旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS モンサント保護法の破棄が米国上院で可決―米国を含め、全世界で反発が強まる遺伝子組み換え

<<   作成日時 : 2013/09/29 19:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

転載元:真実を探すブログさんより

【朗報】モンサント保護法の破棄が米国上院で決定!米国を含め、全世界で反発が強まる遺伝子組み換え!

画像

朗報です。遺伝子組み換え企業保護付帯条項を削除する法案が米国上院で審議されていたのですが、これが先日に米国議会で可決されました。
GM企業保護付帯条項が付いている法案の正式名称は「包括予算割当法案」で、第735条に「健康を害する懸念がある遺伝子組み換え作物の種子でも、法的に差し止めることができない」と書かれていることから、モンサント保護法と言われています。

ロシアでは遺伝子組み換え食品の全面禁止を検討していますし、EUや南米などでも同様の動きが出ており、遺伝子組み換えへの反発は世界規模に拡大中です。
ただし、日本は例外で、遺伝子組み換えの輸入緩和を考えています(苦笑)。

当初、アメリカの議会はモンサントを支援する動きを見せていたようなのですが、米国民の反発が予想以上に強烈だったことから、オバマ大統領が署名をしたモンサント保護法を破棄する方向に話が進み、今月に達成することが出来ました。

海外の報道によると、「9月30日頃を目処にモンサント保護法は完全撤廃されるだろう」とのことで、今月中には米国からモンサント保護法が消滅する方針のようです。
もっとも、小国でクーデター騒ぎを引き起こすほどの権力を持っているモンサント社が、このまま黙っているとも思えませんが・・・。


☆The People Triumph Over Biotech: Monsanto Protection Act Defeated in Senate
URL http://www.theorganicprepper.ca/the-people-triumph-over-biotech-monsanto-protection-act-defeated-in-senate-09252013
引用:
Finally, it seems like we have the attention of some of the members of Congress. As the result of an enormous outcry, the Senate voted down the rider that was recently approved by the House of Representatives. The rider would have continued Big Biotech’s immunity against prosecution resulting from their toxic farming practices and questionable crops.

As of September 30th, the so-called Monsanto Protection Act will be dead. This is a major victory for anti-GMO activists as it is the first time that Congress has decided in favor of the constituents as opposed to companies like Monsanto, Sygenta, Bayer, and Dow.


“That provision will be gone,” said Sen. Mark Pryor (D-Ark.), confirming the change to POLITICO. The Center for Food Safety, a Washington-based non-profit, welcomed the decision as “a major victory for the food movement” and “sea change in a political climate that all too often allows corporate earmarks to slide through must-pass legislation.”

“Short-term appropriations bills are not an excuse for Congress to grandfather in bad policy,” said Colin O’Neil, director of government affairs for the Center. (source)

The Monsanto Protection Act was passed last spring as a rider sneakily put into place by Senator Roy Blunt of Missouri (Monsanto’s home base, incidentally.) It was passed by both the House and the Senate (see who voted for it HERE) , and then signed into law in a final act of betrayal by President Barack Obama, despite public outcry that the rider made the biotech industry untouchable and not subject to legal action regardless of the damage caused.
:引用終了




【再掲】
GMOの人口削減計画=研究では遺伝子組換え食品(GMO)が癌腫瘍の原因である事が明らかになる
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_1.html

ラウンドアップ遺伝子組換え癌腫瘍実験での発見を専門家が討論


http://youtu.be/4XPP6iy13as


概要 ブログ「光と輝き」さんより引用

(日本語字幕:Jessica0701様)
=====================
「2012年9月19日水曜日、ニューヨークの食品と化学毒素ジャーナルにて」
「史上初の長期間における給餌試験の内容審査での発見が公表されました。」
「GMトウモロコシ(NK603)を長期間消費する健康への影響を調査しました。」

------------------------------
●パトリック・ホールドレン
「これは長期間における動物給餌実験でGMトウモロコシの給餌、上惣菜ラウンドアップもしくは両方の組み合わせの影響を調査した初めての実験なのです。」
「そして、結果は極めて深刻なものでした。」
「、、、腫瘍を含む肝臓と腎臓障害があり、、、そして更に心配な事にメスのラットでは、、、」

■Dr.マイケル・アントニオウ
「以前の研究全てから離れてこの研究を設定するものは初期の世代です。」
「700日間、ラット全体の寿命に目を通した最初のものです。」
「以前に調査したものはどれも90日間だったのです。」
「、、、ラットに時間をかけて蓄積された重篤な、、、」
「という事は、以前の研究は全てたったの90日迄であり、ただその影響を完全に見失ってしまっていたのです。」
------------------------------
◆ナレーション
「GMトウモロコシは広くアメリカで栽培されています。」
「年間数百万トンがこの国に輸入され、豚、鶏、乳牛に与えられているのです。」
「ですから私達は動物達という過程を通してGMトウモロコシを食べているのです。」
------------------------------
●パトリック・ホールドレン
「ラウンドアップの場合は、世界で最も人気のある除草剤であり、人々の庭に使うようTVで宣伝され、この国で栽培されている作物に莫大なスケールで使用されています。、、、」


(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と、新ブログ『光と輝き』からの関連記事)
-------------------------------------
『百十六: 遺伝子組み換え食品について_No.16』
●研究では遺伝子組換え食品が癌腫瘍の原因である事が明らかになる
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no16-7a84.html

『百十一: 遺伝子組み換え食品について_No.15』
●ジェフリー・スミス GMO、2012年1月更新情報
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-c74e.html

『八十三: TPPについて_No.2』
●TPP交渉参加を前に農業団体などが全国各地で一斉に、、、
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/tpp_no2-5ea2.html

『六十八: 遺伝子組み換え食品について_No.14』
●インドでの遺伝子組換えによる荒廃
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no14-f6d8.html

『六十二: News_No.235』
●“モンサント保護計画”: ヨーロッパでのモンサントGMOごまかし作戦
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/gmo-bdda.html
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no235-9651.html

『五十: News_No.233』
●遺伝子組み換え原料を使った日本の商品
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886419.html
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no233-11a0.html

『三十三: 日本の海外農業政策について_No.2』
●TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-208c.html

『二十六: 日本の海外農業政策について』
●TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-9e9e.html

『十八:遺伝子組み換え食品について_No.13』
●モンサント反対は 地球と人類の多様性の自由への呼びかけ #TPP #MAM ヴァンダナ シヴァ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no13-8e5f.html

『八:遺伝子組換え食品について_No.12』
●未認可の遺伝子組み換え小麦、米で見つかる、
●米国で未承認の遺伝子組み換え小麦、、、、
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-ed97.html

『三:遺伝子組換え食品について_No.11』
●モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊 船瀬俊介
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no11-3399.html

『三千三百二十九:遺伝子組み換え食品について_No.10』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no10-8a98.html
●はあ〜っ、モンサント社製の胡瓜を食べたら。。。股間の毛がみな抜けました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51884839.html

『三千三百二十四:News_No.217』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no217-3ff6.html
●TPP参加しても食の安全性は下がらない? その理由〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130528-00000002-sasahi-soci

『三千三百二十二: TPPについて』
●「テキサスでのTPP反対集会」
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/tpp-3f78.html

『三千三百十八: 遺伝子組み換え食品について_No.9』
●モンサントに反対する行進〜世界的草の根運動
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no9-4f17.html

『三千三百二:遺伝子組み換え食品について_No.8』
●モンサント 遺伝子組換食物「ネズミに腫瘍」報告 仏政府検証へ #TPP
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no8-5aeb.html

『三千二百八十八:遺伝子組み換え食品について_No.7』
●食物システムの問題 11歳の少年による講演 遺伝子組換 モンサント
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no7-f597.html

『三千二百七十六:遺伝子組み換え食品について_No.6』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威C
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no6-f6ec.html

『三千二百五十五:遺伝子組み換え食品について_No.5』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 B
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no5-4069.html

『三千二百三十一:遺伝子組み換え食品について_No.4』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 A
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no4-f62b.html

『三千二百一:遺伝子組み換え食品について_No.3』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 @
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no3-cce1.html

『三千百九十四:遺伝子組み換え食品について_No.2』
●『遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no2-1dd5.html

『三千百五十四:遺伝子組み換え食品について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/04/post-f32e.html

『三千三百三十: ワクチンについて』
●ワクチンについての衝撃的な証言
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-c2fc.html

『二千九百六十七:UCCについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/02/post-b323.html

『四:私の見かけたビデオについて_No.2』
●主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-dbb9.html




画像
モンサント公式からニューリーフホテト
訳文: http://mizu888.at.webry.info/201211/article_27.html

テーマ「遺伝子組み換え」の過去記事
http://mizu888.at.webry.info/theme/62507af734.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

モンサント保護法の破棄が米国上院で可決―米国を含め、全世界で反発が強まる遺伝子組み換え 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる