旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本政府はいつまで新テクノロジーの公開を抑え続けるのか?

<<   作成日時 : 2013/02/11 19:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ふるやの森さんより転載


ビデオ:ケッシュ財団 日本政府には #放射能 対応技術供与済 連絡待ち #原発 #福島


Kesh財団は2012年11月2日に核汚染を除去する「重力場宇宙技術」を大使を通して日本政府に手渡したと報告している。

・・・・・・・・・・

Keshe財団は光栄をもってこの発表をします、2012年11月2日に天皇皇室国家の日本がKeshe財団より宇宙船USBスティックを受け取った最近の国です。

SSPプログラムのギフトを日本大使に2012年11月2日13:30に手渡しました。

この日より日本国は環境や周囲の地域に漏洩した放射能を包み込む重力場宇宙技術を使って福島の核汚染を除去し人々を助けることができます。

日本政府へ技術移転するという事はその国が新しいエネルギー供給システムを自ら開発する事を認めています。

それはこの国はここ数年という事態でエネルギー輸入から自己充足する国家へと自立させます。

全ての国に渡すSSP USBスティックの中身は完全に同じであり、同じマスターファイルからコピーされています。それゆえに全ての国はKeshe財団より宇宙リアクター技術の同じ特許並びに設計図を受け取ります。

私達は日本国家がSSB USBスティックを受け取ったことを祝福します。

私たちはこの国の核の問題の現状を助けるため一刻でも早くこの技術を実現化し達成するよう日本政府に我々の技術的フルサポートを提供します。

日本政府への技術移転はKeshe財団より勤勉国家日本へのフリー贈り物として無償にて行われます。

私達は日本国がSSPプログラムの一員になることを歓迎します。

M T Keshe

【転載】11月2日にKeshe財団よりフリーエネルギー技術が日本政府に手渡されたようです

・・・・・・・・・・

Kesh財団の提供する技術は、核汚染除去にとどまるものではなく、フリーエネルギー・宇宙旅行・新医療など人類の直面するあらゆる問題の解決に貢献するものであることを以下の動画が紹介している。






ケッシュ財団 紹介ビデオ (日本語字幕版)YouTube−内容
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_25.html



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日本政府はいつまで新テクノロジーの公開を抑え続けるのか?  旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる