旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS ベンジャミン・フルフォード情報(2013/06/11)

<<   作成日時 : 2013/06/11 23:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像










ベンジャミン・フルフォード情報
06/11/2013

これは本物のイルミナティのホームページ
This is a link to the facebook page of Alexander Romanov, an Illuminati grandmaster.
https://www.facebook.com/pages/Alexander-Romanov/312255905476842


ベンジャミン・フルフォード有料メルマガ(Vol.226)

◆ アベノミクス、米中蜜月に焦るサバタイ派と米マスコミ

≪2013/06/10 VOL226≫
以前に、このメールマガジンの記事でも紹介し、提案していた世界ジュビリーの実施が実現可能となる機運が高まってきている。( ※ ジュビリー:旧約聖書レビ記第25章に記されている、負債の帳消しや一部の財産・不動産の再分配などを一定の周期で行い、不平等を是正する行事のこと)

先週、外国人特派員協会で記者会見を行った世界的に有名な経済学者、ジェフリー・サックス氏も、その一部を実践しようとしているアベノミクスを評価し、『GDP比200%とも言われる日本の政府債務も、日本銀行が貨幣を製造して帳消しにすることが出来る』との見解を公にした。

つまり、これは陰謀論などではなく、名立たる経済学者が認める程の、非常に現実的な話なのである。日本が国家借金を帳簿から削す取り組みを始めたことは、日本が世界に発信する戦後最大の経済ニュースである。

さらに先日、安倍総理は横浜で開催されたアフリカ開発会議(TICAD)に際し、アフリカに対する具体的なプロジェクトを提示した上で、今後5年間で最大3兆2000億円の支援を表明している。

まだまだ始まりに過ぎないが、これまで軍産複合体に貢がされてきた自国の外貨を、日本政府はようやく世界の平和的発展のために使い始めたのである。

しかしながらサバタイ派マフィアらが管理する欧米企業マスコミの日本特派員たちは、これらについての話題を報道していない(もしくは、報道させてもらえない、と言うべきか)。

なぜなら、世界の各国政府でアベノミクスが広く導入されることになれば、国際社会におけるサバタイ派の借金奴隷制度が崩壊するからだ。

これに対するサバタイ派マフィアらの抵抗は必至と思われ、これから暫くは金融戦争もエスカレートする見込みである。それに伴い、株や国債、外貨・・・・

https://foomii.com/reader/check/00006



まだ日本は独立していない。
それを知らない限りこの国は良くならない
・・・ベンジャミン・フルフォード氏
2013/06/04
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_16.html



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ベンジャミン・フルフォード情報(2013/06/11) 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる