旧・ほんとうがいちばん

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年は全ての周期が収束する年

<<   作成日時 : 2012/11/27 11:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像














アルクトゥルスの「ファイナルミッションシリーズ」より抜粋して引用
(元記事は既に消去済みです)


ホゼ・アグエイアスの語る2012年について

2012年12月21日は、マヤの)長期計算法で再び 130000 になり、ひとつの周期が完了します。

バクトゥンという周期が13回でひとつの周期です。

紀元前3113年から西暦2012年までで13バクトゥンになります。


バクトゥンはきっかり 144,000日の周期であり、144,000日を13回重ねてこの周期は完了します。

私たちが歴史の周期あるいは文明の周期と呼ぶものです。

この(進行中の)周期は、地球の歴史においても、太陽系の進化の歴史においても、銀河の歴史においてさえ、非常に興味深い周期です。

2012年12月21日は、通常 大プラトン年と呼ばれる、バクトゥンよりも長い 26,000年周期 の終焉のときでもあります。これは長期周期 です。

2012年12月21日には、さらに長い 104,000年 の 大周期も終焉を迎えます。

こうした周期全てが2012年時点で終る、言い替えると、収束するのです。

これがホゼのマヤ暦に基づいた2012年12月21日の意味合いで、地球と太陽とプレアデスのめぐりのサイクルの26000年周期と104000年のさらに長い周期に関する簡単な内容です。



しかしながらさらにプレアデスの情報によれば、太陽が銀河の中心を完全に一周する約2億3000万年周期の終わりであり、さらに天の川銀河が、「大いなるセントラルサン」を一巡りする無限のような軌道周期の最終局面に当たっています。

これだけの周期が一致する2012年は、過去に行なわれた「アセンション」とは意味合いが、全然別次元になるのです。 今回のアセンションは、銀河の仲間たちにとっても「未知の領域」なのです。理由は、銀河にとっての様々なサイクルが一致する経験のないシチュエーションだからです。



このアセンションの先にある銀河は、プレアデス.アンドロメダ、アルクトゥルス、シリウス、オリオンにとっても、経験のない未知の銀河です。13次元の現在の宇宙が21次元までディメンションジャンプをするのです。この「宇宙創造神」のシナリオの内容は、はるか高い次元の大神レベルでなければ分かりません。

ランキングにたむろする「低層4次元の本当は神でない霊集団」には、全然理解どころか、その片鱗すらもわかっていません。そんな枝葉のような「神もどき」に使われていると、どんどん小野が次元を下げていくようになるでしょう。最高級神界よりの通信により、ひとつわかることは、今回の「アセンション」において、アセンション出来なかった魂は、従来のように、地球でやり直したりはもう二度とできません。



今回アセンションできなかった魂は、暗黒の虚無のスマルへ落ち込みデリートされる魂と、銀河のどこかの地球タイプの惑星で、前述の気の遠くなるようなサイクルを一からやり直す魂に仕分けされます。そして現在もう仕分けは終了しています。

我々は、地球次元で、そして今の感覚で「アセンション」を捉えていますが、太陽系、銀河系での歴史を辿れば、無数の失敗を繰り返してきています。

そして今回は銀河自体のステップアップの時期であり、古い銀河の3次元の場はもう必要とされないのです。

前述の3次元からやり直しの地球型惑星は、21次元にアセンションする 宇宙とは別の並行宇宙の星であり、二度と交わることのない世界への移行ということです。

神々が最終局面をぎりぎりまで、引き伸ばし、少しでも多くの 魂を救おうと、八面六臂のご活躍をされている理由がそこにあります。

従来のアセンションのときは、ここまで神々は必死に活動されず、銀河連盟及び宇宙連合の行動に任せておられました。 しかし今回は「神々」が直にご活動なされています。 この違いを認識しなければなりません。



アルクトゥルスの「ファイナルミッションシリーズ」
http://ameblo.jp/arcturusprobe2013go/entry-11129029803.html


-------------




デイビッド・アイク〜『真実のヴァイブレーション』



デイビッド・アイク:「地球の鼓動と磁場」



麻ではじめる自然生活(11)麻で結ばれるASIAの未来






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

2012年は全ての周期が収束する年 旧・ほんとうがいちばん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる