が生じています。そうしなければ、古い幻想が皆さんを巻き込んで皆さんは立ち往生するかもしれません。古い幻想は皆さんの意志を深いレベルの現実の層から逸らそうとして策略を企て、大騒ぎを起こして深部が見えなくなるよう古い幻想をまた持ち出すことでしょう。

覚えていますか、覚醒のカーテンを開かせるような情報が視界に表れた時は、視線をよそに外すようにと皆さんは教えられてきました。しかしこれから、この真実に向かってハートを完全に開いた人々は、真実のありのままの姿を、そのわずかなる兆しをついに見ることができます。もう、正気ではないだとか、願わくば、という考えだとか、思いこみだと言って見過ごされることはありません。皆さんがこれから利用できるようになる源の断片が、初めて人類に向かって話をするのですから、皆さんはオープンになって、これから開こうとしている真新しい情報チャンネルにチューニングを合わせることを是非ともお勧めします。そして皆さんに向かって開かれる新しい「放送」から何をピックアップできるか、皆さんが先駆者となって是非とも報告していただきたいのです。思い出してください、皆さんはこの全く新しいレベルの振動情報にチューニングできるばかりか、そこから何をピックアップしているか伝えるように指示が出ています。送られてくる情報の規模は壮大ですから、勇敢なハートの持ち主が一人ではとても受け入れきれません。これは大規模な集合体のための、全ての意図と目的をもったプロセスであることがおわかりになるでしょう。今回は皆さんは参加するだけではなく、このコーラスに皆さんの声を加え、世界中に大きく鮮明に歌を響かせていただきたいのです。

皆さんには聞こえ、見え、感じられるはずです。ですから、静かに抑えないで、この「秘密」が少なくとも誰かに伝わるよう最善を尽くしてください。もう、これは秘密ではありません。誰もが知る事実となるべきなのです。ですから皆さんはまず、このプロセスでの自分の役割は何であるべきか、といった抑制の思考を手放さねばなりません。皆さんは「観察する」ためにここにいて、それを通して皆さんは「創造」します。ただし、皆さんには観察したものを「伝える」ためにもここにいるのです。「人間の感覚」、またはもっと広範囲に渡る感覚、どちらを使ってもいいのです。そこでもう一度繰り返しますが、今後は昼でも夜でも姿勢を正して座り、皆さんの領域に影響を与えてくるものに気づきを向けてください。そして、どんな些細なことでも重要であることをわかっていてください。注意を払い、気をつけていてください。そして皆さんに「見える」ものは必ず報告するようにしてください。そしていいですか、この情報の交換(報告)はあらゆる形で行うことができますから、説教師さながら街頭の台の上に立って大声で発表はしないでください。もう秘密ではなくなったこれらの「秘密」を打ち明ける方法は皆さんそれぞれに見えてくることでしょう。

これから、秘密が公のものとなります。そして、再び秘密として隠されることも決してありません。古い幻想は裂け目から破れようとしています。皆さんが目撃者、観察者になりたい、という意欲を持つことで、この全てが起きているのです。皆さんが変化を「見始め」れば、全てのプロセスは加速します。ですから、皆さんが生じさせているというわけです。もう一度、全ての創造物を代表して:皆さんが皆さんでいることに、そして皆さんの全ての行いに、ありがとうございます。皆さんなくして、変化は起きなかったのです。少なくとも、良くはなっていなかったでしょう。皆さんがいることで、全てが変わりました。確実なのは、今回、光が皆さんの道を照らし、この小さく狭苦しい暗い箱、皆さんにとって唯一の居場所だった所から皆さんは出てゆくことになるでしょう。もうそれはそんな箱ではありません。蓋だけではなく、全ての壁は取り払われ、跡形もなくなるのです。親愛なる皆さん、外へ出て輝くのです。そしてこれらの変化を「見始めて」ください。見れば見るほど、何かが見つかります。それを通して更なる変化が加速され、生まれてゆくことでしょう。

翻訳:Rieko

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

10/26:アイシャ・ノース活路の見付け方パート365  警告「不足の事態を予測してください」 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる